文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

日記帳:江戸川 乱歩(110-169)/169

 すると、おお、これはまあ何という意外な事実でしょう。

Oh, what a surprising fact this is.

ろくでもない好奇心よ、のろわれてあれ。

Not curiosity, you are cursed.

私はいっそ凡てを知らないでいた方が、どれ程よかったことか、この雪枝さんからの絵葉書の表には、綺麗な文字で弟の宛名が書かれたわきに、一つの例外もなく、切手がななめにはってあるではありませんか。

How good it was that I was not aware of everything, this table of postcards from Mr. Yukie-san, there was no exception except when the address of my brother was written in beautiful letters, Isn't there a stamp on the lick?

態とでなければ出来ない様に、キチンと行儀よく、ななめにはってあるではありませんか。

As you would not be able to do with the condition, it may be good manners and acts of chitin.

それは決して偶然の粗相なぞではないのです。

It is not by any chance a rough line.

 私はずっと以前、多分小学時代だったと思います。

I think long ago, maybe in elementary school.

ある文学雑誌に切手のはり方によって秘密通信をする方法が書いてあったのを、もうその頃から好奇心の強い男だったと見えて、よく覚ていました。

I was well aware that it was a curious man from that time that a literary magazine had written a way to communicate secretly according to the orientation of the stamps.

中にも、恋を現わすには切手をななめにはればよいという所は、実は一度応用して見た事がある程で、決して忘れません。

Among them, the place where it is good to tweak the stamp in order to show love is, in fact, it has been seen once and I will never forget it.

この方法は当時の青年男女の人気に投じて、随分流行したものです。

This method was popular among the young men and women at the time, and it was quite popular.

しかしそんな古い時代の流行を、今の若い女が知っていようはずはありませんが、ちょうど雪枝さんと弟との文通が行われた時分に、宇野浩二の「二人の青木愛三郎」という小説が出て、その中にこの方法がくわしく書いてあったのです。

However, there is no way that a young woman now knows the trend of such an old age, but just when Yukie-san and his younger brother correspond to Kino Uno, a novel named "Two Aoki Aisanburo" by Koji Uno Came out, and in it was written this method in detail.

当時私達の間に話題になった程ですから、弟も雪枝さんも、それをよく知っていたはずです。

At that time it was about to be a topic among us, so my younger brother and Mr. Yukie should have known it well.

 では、弟はその方法を知っていながら、雪枝さんが三月も同じことを繰返して、遂には失望してしまうまでも、彼女の心持を悟ることが出来なかったのはどういう訳なのでしょう。

Then, even though Mr. Yukie repeated the same thing in March while knowing how to do it, why was it that she could not realize her mind even if she finally disappointed?

その点は私にもわかりません。

I do not know that point either.

あるいは忘れてしまっていたのかも知れません。

Or maybe it was forgotten.

それともまた、切手のはり方などには気づかない程、のぼせ切ていたのかも知れません。

Or again, it may be hot-off so as not to notice how the stamp is applied.

いずれにしても、「失望」などと書いているからは、彼がそれに気づいていなかったことは確です。

In any case, since it says "disappointment", it is certain that he did not notice it.

 それにしても、今の世にかくも古風な恋があるものでしょうか。

Even so, is there something old-fashioned love in the world today?

若し私の推察が誤らぬとすれば、彼等はお互に恋しあっていながら、その恋を訴えあってさえいながら、しかし双方とも少しも相手の心を知らずに、一人は痛手を負うたままこの世を去り、一人は悲しい失恋の思いを抱いて長い生がいを暮さねばならぬとは。

If I guess my guess is not wrong, they are in love with each other, while they are even complaining about their love, but both have a pain without knowing the other's mind at all You must leave this world and one must live a long life with a sad heartbreaking feeling.

 それは余りにも臆病過ぎた恋でした。

It was too timid love.

雪枝さんはうら若い女のことですからまだ無理のない点もありますけれど、弟の手段に至っては、臆病というよりはむしろ卑怯に近いものでした。

Yukie-san is a young woman and there is something that is not unreasonable, but when it came to his brother's means, it was more like a bribe than a cowardice.

さればといって、私はなき弟のやり方を少しだって責める気はありません。

By the way, I have no intention to blame the little brother's way.

それどころか、私は、彼のこの一種異様な性癖を世にもいとしく思うのです。

On the contrary, I am jealous of his kind of strange sex.

 生れつき非常なはにかみ屋で、臆病者で、それでいてかなり自尊心の強かった彼は、恋する場合にも、先ず拒絶された時の恥かしさを想像したに相違ありません。

He was born, very grievous, cowardly, and quite self-respecting, but he must have first imagined the shame when he was rejected, even in love.

それは、弟の様な気質の男にとっては、常人には到底考えも及ばぬ程ひどい苦痛なのです。

It is a terrible pain for a man with a temperament like his brother, to the point that even ordinary people can never reach it.

