文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

算盤が恋を語る話:江戸川 乱歩(179-235)/235

その算盤には彼のと同じ暗号で「ゆきます」とおかれてあったのです。

The abacus was said to be "yuki" with the same code as his.

S子が彼に残して行った返事でなくてなんでしょう。

It is not the reply that S child left for him.

 彼は矢庭に外套と帽子をとると、机の上をかたづけることさえ忘れて終って、いきなり事務室を飛び出しました。

When he took a coat and a hat in Yanabi, he forgot to hold even on the desk and ended up jumping out of the office.

そして、そこにじっとたたずんで彼の来るのをまちわびているS子の姿を想像しながら、息せき切って樋の山遊園地へと駈けつけました。

Then, while imagining the figure of S-child who was at a loss, coming and thinking of his coming, I kept my breath to the mountain amusement park in Kashiwa.

 そこは遊園地といっても、小山の頂に一寸した広場があって、一二軒の茶店が出ている切りの、見はらしがよいという外には取柄のない場所なのですが、見れば、もうその茶店も店を閉じて終ってガランとした広場には、暮れるに間のない赤茶けた日光が、樹立の影を長々と地上に印しているばかりで、人っ子一人いないではありませんか。

Even though there is an amusement park, there is a small square at the top of a small mountain, and there are only two tea shops in the open area. In the open space where the tea shop has closed the store and the galant has finished, the reddish-brown sunshine that has just finished can only mark the shadow of the establishment on the ground for a long time, so if only one child is alone Is there.

「じゃ、きっと彼女は着物でも着換る為に、一度家に帰ったのだろう。

"Oh, she probably went home once to change her clothes.

なる程、考えて見れば、あの古い海老茶の袴をはいた事務員姿では、まさか来られまいからな」

If you think about it, the clerk figure wearing that old prawn tea bowl will never come. "

 算盤の返事に安心し切った彼は、そこにほうり出してあった茶店の床几に腰かけて、煙草をふかしながら、この生れて初めての待つ身のつらさを、どうして、つらいどころか、甚だ甘い気持で味わうのでした。

He was relieved at the answer of the abacus, sat down on the floor of the tea shop that had been sent out, smoked, and for the first time I wait for this birth, why it was hard, really sweet feeling I tasted it.

 しかし、S子はなかなかやって来ないのです。

However, S child does not come easily.

あたりは段々薄暗くなって来ます。

The area is getting dimmer gradually.

悲しげなからす共の鳴き声や、間近の停車場から聞えて来る汽笛の音などが、広場の真ん中に一人ぼつねんと腰をかけているTの心にさびしく響いて来ます。

The voices of the sad cousins and the sound of the whistle coming from the impending stop echoing in the heart of T, who is sitting alone in the middle of the square.

 やがて夜が来ました。

Soon the night came.

広場のところどころに立てられた電燈が寒く光り始めます。

The lights set up in places of the plaza start to light cold.

こうなると、さすがのTも不安を感じないではいられませんでした。

In this case, T could not but feel uneasy.

「ひょっとしたら、家の首尾が悪くて出られないのかも知れない」

"Perhaps you may not be able to leave your house because it is bad."

 今では、それが唯一の望みでした。

Now that was the only hope.

「それともまた、おれの思い違いではないかしら。

"Or maybe it's not my misunderstanding.

あれは暗号でもなんでもなかったのかも知れない」

That may not have been encryption or anything. "

 彼はいらいらしながら、その辺をあちらこちらと歩き廻るのでした。

He roamed around the area while irritated.

心の中がまるで空っぽになってしまって、ただ頭だけがカッカとほてるのです。

The mind is completely empty, and only the head is relieved.

S子の色々の姿態が、表情が、言葉が、それからそれへと目先に浮んで来ます。

The various forms of S child, the expression, the language, then the word comes to it.

「きっと、彼女も家でくよくよおれのことを心配しているのだ」

"I'm sure she's worried at home too."

 そう思う時には、彼の心臓は熱病の様に烈しく鳴るのです。

When I think so, his heart screams like a fever.

しかし、またある時は身も世もあらぬ焦燥が襲って来ます。

However, there is another frustration of life and the world at other times.

