文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

算盤が恋を語る話:江戸川 乱歩(89-126)/235

 ところが、さしもの彼も今度ばかりは辛抱し切れなかったと見えます。

However, it seems that he has not been able to endure this time again.

S子はそれ程彼の心を捕えたのです。

S child caught his heart so much.

しかし、彼にはそれを正面から堂々と訴える丈けの勇気は勿論ありませんでした。

But of course he did not have the courage to take pride in striking it from the front.

何とかして、拒絶された場合にも、少しも恥しくない様な方法はないものかしら。

If you somehow get rejected, there is no way to be ashamed of anything.

卑怯にも彼はそんなことを考える様になりました。

He also came to think of such a thing.

そして、こうした男に特有の異常な執拗さを以て、種々な方法を考えては打消し、考えては打消しするのでした。

And, with the unusual persistence that was peculiar to these men, I thought of various methods and canceled, thinking and canceled.

 彼は会社で当のS子と席を並べて事務をとりながらも、そして彼女とはさりげなく仕事の上の会話を取交しながらも、絶えずそのことばかり考えていました。

He was always thinking about it while taking office with his S-child at work and casually exchanging conversations on work with her.

帳簿をつける時も、算盤を弾く時も、少しも忘れる暇はないのです。

There is no time to forget a little when setting up books or playing an abacus.

するとある日のことでした。

Then it was one day.

彼は算盤を弾きながらふと妙なことを考えつきました。

He came up with strange things while playing the abacus.

「少し分りにくいかも知れぬが、これなら申分がないな」

"It may be a bit difficult to understand, but it would be fine for this."

 彼はニヤリと会心の笑みを浮べたことです。

He was smiling and grinning.

彼の会社では、数千人の職工達に毎月二回に分けて賃銀を支払うことになっていて、会計部は、その都度工場から廻されるタイムカードによって、各職工の賃銀を計算し、一人一人の賃銀袋にそれを入れて、各部の職長に手渡すまでの仕事をやるのでした。

In his company, thousands of workers are supposed to pay wages twice a month, and the accounting department calculates the wages of each worker according to the time card sent from the factory each time We put it in one wager bag and did the work until it handed over to the foreman of each part.

その為には、数名の賃銀計算係というものがいるのですけれど、非常に忙しい仕事だものですから、多くの場合には、会計部の手すきのものが総出で、読み合せから何から手伝うことになっていました。

In order to do so, there are a number of wagering clerks, but it is a very busy job, so in many cases, all the things that the accounting department is fond of, and what to help from the reading It had become.

 その際に、記帳の都合上、いつも何千というカードを、職工の姓名の頭字で(いろは)順に仕訳をする必要があるのです。

In that case, it is necessary to make a journal of thousands of cards, in order of the bookkeeping, in order with the acronyms of the work surnames.

始めの内は机をとりのけて広くした場所へそれをただ「いろは」順に並べて行くことにしていましたが、それでは手間取るというので、一度アカサタナハマヤラワと分類して、そのおのおのを更にアイウエオなりカキクケコなりに仕訳る方法をとることにしました。

In the beginning it was decided to put it in order "Iroha" to a place where I took the desk and made it wide, but it would take time and effort, so I once classified it as Akasatana Hamaya Rawa and made each one more Aiueo. I decided to take a method of journalizing in my own way.

それを始終やっているものですから、会計部のものはアイウエオ五十音の位置を、もう空んじているのです。

It's all about it, so the accounting department's one has already missed the position of Ai-Eo.

たとえば「野崎」といえば五行目(ナ行)の第五番という風にすぐ頭に浮ぶのです。

For example, speaking of "Nozaki", it comes to the head immediately like the fifth line of the fifth line (Na line).

 Tはこれを逆に応用して、算盤に表わした数字によって簡単な暗号通信をやろうとしたのです。

T applied this in reverse, and tried to perform simple cryptographic communication by the numbers shown on the abacus.

つまり、ノの字を現わす為には五十五と算盤をおけばよいのです。

In other words, in order to show the character of No, it is sufficient to add fifty-five and an abacus.

それがのべつに続いていては一寸分りにくいかも知れませんけれど、よく見ている内には、日頃おなじみの数ですから、いつか気づく時があるに相違ありません。

It may be hard to follow if it continues to the rest of the day, but while you are looking closely, it is a familiar number on a daily basis, so you must be aware of it someday.

 では彼はS子にどういう言葉を通信したか、試みにそれを解いて見ましょうか。

But what language did he communicate to S, let's see it in an attempt.

 十二億は一行目(ア行)の第二字という意味ですからイです。

One hundred twenty million is the meaning of the second letter of the first line.

四千五百は四行目(タ行)の第五字ですからトです。

Four thousand five hundred is the fifth character of the fourth line (T line), so it is a to.

同様にして三十二万はシ、二千二百はキ、二十二円もキ、七十二銭はミです。

In the same way, thirty thousand two thousand, two thousand two hundred thousand, two hundred and twenty yen, and seventy-two sen are mi.

即ち「いとしききみ」となります。

In other words, it will be "It's right!"

「愛しき君」若しこれを口にしたり、文章に書くのでしたら、Tには恥しくてとても出来なかったでしょうが、こういう風に算盤におくのなれば平気です。

It would be a shame that I could not do it if I said "I love you" or I would write this in a sentence, but it would be fine if I put it on a calculator like this.

他のものに悟られた場合には、ナニ偶然算盤の玉がそんな風に並んでいたんだといい抜けることが出来ます。

If you realize something else, it can be said that Nani incidental balls are lined up like that.

第一手紙などと違って証拠の残る憂いがないのです。

Unlike the first letter, there is no excuse for evidence.

実に万全の策といわねばなりません。

It must be said that it is a perfect plan.

幸にしてS子がこれを解読して受入れて呉れればよし、万一そうでなかったとしても、彼女には、言葉や手紙で訴えたのと違って、あらわに拒絶することも出来なければ、それを人に吹聴する訳にも行かないのです。

Fortunately, if S child deciphers this and accepts it, it will be good, and even if it is not so, she must be able to reject it as opposed to complaining in words and letters. For example, I can not go over hearing it to people.

さてこの方法はどうやら成功したらしく思われます。

Well, this seems to be successful.

「あのS子のそぶりでは、先ず十中八九は失望を見ないで済むだろう」これならいよいよ大丈夫だと思ったTは、今度は少し金額をかえて、

"With that S-child, I will not be disappointed at first of all, I will not be disappointed at first."

「六十二万五千五百八十一円七十一銭」

"Sixty five hundred fifty-one yen seventy-one yen"

 とおきました。

I thought.

それをまた数日の間続けたのです。

It continued for a few more days.

これも前と同じ方法であてはめて見ればすぐわかるのですが、「ヒノヤマ」となります。

If you look at it in the same way as before, you will see immediately, but it will be "Hinoyama".

樋の山というのは、会社から余り遠くない小山の上にある、その町の小さな遊園地でした。

The mountain is a small amusement park in the town above a hill not far from the company.