文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

盗難:江戸川 乱歩(89-142)/346

「しかし、私共の立場になって見ますと、なんだかこう気味が悪くて仕様がないのですが、念の為に一応御調べ下さる訳には行きますまいか」

"But if we look in our position, it's somewhat weird and there's no spec, but I'm going to go for a search just in case.

 私が押していいますと、

I'm pushing,

「じゃね、ちょうど今夜は僕があの辺を廻ることになっているから、その時分に一度行って見て上げよう。

"Yeah, I'm going to crawl around here tonight, so let's go and see once in that time.

無論泥坊なんか来やしないけれど、どうせついでだから。

Of course I don't want to come up with it, but it's all about it.

お茶でも入れておいて呉れ給え。

Make some tea and have a good meal.

ハハハハハハ」

Hahahahahaha "

 と、どこまでも冗談にしているのです。

And I am kidding as much as possible.

でもまあ、来て呉れるというので私も安心して、くれぐれも忘れない様にと念を押してそのまま教会へ帰りました。

However, I was relieved to know that I would come to see you, and I went back to the church as I did not forget to forget it.

 さて、その晩です。

Well, that night.

いつもなら、夜の説教でもない限り、もう九時頃になると寝て了うのですが、今夜はなんだか気になって寝る訳にも行きません。

As usual, unless it is a night sermon, I will go to bed when it is about nine o'clock, but I will not go to bed tonight as I care.

私は巡査との約束もあったので、お茶とお菓子の用意をさせて、奥の一間で――それが信者との応接間だったのです――そこの机の前に坐って、じっと十二時になるのをまっていました。

I had a promise with the consul, so I made tea and sweets ready, and in the back of it-it was a sitting room with the believers-sitting in front of the desk there I was waiting for two o'clock.

妙なもので、床の間においてある金庫から眼が離せない様な気がするのです。

It's a strange thing, and I feel like I can't keep my eyes off a safe in the middle of the floor.

そうしている内にすうっと中の金丈けが消えて行きやしないかなんて思われましてね。

It seems as if I would not go away with the gold armor in it while doing so.

 それでも多少心配になるかして、主任も時々その部屋へやって来て、私に世間話しなどしかけました。

Still, I was somewhat anxious and sometimes the boss came to the room and talked to me.

何だか馬鹿に夜が長い様に思いました。

I thought it was a long night for a fool.

やがて、十二時近くになると、感心に約束をたがえないで、昼間の巡査がやって来ました。

Eventually, when it was almost 12 o'clock, I was not able to admire my promise, and a daytime policeman came.

そこで早速奥に上ってもらって、金庫の前で主任と巡査と私と三人が車座になってお茶を飲みながら番をすることにしました。

So I got up to the back, and in the front of the safe, I decided to take a turn while drinking tea, with the chief, the police officer, and me and three people in the seat.

いや番をする積でいたのは、多分私だけだったかも知れません。

Maybe I was the only one who got the trouble.

主任も巡査も、昼間の手紙のことなんかてんで問題にしていないのです。

Neither the Chief nor the Consul made any problem in the daytime letter.

おまわりさん仲々議論家で、主任をつかまえて盛んに宗教論を戦わせている。

It is an all-you-can-talker who has a chief and actively fights the religion.

先生まるでそんな議論をやる為に来た様なあんばいなのです。

It's a kind of teacher who came to do such an argument.

そりゃ、テクテクくら暗の町を巡廻しているよりは、お茶を飲んで議論をしている方が愉快に相違ありませんからね。

In other words, it is more pleasant to have a cup of tea and have a discussion than to go round the town of tech tech murmur.

なんだか私一人くよくよ心配しているのが馬鹿馬鹿しくなったものですよ。

What I am worried about myself is something that has become ridiculous.

 暫くしますと、しゃべりたいだけしゃべってしまった巡査は、ふと気がついた様に私の顔を見ながらいうのです。

After a while, the policeman who just wanted to talk, says while looking at my face as I noticed.

「ア、もう十二時半だね。

"Oh, it's already twelve and thirty.

それ見給え、あれはやっぱりいたずらだったな」

See that, it was a prank after all. "

 そうなると私もいささか恥しく、

Then I am ashamed,

「エエ、お蔭様で」とか何とかあいまいに答えたのですが、すると巡査が金庫の方を見て、

"Eh, a lady," or something vaguely answered, then the policeman looked at the safe,

「で、金はたしかにその中には入っているのだろうね」

"Well, money is definitely in it."

 と妙なことを聞くではありませんか。

Do not you hear strange things?

私はからかわれた様な気がして、いささかむっとしたものですから、

I feel like I'm being ridiculed, and it's rather awkward.

「無論這入ってますよ。

"There is no question.

なんならお目にかけましょうか」

What shall we look at? "

 と皮肉にいいかえしたものです。

It's ironic.

「いや、這入っていればいいがね。

"No, it would be nice if you had a bribe.

念のために一応調べておいた方がいいかも知れないよ。

It may be better to investigate it just in case.

ハハハハハ」

Ha ha ha ha "

 と先方もあくまでからかって来ます。

And the other comes to the end.

私はもうしゃくに触って仕様がないものですから、

I have no specs to touch anymore,

「御覧なさい」

"See and see"

 といいながら、金庫の文字合せを廻してそれを開き、中のさつ束を取出して見せました。

While saying, I opened the letter of the safe, opened it and took out a bundle of the inside and showed it.

すると巡査がね、

Then the police officer,

「なる程、そこですっかり安心してしまった訳だね」

"That's why I'm totally relieved there."

 私はうまく真似られませんけれど、そりゃいやないい方でしたよ。

I can not imitate well, but I was sorry.

何だか変に奥歯に物のはさまった様な調子で意味ありげにニヤニヤ笑っているのですからね。

Because something strangely squeezed into my back teeth makes me smile in a meaningful way.

「だが、泥坊の方にはどんな手段があるかも知れないのだ。

"But there is a way for the poor to have it.

君はこの通り金があるから大丈夫だと思っているだろうが、これは」そういって巡査はそこにおいてあった札束を手にとりながら、

You may think that it is all right because you have the money as it is, but this is "yes, while the policeman grabbed the bill that was there,

「これは、もうとっくに泥坊のものになっているかも知れないよ」

"This may have been a long time ago."

 それを聞くと、私は思わずゾッと身ぶるいしました。

When I heard that, I was creeping insanely.

こう何とも得体の知れない凄い気持ですね。

It is such an amazing feeling I have no idea.

こんな風に話したんじゃ一寸分らないかも知れませんけれど。

If you talk like this, it may not be a minute.

 何十秒かの間、私達は物もいわないでじっとしていました。

For tens of seconds we stayed silent without saying anything.

お互に相手の目の中をみつめて、何事かを探りあっているのです、

We look at each other's eyes in each other and search for something.

「ハハハハハハ、分ったかね。

"Ha ha ha ha ha, did you understand?