文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

日記帳:江戸川 乱歩(31-70)/169

恋人から送られたものでなくて、たれがこんなに大事そうに手文庫の底へひめてなぞ置きましょう。

Instead of being sent from a lover, let's put the babble in the bottom of the handbook so that the sauce is so important.

 私は、にわかに胸騒ぎを覚ながら、その十一枚の絵葉書を、次から次へと調べて行きました。

I woke up in a hurry and went on to look at the eleven postcards one after another.

ある感動の為に葉書を持った私の手は、不自然にふるえてさえいました。

My hand holding a postcard for an impression was even unnatural.

 だが、どうしたことでしょう。

But what happened?

それ等の葉書には、どの文面からも、あるいはまたその文面のどの行間からさえも、恋文らしい感じはいささかも発見することが出来ないのです。

In those postcards, it is not possible to find out what it feels like a love letter, even from any text or even between any lines of the text.

 それでは、弟は、彼の臆病な気質から、心の中を打開けることさえようしないで、ただ恋しい人から送られた、何の意味もないこの数通の絵葉書を、お守りかなんぞの様に大切に保存して、可哀相にそれをせめてもの心やりにしていたのでしょうか。

Then, my brother, from his timid temperament, doesn't even try to break through my heart, like a few talismans of those few postcards that just sent from a loved one. Was it important to save it carefully and to give it to the obscene phase?

そして、とうとう、報いられぬ思いを抱いたままこの世を去ってしまったのでしょうか。

And, at last, did you leave this world with unrequited feelings?

 私は雪枝さんからの絵葉書を前にして、それからそれへと、様々の思いにふけるのでした。

I was in front of a postcard from Mr. Yukie, and then I was indulged in various thoughts.

しかし、これはどういう訳なのでしょう。

But what does this mean?

やがて私は、その事に気づきました。

Eventually I noticed that.

弟の日記には雪枝さんからの受信は十回きりしか記されていないのに(それはさっき数えて見て覚ていました)今ここには十一通の絵葉書があるではありませんか。

Although my brother's diary only describes the reception from Mr. Yukie only ten times (it was just counting and waking up), there may be eleven picture postcards right now.

最後のは五月二十五日の日附になっています。

The last date is May 25th.

確その日の日記には、受信欄に雪枝さんの名前はなかった様です。

It seems that there was no Yukie's name in the reception column in the diary of that day.

そこで、私は再び日記帳をとり上げて、その五月二十五日の所を開いて見ないではいられませんでした。

Therefore, I could not but take up the diary again and open the place of the 25th of May.

 すると、私は大変な見落しをしていたことに気附ました。

Then I realized that I had a big oversight.

如何にもその日の受信欄は空白のまま残されていましたけれど、本文の中に、次の様な文句が書いてあったではありませんか。

The reception field of that day was left blank, but the following complaints were written in the text.

「最後の通信に対してYより絵葉書来る。

"A postcard comes from Y for the last communication.

失望。

Disappointing.

おれはあんまり臆病すぎた。

I was too timid.

今になってはもう取返しがつかぬ。

I can't get it back now.

ああ」

Oh"

 Yというのは雪枝さんのイニシアルに相違ありません。

Y must be Yukie-san's initial.

外に同じ頭字の知り人はないはずです。

There should be no acquaintance with the same acronym outside.

しかし、この文句は一体何を意味するのでしょう。

But what exactly does this phrase mean?

日記によれば、彼は雪枝さんの処へ葉書を書いているばかりです。

According to the diary, he is just writing a postcard to Mr. Yukie.

まさか葉書に恋文を認めるはずもありません。

There is no way to admit love to a postcard.

では、この日記には記してない、封書を(それがいわゆる最後の通信かも知れません)送ったことでもあるのでしょうか。

So, is it not something I wrote in this diary, that you sent a sealed letter (it may be the last communication)?

そして、それに対する返事として、この無意味な絵葉書が返って来たとでもいうのでしょうか。

And, as a reply to that, does this mean that this meaningless postcard came back?

なる程、以来彼からも雪枝さんからも交通を絶っているのを見ると、そうの様にも考えられます。

It is thought that it is so when seeing that traffic has been cut off from him and Mr. Yukie since then.

 でも、それにしては、この雪枝さんからの最後の葉書の文面は、たとい拒絶の意味を含ませたものとしても、余りに変です。

But for that, the text of this last postcard from Mr. Yukie is too strange, even if it includes the meaning of rejection.

なぜといって、そこには、(もうその時分から弟は病の床についていたのです)病気見舞の文句が、美しい手蹟で書かれているだけなのですから。

The reason is that the complaints of the sickness have only been written in a beautiful manner (there has been a sick bed on the floor since that time).

そして、またこんなにこくめいに発信受信を記していた弟が、八通の葉書の外に封書を送ったものとすれば、それを記していないはずはありません。

And if the younger brother who wrote the outgoing reception in such a squeaky also sent the sealed letter out of the eight postcards, there is no way it did not write it.

では、この失望うんぬんの文句は一体何を意味するものでしょうか。

So what exactly does this disappointing phrase mean?

そんな風に色々考えて見ますと、そこには、どうも辻つまの合ぬ所が、表面に現われている事実だけでは解釈の出来ない秘密が、ある様に思われます。

If you think about it like that, there seems to be a secret that can not be interpreted only by the fact that it appears on the surface.

 これは、亡弟が残して行った一つのなぞとして、そっとそのままにしておくべき事柄だったかも知れません。

This may have been a matter that should be kept as it is, as one riddle left behind by my younger brother.

しかし、何の因果か私には、少しでも疑わしい事実にぶっつかると、まるで探偵が犯罪のあとを調べ廻る様に、あくまでその真相をつきとめないではいられない性質がありました。

However, I had a nature that I could not but find out the truth, just as if a detective checked out after a crime, when I was at a loss for any doubt, in any causality.

しかも、この場合は、そのなぞが本人によっては永久に解かれる機会がないという事情があったばかりでなく、その事の実否は私自身の身の上にもある大きな関係を持っていたものですから、持前の探偵癖が一層の力強さを以て私をとらえたのです。

Moreover, in this case, not only was there a chance that the riddle could not be solved forever by the person himself, but the fact of the matter had a large relationship that I had on my own, The former detective prisoner caught me with even greater strength.

 私はもう、弟の死をいたむことなぞ忘れてしまったかの様に、そのなぞを解くのに夢中になりました。

As if I had forgotten my younger brother's death, I was addicted to solve that mystery.

日記も繰返し読んで見ました。

I read the diary repeatedly and saw it.

その他の弟の書ものなぞも、残らず探し出して調べました。

I searched and examined all the other brother's books.