文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

算盤が恋を語る話:江戸川 乱歩(1-44)/235

算盤が恋を語る話

Abacus talks about love

江戸川乱歩

Edogawa Ranpo

 ○○造船株式会社会計係のTは今日はどうしたものか、いつになく早くから事務所へやって来ました。

○ ○ Mr. T of the shipbuilding corporation's treasurer came to the office early on how early today was.

そして、会計部の事務室へ入ると、外とうと帽子をかたえの壁にかけながら、如何にも落ちつかぬ様子で、キョロキョロと室の中を見まわすのでした。

Then, when I entered the office of the accounting department, I looked around the inside of the room with Kyoro Kyoro in a state of being unsettled, wearing a hat and hat on the wall.

 出勤時間の九時に大分間がありますので、そこにはまだたれも来ていません。

As there is a large part-time at nine o'clock in the work hours, there has not been a drop yet.

沢山並んだ安物のデスクに白くほこりのつもったのが、まぶしい朝の日光に照し出されているばかりです。

The dusty white spots on the many cheap desks are just being shone out by the dazzling morning sunlight.

 Tはたれもいないのを確めると、自分の席へはつかないで、隣の、彼の助手を勤めている若い女事務員のS子のデスクの前に、そっと腰をかけました。

When I confirmed that T was not raised, I did not hold my seat, but I sat down in front of the desk of the young girl clerk S, who was serving as his assistant, next door. .

そして何かこう盗みでもする時の様な恰好で、そこの本立ての中に沢山の帳簿と一緒に立ててあった一挺の算盤を取出すと、デスクの端において、如何にもなれた手つきでその玉をパチパチはじきました。

And if you take something like stealing something, if you take out the abacus that you had with a lot of books in the bookstore there, at the end of the desk, you will find that handicapped I broke the ball.

「十二億四千五百三十二万二千二百二十二円七十二銭なりか。

"One hundred twenty-one four hundred twenty-five two hundred twenty-five two hundred twenty-two yen seven hundred twenty-two yen?

フフ」

Fufu "

 彼はそこにおかれた非常に大きな金額を読み上げて、妙な笑い方をしました。

He read a very large amount of money put there and did a funny laugh.

そして、その算盤をそのままS子のデスクのなるべく目につき易い場所へおいて、自分の席に帰ると、なにげなくその日の仕事に取かかるのでした。

Then, I put the abacus as it is as easily visible as possible on S's desk, and when I returned to my seat, I started to work on that day without any problem.

 間もなく、一人の事務員がドアを開けて入って来ました。

Soon, a clerk came in with the door open.

「ヤア、馬鹿に早いですね」

"Yaah, you're quick to be an idiot"

 彼は驚いた様にTにあいさつしました。

He greeted T as surprised.

「お早う」

"Good morning"

 Tは内気者らしく、のどへつまった様な声で答えました。

T was a shy person and answered with a voice that was stuck in his throat.

普通の事務員同志であったら、ここで何か景気のいい冗談の一つも取交すのでしょうが、Tの真面目な性質を知っている相手は気づまりの様にそのまま黙って自分の席に着くと、バタンバタン音をさせて帳簿などを取出すのでした。

If it is a common clerk, one of the good jokes of economics will probably be exchanged here, but the other party who knows the serious nature of T will just shut up and take his seat as it is noticed , I made a rattling sound to take out books and the like.

 やがて次から次へと、事務員達が入って来ました。

The clerk came in one after another.

そして、その中にはもち論Tの助手のS子もまじっていたのです。

And in that, there was also S's assistant, M's assistant T's assistant.

彼女は隣席のTの方へ丁寧にあいさつしておいて、自分のデスクに着きました。

She greeted carefully to T next door and arrived at her desk.

 Tは一生懸命に仕事をしている様な顔をして、そっと彼女の動作に注意していました。

T had a face that worked hard and was careful about her movement.

「彼女は机の上の算盤に気がつくだろうか」

"Will she notice the abacus on the desk?"

 彼はヒヤヒヤしながら、横目でそれを見ていたのです。

He was looking at it sideways while gliding.

ところが、Tの失望したことには、彼女はそこに算盤が出ていることを少しも怪しまないで、さっさとそれを脇へのけると、背皮に金文字で、「原価計算簿」と記した大きな帳簿を取出して、机の上に拡げるのでした。

However, to T's disappointment, she didn't even suspect that there was an abacus there, and she quickly put it aside, and said in the back cover with a gold letter, "Cost sheet" I took out a large book, and spread it on my desk.

それを見たTはがっかりして了いました。

T who saw it was disappointed and finished.

彼の計画はまんまと失敗に帰したのです。

His plan was to blame for failure.

「だが、一度位失敗したって失望することはない。

"But there is no disappointing that you have failed once.

S子が気づくまで何度だって繰返せばいいのだ」

You can repeat it over and over again until S-child notices it. "

 Tは心の中でそう思って、やっと気をとり直しました。

T thought so in my heart and finally took a rest.

そして、いつもの様に真面目くさって、与えられた仕事にいそしむのでした。

And, as always, he was serious and was enthusiastic about the work he was given.

 外の事務員達は、てんでに冗談をいいあったり、不平をこぼしあったり、一日ざわざわ騒いでいるのに、T丈けはその仲間に加わらないで、退出時間が来るまでは、むっつりとして、こつこつ仕事をしていました。

Outside clerks are joking, complaining, complaining for a day, or making a noise all day long, but T-tege doesn't join his companions, and it's mum until leaving time comes. As, I was working hard.

「十二億四千五百三十二万二千二百二十二円七十二銭」

"One hundred twenty four hundred twenty-five two hundred twenty-two two hundred twenty-two yen seven hundred twenty-two yen"

 Tはその翌日も、S子の算盤に同じ金額を弾いて、机の上の目につく場所へおきました。

The next day, T played the same amount of money on S's abacus, and placed it on a desk where it was noticeable.

そして昨日と同じ様に、S子が出勤して席につく時の様子を熱心に見まもっていました。

And as I did yesterday, I was keenly watching how S-child went to work and sat down.

すると、彼女はやっぱり何の気もつかないで、その算盤を脇へのけてしまうのです。

Then, after all she does not have to worry about it and puts the abacus aside.

 その次の日もまた次の日も、五日の間同じことが繰返されました。

The same thing was repeated for five days the next day and the next day.

そして、六日目の朝のことです。

And it is the morning of the sixth day.

 その日はどうかしてS子がいつもより早く出勤して来ました。

Someday S had come to work earlier than usual.

それは丁度例の金額を、S子の算盤において、やっと自分の席へ戻ったばかりの所だったものですからTは少からずうろたえました。

Because it was just the place where I just returned to my seat in the abacus of S child, it was just a little of the amount of money of the example.

若しや、今算盤をおいている所を見られはしなかったか。

Aren't you able to see where you are holding an abacus?

彼はビクビクしながらS子の顔を見ました。

He looked at S's face while begging.

しかし、仕合せにも、彼女は何も知らぬ様にいつもの丁寧なあいさつをして自席に着きました。

However, even for the meeting, she arrived at her seat with the usual polite greeting without knowing anything.

 事務室にはTとS子ただ二人切りでした。

T and S were the only two in the office.