文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

算盤が恋を語る話:江戸川 乱歩(45-88)/235

「今度の××丸はもうやがてボイラーを取つける時分ですが、製造原価の方も大分かさみましたろうね」

"This time is the time and minutes to install the boiler by the end of the ×× circle, but I will also cut the production cost too."

 Tはてれ隠しの様にこんなことを問いかけました。

T asked such a thing like a hide and hide.

臆病者の彼はこうした絶好の機会にも、とても仕事以外のことは口がきけないのです。

As a coward, he can not speak anything except work at such a great opportunity.

「ええ、工賃をまぜるともう八十万円を越しましたわ」

"Yes, it has already surpassed 800,000 yen when we mixed wages."

 S子はちらっとTの顔を見て真面目な口調で答えました。

S child glanced at T's face and answered in a serious tone.

「そうですか。

"Is that so.

今度のは大分大仕事ですね。

It is Oita major work this time.

でもうまいもんですよ。

Well, I'm sorry.

そいつを倍にも売りつけるんですからね」

I will sell it twice as well. "

 ああ、おれは飛んでもない下品なことをいってしまった。

Oh, I said a vulgar thing that is not even flying.

Tはそれに気づくと思わず顔を赤くしました。

T turned red without knowing it.

この普通の人々には何でもない様なことがTには非常に気になるのです。

I am very interested in T that nothing in this ordinary people.

そして、その赤面した所を相手に見られたという意識が、彼のほおを一層ほてらします。

And the awareness that he was seen against the spot where he blushed makes him smile even more.

彼は変な空せきをしながら、あらぬ方を向いてそれをごまかそうとしました。

He shook a strange sky and turned around to try to cheat it.

しかし、S子は、この立派な口ひげをはやした上役のTが、まさかそんなことで狼狽していようとは気づきませんから、何気なく彼の言葉に合づちを打つのでした。

However, S child did not notice that T, the superior who played this fine mustache, would not hesitate to do anything like that, so he casually hit his words.

 そうして二言三言話しあっている内に、ふとS子は机の上の例の算盤に目をつけました。

Then, while talking in two words and three words, S. S. noticed an abacus on the desk on the desk.

Tは思わずハッとして、彼女の目つきに注意しましたが、彼女は、ただ一寸の間、その馬鹿馬鹿しく大きな金額を不審|相に見たばかりで、すぐ目を上げて会話を続けるのです。

T instinctively watched her face as insanely, but she had just seen the stupid large amount of money for a while, and just kept on talking, raising her eyes immediately.

Tはまたしても失望を繰返さねばなりませんでした。

T had to be disappointed again.

 それからまた数日の間、同じことが執拗に続けられました。

And then again for the next few days, the same thing went on relentlessly.

Tは毎朝S子の席に着く時をおそろしい様な楽しい様な気持で待ちました。

T waited in a fun-like manner, as he was afraid to arrive at S's seat every morning.

でも二日三日とたつ内には、S子も帰る時には本立へかたづけて行く算盤が、朝来て見ると必ず机の真中にキチンとおいてあるのを、どうやら不審がっている様子でした。

However, it appeared that it was suspicious that there was an abacus going to warm up to the main standing when the S-child returned home, and that there would always be a chitin in the center of the desk when coming back in the morning, two days and three days.

そこにいつも同じ数字が示されているのにも気がついた様です。

I also noticed that the same numbers are always shown there.

ある時などは、声を出してその十二億四千うんぬんの金額を読んでいた位です。

At one point, for example, I was reading aloud the amount of 124,000 yen.

 そして、ある日とうとうTの計画が成功しました。

And one day the plan of T was successful.

それは最初から二週間もたった時分でしたが、その朝はS子がいつもより長い間例の算盤を見つめていました。

It took only two weeks from the beginning, but in the morning S had been watching the abacus longer than usual.

小首を傾けて何か考え込んでいるのです。

I leaned my mind and thought about something.

Tはもう胸をドキドキさせながら、彼女の表情を、どんな些細な変化も見逃すまいと、異常な熱心さでじっと見まもっていました。

T was thrilled with her heart and watched her expression with anomalous enthusiasm, not to miss any minor changes.

息づまる様な数分間でした。

It was a few minutes to breathe.

が、しばらくすると、突然、何かハッとした様子で、S子が彼の方をふり向きました。

However, after a while, suddenly, S-like turned to him in a state of something hazy.

そして、二人の目がパッタリ出逢って終ったのです。

And, the eyes of two people came out and met.

 Tは、その瞬間彼女が何もかも悟ったに相違ないと感じました。

T felt that she must have realized everything at that moment.

というのは、彼女はTの意味あり気な凝視に気づくと、いきなり真赤になってあちらを向いて終ったからです。

For when she notices the meaning and tempest gaze of T, she suddenly turns red and turns over there.

最も、とり様によっては、彼女はただ、男から見つめられていたのに気づいて、その恥かしさで赤面したのかも知れないのですが、のぼせ上ったその時のTには、そこまで考える余裕はありません。

Mostly, depending on the lord, she may just notice that she was being stared by a man and may have blushed with that shame, but in the time T that rose it thinks so far I can not afford it.

彼は自分も赤くなりながら、しかし非常な満足を以て、紅の様に染まった彼女の美しい耳たぶを、気もそぞろに眺めたことです。

He turned red, but with great satisfaction, he looked at her beautiful earlobe dyed like red with a deep eye.

 ここで一寸、Tのこの不思議な行為について説明しておかねばなりません。

Here we must explain this mysterious act of T, a size.

 読む人は既に推察されたことと思いますが、Tは世にも内気な男でした。

I think the reader was already guessed, but T was a shy man in the world.

そして、それが女に対しては一層ひどいのです。

And that is even worse for women.

彼は学校を出てまだ間もないのではありますけれど、それにしても三十近い今日まで、なんと、一度も恋をしたことがない、いやろくろく若い女と口を利いたことすらないのです。

He's just out of school, but he still has a good talk with a young woman who has never been in love until today, nearly thirty.

無論機会がなかった訳ではありません。

Needless to say, I did not have an opportunity.

一寸想像も出来ない程臆病な彼の性質が禍したのです。

His nature was so timid that he could never imagine it.

それは一つは彼が自分の容貌に自信を持ち得ないからでもありました。

One reason was that he could not have confidence in his forgiveness.

うっかり恋を打あけて、もしはねつけられたら、それがこわいのでした。

If I accidentally knocked out my love, and I was fired, it was scary.

臆病でいながら人一倍自尊心の強い彼は、そうして恋を拒絶せられた場合の、気まずさはずかしさが、何よりも恐ろしく感じられたのです。

A cowardly man who is more self-respecting, he feels more awkward than anything if he rejects love in this way.

「あんないけすかない人っちゃないわ」そういったゾッとする様な言葉が、容貌に自信のない彼の耳許で絶えず聞えていました。

"Sorry, I'm not the kind of person I've been", such a horrible word was constantly heard in his ears, unreliable in forgiveness.