文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

日記帳:江戸川 乱歩(71-109)/169

しかし、そこには、恋の記録らしいものは、何一つ発見することが出来ないのです。

However, there can not be found anything that seems like a record of love.

考えて見れば、弟は非常なはにかみ屋だった上に、この上もなく用心深いたちでしたから、いくら探したとて、そういうものが残っているはずもないのでした。

If you think about it, your brother was a very serious man, and he was a very cautious one, so there was no way he could have left it for searching.

 でも、私は夜の更けるのも忘れて、このどう考えても解け相にないなぞを解くことに没頭していました。

However, I forgot to add to the night, and I was devoted to solving the mystery that is not in the solution phase.

長い時間でした。

It was a long time.

 やがて、種々様々な無駄な骨折りの末、ふと私は、弟の葉書を出した日附に不審を抱きました。

After all, after various wasteful efforts, I was suspicious of the date when I issued my younger brother's postcard.

日記の記録によれば、それは次の様な順序なのです。

According to the diary record, it is the following order.

三月……九日、十二日、十五日、二十二日、

March ... 9th, 12th, 15th, 22nd,

四月……五日、二十五日、

April ... 5th, 25th,

五月……十五日、二十一日、

May ... 15th, 21st,

 この日附は、恋するものの心理に反してはいないでしょうか、たとえ恋文でなくとも、恋する人への文通が、あとになる程うとましくなっているのは、どうやら変ではありますまいか。

This day is not contrary to the psychology of the ones who are in love, but even if it is not a love statement, it is somehow strange that the correspondence to the person in love is getting worse as it gets to the end.

これを雪枝さんからの葉書の日附と対照して見ますと、なお更その変なことが目立ます。

If this is contrasted with the date of the postcard from Mr. Yukie, even more strange things stand out.

三月……十日、十三日、十七日、二十三日、

March ... 10th, 13th, 17th, 23rd,

四月……六日、十四日、十八日、二十六日、

April ... The sixth, the fourteenth, the eighteenth, the twenty-sixth,

五月……三日、十七日、二十五日、

May ... 3rd, 17th, 25th,

 これを見ると、雪枝さんは弟の葉書に対して(それらは皆何の意味もない文面ではありましたけれど)それぞれ返事を出している外に、四月の十四日、十八日、五月の三日と、少くともこの三回丈けは、彼女の方から積極的に文通しているのですが、若し弟が彼女を恋していたとすれば、何故この三回の文通に対して答えることを怠っていたのでしょう。

Looking at this, Mr. Yukie responds to his younger brother's postcard (although they all have meaningless meaning), but he is sending out his reply, on the 14th, 18th, and 5th of April. On the third day of the moon, at least this three-time career has been actively communicated by her, but if the younger brother was in love with her, why is this three times against Would have neglected to answer.

それは、あの日記帳の文句と考え合せて、余りに不自然ではないでしょうか。

It may not be too unnatural, considering that phrase of the diary.

日記によれば、当時弟は旅行をしていたのでもなければ、あるいは又、筆もとれぬ程の病気をやっていた訳でもないのです。

According to my diary, my brother was not traveling at that time, nor was he not ill enough to write.

それからも一つは、雪枝さんの、無意味な文面だとはいえ、この頻繁な文通は、相手が若い男である丈けに、おかしく考えれば考えられぬこともありません。

Even then, one of Yukie-san's meaningless texts, though frequent, is not unthinkable if you think about it as a young man who is a young man.

それが、双方ともいい合せた様に、五月二十五日以後はふっつりと文通しなくなっているのは、一体どうした訳なのでしょう。

As it is good that both sides, after the 25th of May, it is a translation that it is not understood well.

 そう考えて、弟の葉書を出した日附を見ますと、そこに何か意味があり相に思われます。

If you think so and look at the date when you issued your younger brother's postcard, there is something meaningful and it seems like a phase.

若しや彼は暗号の恋文を書いたのではないでしょうか。

Aren't he supposed to write a love sentence for cryptography?

そして、この葉書の日附がその暗号文を形造っているのではありますまいか。

And I wonder if the date of this postcard is forming the ciphertext.

これは、弟の秘密を好む性質だったことから推して、満更あり得ないことではないのです。

This is not an impossibility, inferred from the nature of preferring his brother's secret.

 そこで、私は日附の数字が「いろは」か「アイウエオ」か「ABC」か、いずれかの文字の順序を示すものではないかと一々試みて見ました。

So, I tried to see if the numbers on the date indicate "Iroha", "aiueo" or "ABC", which indicate the order of the letters.

幸か不幸か私は暗号解読についていくらか経験があったのです。

Fortunately or unfortunately I had some experience with decryption.

 すると、どうでしょう。

Then, how is it?

三月の九日はアルファベットの第九番目のI、同じく十二日は第十二番目の、L、そういう風にあてはめて行きますと、この八つの日附は、なんと、I LOVE YOU と解くことが出来るではありませんか。

The ninth day of March is the ninth I of the alphabet, the twelfth day is the twelfth, L, and so on, so these eight days are solved with I LOVE YOU Aren't you able to do that?

ああ、何という子供らしい、同時に、世にも辛抱強い恋文だったのでしょう。

Oh, what a childlike, and at the same time, it was a love statement that is patient to the world.

彼はこの「私はあなたを愛する」というたった一言を伝える為に、たっぷり三ヶ月の日子を費したのです。

He has spent a full three months Nikkoko to convey this single word "I love you."

ほんとうにうその様な話しです。

It is a story that is really like that.

でも、弟の異様な性癖を熟知していた私には、これが偶然の符合だなどとは、どうにも考えられないのでした。

However, to me who knew the strange sex of my younger brother, I could not think that this was a coincidence.

 か様に推察すれば一切が明白になります。

If you guessed like that, everything will be clear.

「失望」という意味も分ります。

I also understand the meaning of "disappointment".

彼が最後のUの字に当る葉書を出したのに対して、雪枝さんは相変らず無意味な絵葉書をむくいたのです。

While he issued the last U-shaped postcard, Mr. Yukie continued to make senseless postcards.

しかも、それはちょうど、弟が医者からあのいまわしい病を宣告せられた時分なのでした。

And that was exactly when the younger brother was told by the doctor that he was having a terrible illness.

可哀相な彼は、この二重の痛手に最早再び恋文を書く気になれなかったのでしょう。

I guess he was no longer interested in writing a love letter again with this double pain.

そして、だれにも打開けなかった、当の恋人にさえ、打開けはしたけれど、その意志の通じなかった切ない思いを抱いて、死んで行ったのです。

And even to the lover who was not able to open up to anyone, although he was open up, he died with a feeling that he could not understand his will.

 私はいい知れぬ暗い気持に襲われて、じっとそこに坐ったまま立上ろうともしませんでした。

I was attacked by an unknown dark feeling and I did not stand up standing still.

そして、前にあった雪枝さんからの絵葉書を、弟が手文庫の底深くひめていたそれらの絵葉書を、何の故ともなくボンヤリ見つめていました。

And I was looking at the picture postcards from Mr. Yukie who had been before, Bonyari of those picture postcards that my younger brother put down deep in the bottom of the hand paperback without any reason.