そして、この寒空に来ぬ人を待っていつまでも、こんな所にうろついている我身が、腹立たしい程|愚に思われるのです。

And even when I wait for people who don't come to this cold air, I feel so angry that I myself who is prowling in such places seem foolish.

 二時間以上も空しく待ったでしょうか。

Did you wait for more than two hours?

もう辛抱し切れなくなった彼は、やがてとぼとぼと力ない足どりで山を下り始めました。

When he could no longer stand, he began to go down the mountain with his weak feet.

 そして山の半ば程降りた時です、彼はハッとした様にそこへ立ちすくみました。

And when it got down about the middle of the mountain, he stood there in a very cool way.

ふと飛んでもない考えが彼の頭に浮んだのです。

A thought that never flew came to his head.

「だが、果してそんなことがあり得るだろうか」

"But there could be such a thing"

 彼はその馬鹿馬鹿しい考えを一笑に付して終おうとしました。

He tried to squeeze the stupid idea into a laugh.

しかし、一度浮んだ疑いは容易に消し去るべくもありません。

However, there is no way to remove the suspicion that has floated once.

彼はもう、それを確めて見ないではじっとしていられないのでした。

He could not stand still without seeing it again.

 彼は大急ぎで会社へ引返しました。

He rushed back to the company.

そして、小使に会計部の事務室のドアを開かせると、やにわにS子の机の前へ行って、そこの本立てに立ててあった原価計算簿を取出し、××丸の製造原価を記入した部分を開きました。

Then, let the entrustee open the door of the office of the accounting department, and go to the desk of the child of S on the floor, take out the cost book which stood on the book stand there, and fill in the manufacturing cost of × × Opened part.

「八十三万二千二百七十一円三十三銭」

"Eight hundred thirty-two thousand two hundred seventy-one yen thirty-three sen"

 これはまあ何という奇蹟でしょう。

What a miracle this is.

その帳尻の締高は偶然にも「ゆきます」というあの暗号に一致していたではありませんか。

Isn't that the margin of the book end coincidentally with that code of "I'll go"?

今日S子はその締高を計算したまま算盤をかたづけるのを忘れて帰ったというに過ぎないのです。

It is only that S-child today forgot to clear the abacus after calculating the settlement and returned.

そして、それは決して恋の通信などではなくて、ただ魂のない数字の羅列だったのです。

And it was never a communication of love, but just a list of numbers without a soul.

 余りのことにあっけにとられた彼は、一種異様な顔つきで、ボンヤリとそののろわしい数字を眺めていました。

He was taken for granted, with a kind of strange look, looking at Bonnyali and its crumbling numbers.

総ての思考力を失った彼の頭の中には、彼の十数日にわたる惨憺たる焦慮などには少しも気づかないで、あの快活な笑い声を立てながら、暖かい家庭で無邪気に談笑しているS子の姿がまざまざと浮んで来るのでした。

In his head, who has lost all his thinking, he does not notice any of his tenorous days of devastation, etc., and while making that vivacious laughter, he chats innocently in warm families The appearance of the existing S-child came to me.

底本:「江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者」光文社文庫、光文社

Somoto: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 1 A Walk in the Attic" Koubunsha Bunko, Koubunsha

   2004(平成16)年7月20日初版1刷発行

July 20, 2004 First edition 1 print issued

   2012(平成24)年8月15日7刷発行

August 15, 2012 7 edition issuance

底本の親本:「江戸川乱歩全集 第十巻」平凡社

The main book of the bottom book: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 10" Heibonsha

   1931(昭和6)年9月

September 1931 (Showa 6)

初出:「写真報知」報知新聞社

First appearance: "Photo notice" notice newspaper company

   1925(大正14)年3月15日

March 15, 1925 (Taisho 14)

※初出時の表題は「恋二題(その二)」です。

※ The title at the time of the first appearance is "Koi Nii (2)".

※底本巻末の編者による語注は省略しました。

※ We have omitted the word notes by the editor at the end of the book.

入力:門田裕志

Input: Hiroshi Kadota

校正:A.K.

Calibration: A. K.

2016年6月10日作成

Created on June 10, 2016

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the Internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were the ones who took part in input, proofreading and production.