彼の兄である私には、それがよく分ります。

That is well understood to me, his brother.

 彼はこの拒絶の恥を予防する為にどれ程苦心したことでしょう。

How hard he was to prevent the shame of this rejection.

恋を打開けないではいられない。

I can not but defeat the love.

しかし、若し打開けてこばまれたら、その恥かしさ、気まずさ、それは相手がこの世に生きながらえている間、いつまでもいつまでも続くのです。

However, if they were beaten up, their shamefulness, awkwardness, and so on will last forever while their partner lives on this world.

何とかして、若し拒まれた場合には、あれは恋文ではなかったのだといい抜ける様な方法がないものだろうか。

If something is somehow refused, there may be no way to escape if it was not a love statement.

彼はそう考えたに相違ありません。

He must have thought so.

 その昔、大宮人は、どちらにでも意味のとれる様な「恋歌」という巧な方法によって、あからさまな拒絶の苦痛をやわらげようとしました。

Long ago, the Omiya people tried to relieve the pain of outright rejection in a clever way of “love song” that could be meaningful to either.

彼の場合はちょうどそれなのです。

In the case of him it is just that.

ただ、彼のは日頃愛読する探偵小説から思いついた暗号通信によって、その目的を果そうとしたのですが、それが、不幸にも、彼の余り深い用心の為に、あの様な難解なものになってしまったのです。

However, he tried to achieve that purpose by the code communication that came up from a detective story that I always love to read, but unfortunately it is such a difficult thing for his very deep precaution It has become.

 それにしても、彼は自分自身の暗号を考え出した綿密さにも似あわないで、相手の暗号を解くのに、どうしてこうも鈍感だったのでしょう。

Even so, he did not look like the ingenuity that came up with his own code, and was somehow insensitive to solving the other's code.

自ぼれ過ぎた為めに飛んだ失敗を演じる例は、世に間々あることですけれど、これはまた自ぼれのなさ過ぎた為の悲劇です。

An example of playing a failure that flew because it was too self-rejecting is the case in the world, but this is also a tragedy because it was too self-rejecting.

何という本意ないことでしょう。

What a genuine matter.

 ああ、私は弟の日記帳をひもといたばかりに、とり返しのつかぬ事実に触れてしまったのです。

Oh, I just touched on my younger brother's diary and touched on the irrevocable facts.

私はその時の心持を、どんな言葉で形容しましょう。

What kind of language do I describe the mind at that time?

それが、ただ若い二人の気の毒な失敗をいたむばかりであったなら、まだしもよかったのです。

If that was just enough to have two young pious mistakes, it was still good.

しかし、私にはもう一つの、もっと利己的な感情がありました。

But I had another, more selfish feeling.

そして、その感情が私の心を狂うばかりにかき乱したのです。

And that feeling was disturbing as my heart went crazy.

 私は熱した頭を冬の夜の凍った風にあてる為に、そこにあった庭下駄をつっかけて、フラフラと庭へ下りました。

In order to apply the heated head to the icy winds of the winter night, I grabbed the garden clogs that were there and went down to the garden and the garden.

そして乱れた心そのままに、木立の間を、グルグルと果てしもなく廻り歩くのでした。

And as it was a disturbed heart, I was walking round and round between the trees endlessly.

 弟の死ぬ二ヶ月ばかり前に取きめられた、私と雪枝さんとの、とり返しのつかぬ婚約のことを考えながら。

While thinking about the irrevocable engagement between me and Yukie-san, which was taken about two months before my brother's death.

底本:「江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者」光文社文庫、光文社

Somoto: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 1 A Walk in the Attic" Koubunsha Bunko, Koubunsha

   2004(平成16)年7月20日初版1刷発行

July 20, 2004 First edition 1 print issued

   2012(平成24)年8月15日7刷発行

August 15, 2012 7 edition issuance

底本の親本:「江戸川乱歩全集 第九巻」平凡社

The main book of the bottom book: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 9"

   1932(昭和7)年3月

March 1932 (Showa 7)

初出:「写真報知」報知新聞社

First appearance: "Photo notice" notice newspaper company

   1925(大正14)年3月5日

March 5 1925 (Taisho 14)

※底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

※ The bottom book is making a large number of "a" (ku number 5-86) used when counting things and place names.

※「ペイジ」と「ページ」の混在は、底本通りです。

※ "Page" and "Page" are mixed in the bottom.

※初出時の表題は「恋二題(その一)」です。

※ The title at the time of the first appearance is "Koi Nii (1)".

入力:門田裕志

Input: Hiroshi Kadota

校正:Juki

Calibration: Juki

2016年1月1日作成

Created January 1, 2016

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the Internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were the ones who took part in input, proofreading and production.