文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

算盤が恋を語る話:江戸川 乱歩(127-178)/235

Tはこうしてあい引の場所まで通信し始めたのです。

T started to communicate in this way to the place of hi.

 そのある日のことでした。

It was about that day.

もう十分暗黙の了解が成立っていると確信していたにも拘わらず、Tはまだ仕事以外の言葉を話しかける勇気がなく、相変らず帳簿のことなぞを話題にしてS子と話していました。

Despite being convinced that tacit consent had already been achieved, T still had no courage to speak words other than work, and still talked with S on the topic of the book. The

すると、一寸会話の途切れたあとで、S子はTの顔をジロジロ見ながら、その可愛い口許に一寸|笑を浮べてこんなことをいうのです。

Then, after a short break in the conversation, S sees T's face diligently, and in a cute mouth, a small smile |

「ここへ算盤をお出しになるの、あなたでしょ。

"You are the one who will send you the abacus here.

もう先からね。

I'm already there.

あたしどういう訳だろうと思っていましたわ」

I thought I was wondering why. "

 Tはギックリしましたが、ここでそれを否定しては折角の苦心が水のあわだと思ったものですから、満身の勇気をふるい起してこう答えました。

T was squeaky, but denying it here, I thought that the pain of the moment was the water's blow, so I answered the following through the full courage.

「ええ、僕ですよ」

"Yes, I am."

 だがなさけないことに、その声はおびただしくふるえていました。

However, the voice was fluttering in vain.

「あら、やっぱりそうでしたの。

"Oh, it looked like it.

ホホ……」

Hoo ... "

 そうして彼女はすぐ外の話題に話しをそらしてしまったことですが、Tにはその時のS子の言葉がいつまでも忘れられないのでした。

Then she immediately distracted from the topic outside, but in T she could not forget the words of S child at that time.

彼女はどういう訳であんなことをいったのでしょう。

Why is she saying such a thing?

肯定の様にもとれます。

It can be taken like affirmation.

そうかと思えばまた、まるで無邪気に何事も気づいていない様でもあります。

If you think so, you also seem to have noticed nothing innocently as anything.

「女の心持なんて、おれにはとても分らない」

"I don't really know what a woman's heart is"

 彼は今更の様にたん息するのでした。

He had a great time now.

「だが、ともあれ最後までやって見よう。

"But, let's do it to the end.

たとえすっかり感づいていても、彼女もやっぱり恥かしいのだ」

Even if she feels completely, she is still ashamed. "

 彼にはそれが満更うぬぼれの為ばかりだとも考えられぬのでした。

He could not even think that it was just because of the fullness.

そこで、その翌日、今度は思い切って、

So, the next day, I'm planning to go ahead,

「二十四億六千三百二十一万六千四百九十二円五十二銭」

"2463 six hundred twenty-one six hundred sixty-one yen two hundred fifty-two yen"

 とおきました。

I thought.

「ケフカヘリニ」即ち「今日帰りに」という意味です。

It means "Kefkaherini" or "Today's Return".

これで一か八かかたがつこうというものです。

This is a one-to-one game.

今日社の帰りに彼女が樋の山遊園地へ来ればよし、若し来なければ今度の計画は全然失敗なのです。

It would be nice if she came to the mountain amusement park on the way home from the company today, and if we were not young, our plans for the future would have failed at all.

「今日帰りに」その意味を悟った時、うぶな少女は一方ならず胸騒ぎを覚えたに相違ありません。

When I realized the meaning of “Today's Return”, a naive girl must have felt a heartbreak on the other hand.

だが、あのとりすました平気らしい様子はどうしたことでしょう。

However, what is the appearance of that tossed calmness?

ああ、吉か兇か、何というもどかしさだ。

Oh, it's good or bad, it's something frustrating.

Tはその日に限って退社時間が待遠しくて仕方がありませんでした。

T had no choice but to look forward to leaving time for that day only.

仕事なんか殆ど手につかないのです。

I have almost no job at hand.

 でもやがて、待ちに待った退社時間の四時が来ました。

However, four o'clock of the leaving time I had been waiting for came.

事務室のそこここにバタンバタンと帳簿などをかたづける音がして、気の早い連中はもう外套を着ています。

The sound of clapping the books with the Batambatan here and there in the office, the quick-minded people are already wearing the cloak.

Tはじっとはやる心を押えて、S子の様子を注意していました。

T kept his heart still and watched S child's condition.

若し彼女が彼の指図に従って指定の場所に来るつもりなら、如何に平気を装っていても、帰りのあいさつをする時には、どこか態度にそれが現れぬはずはないと考えたのです。

If she intended to come to a designated place according to his order, I thought that no matter how tempting it would be, it would not have appeared in an attitude when giving a return greeting.

 しかし、ああ、やっぱり駄目なのかな。

But, yes, I guess that's not good.

彼女がTにいつもと同じ丁寧なあいさつを残して、そこの壁にかけてあったえり巻を取り、ドアを開て事務室を出て行って終うまで、彼女の表情や態度からは常に変った何ものをも見出すことが出来ないのでした。

Her face and attitude changed constantly until she finished the same polite greetings to T, took an E-roll over the wall, opened the door, and left the office. I could not find anything.

 思惑ったTは、ぼんやりと彼女のあとを見送ったまま、席を立とうともしませんでした。

Thought T was silently watching her after, she did not stand up.

「ざまを見ろ。

"Look at it.

お前の様な男は、年が年中、こつこつと仕事さえしていればいいのだ。

A man like you only needs to work hard all year round.

恋なんか柄にないのだ」

I'm not in love with you. "

 彼は我と我身をのろわないではいられませんでした。

He could not but neglect me and myself.

そして、光を失った悲しげな目で、じっと一つ所を見つめたまま、いつまでもいつまでも甲斐ない物思いにふけるのでした。

And with the sad eyes that lost the light, while staring at one place, I was indulged in an inexorable thought forever.

 ところがしばらくそうしている内に、彼はふとあるものを発見しました。

However, while doing so for a while, he suddenly found something.

今まで少しも気づかないでいた、S子のきれいにかたづけられた机の上に、これはどうしたというのでしょう。

What happened to this on the clean-cleaned desk of S-child who had not noticed at all until now?

彼が毎朝やる通りに、あの算盤がチャンとおいてあるではありませんか。

As he does every morning, isn't there an abacus with Chan?

 思いがけぬ喜びが、ハッと彼の胸を躍らせました。

An unexpected joy made his heart burst.

彼はいきなりその側へ寄って、そこに示された数字を読んで見ました。

He suddenly turned to that side and read and saw the numbers shown there.

「八十三万二千二百七十一円三十三銭」

"Eight hundred thirty-two thousand two hundred seventy-one yen thirty-three sen"

 スーッと熱いものが、彼の頭の中に拡がりました。

The hot thing spread in his head.

そして、にわかに早まった動悸が、耳許で早鐘の様に鳴り響きました。

Then, a rapid and rapid movement of the heart rang like an early bell in the ear.