文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

盗難:江戸川 乱歩(216-252)/346

ナアニ、一人でも二人連でもあとをつけるに変りはないと、私は見つからない様に用心しながら、人ごみの事ですから二三間の間隔で、彼等のあとからついて行きました。

There was no change for Naani, two people or two, and I was careful not to be found, but it was a crowd, so I followed them after a few intervals.

あなたは御経験がありますか。

Do you have experience?

人を尾行するのは実に難しい仕事ですね。

It is a really difficult job to follow people.

用心しすぎれば見失い相だし、見失うまいとすればどうしても自分の身体を危険にさらさねばならず、小説で読む様に楽なもんじゃありませんね。

If you are too cautious, you will lose sight, and if you do not lose it, you will have to put your body at risk and it is not as easy as reading in a novel.

で、彼等が、二三町も行った所で一軒の料理屋へ入った時には、私はホッとしましたよ。

So, when they went to a restaurant at a place where they went to Nisancho, I felt relieved.

ところが、その時に、彼等が料理屋へ入ろうとした時にですね、私は又もや大変なことを発見したのです。

However, at that time, when they tried to get into the restaurant, I discovered another serious thing.

というのは、二人の内の泥坊でない方の男の顔が、不思議じゃありませんか、あの時泥坊を捕まえてやろうといったもう一人の巡査にそっくりだったのです。

For example, the face of the two men who aren't bothered is not strange, but at that time it was like the other policeman who tried to catch the man.

いやまって下さい。

Please do not hesitate.

それでもう分ったなんて、いくらあなたが小説家でも、そいつは少し早過ぎますよ。

Even so, no matter how much you are a novelist, it's a little too early.

まだ先があるのです。

There is still ahead.

もう暫く辛抱して聞いて下さい。

Please be patient and listen for a while.

 さて、二人の男が料理屋へ入ったのを見て、私はどうしたかといいますと、これが小説だと、その料理屋の女中にいくらか握らせて、二人の隣の部屋へ案内してもらい、ふすまに耳をあてて話し声でも聞く処なんでしょうが、滑けいですね、私はその時料理屋へ上る丈けの持合せがなかったのですよ。

Well, seeing that two men went to the restaurant, what I said was that if this is a novel, let some of the woman in the restaurant hold it to the room next to the two It would be a place to get directions, listen to the bran and listen even in a spoken voice, but it was slippery, and I had no time to go up to the restaurant then.

財布の中には汽車の往復切符の半分と、たしか一円足らずの金しか入っていなかったのです。

The wallet contained only half of the train's round trip tickets and only a little less than a dollar of money.

そうかといって、あまりに不思議なことで、警察へ届けるという決断もつかず、またそんなことをしている内に、逃げられるという心配もあったものですから、御苦労様にも、私は料理屋の前にじっと張番をしていました。

Oh, it is so strange that it is not possible to decide to deliver it to the police, and while doing such a thing, I was worried that I could escape, so I would like to say I used to hold on to the front.

 そうして色々と考えて見ますと、どうもこれは、あの時最初に来た巡査がにせ物だったと同じ様に、あとから来た巡査も、あの泥坊を捕まえてやるといった方のですね、それもにせ物だったと見る外はありません。

Then I think about it in various ways, and this is the same as the first policeman who came at that time, and the ones who come after him catch up with that mudbo, aren't they? There is nothing out of it to be fake.

実にうまく考えたものですね。

It was something that I thought really well.

前の半分はよくある奴でさして珍しくもないでしょうが、あと半分、つまりにせ物の次に又同じにせ物を出すという手は、如何にもよく出来てますよ。

The former half is a common man and it will not be uncommon, but the other half, that is, the way to put out the same fake after the fake, is well done.

同じからくりが二つも重なっていようとは、一寸考えられませんし、それに相手がおまわりさんですから、今度こそ本物だろうと、たれしも油断しまさあね。

It is hard to think that the same entanglement is two overlapping, and because the other party is a police officer, if this is a real thing this time, I will be off guard as well.

こうしておけば、ほんとうの警察に知れるのはずっとあとになり、十分遠くまで逃げることが出来ますからね。

In this way, it will be a long time since real police knowing, and you can flee far enough.

 ところが、そう考えてふと気がついたのは、若し奴等二人が同類だとすると、一寸|辻つまの合ない点があることです。

However, when I thought so, I realized that, if two young people are the same kind, there is a point where the two do not meet.

ええ、そうですよ。

Yes, that's right.

その点ですよ。

That's the point.

教会の主任はあれから警察へ度々出頭したのですから、あとの巡査がにせ物だったらすぐ分るはずです。

The chief of the church has often appeared in the police since that time, so if the other constables are fakes, they should know right away.

さあ、私は何が何だかさっぱり訳が分らなくなって終いました。

Well, I ended up having no idea what it was.

 一時間も待ったでしょうかね。

Did you wait for an hour?

やがて二人は赤い顔をして料理屋から出て来ました。

Before long they came out of the restaurant with a red face.

私は無論彼等のあとをつけました。

Of course I followed them.

彼等は盛り場を離れて段々さびしい方へ歩いて行きましたが、ある町角へ来ると、一寸立止ってうなずきあったまま、そこで二人は分れて終ったのです。

They left the area and walked to the loneliness, but when they came to a certain corner of the town, they stopped at a short distance and they were nodded, and they were finished.

私はどちらの跡をつけたものかと、大分迷いましたが、結局金を持って行った方の、つまり最初に発見した男を尾行することにしました。

I was at a loss as to which mark I put on, but I decided to follow the man who brought the money after all, that is, the first man I found.

彼はよっているので、いくらかヒョロヒョロしながら、町はずれの方へと歩いて行きます。

He's wearing, so he walks towards the end of the town while doing some humming.

あたりは益々さびしくなって尾行するのが余程難しくなって来ました。

It is getting more and more difficult to follow and become lonely.

私は半町もうしろから、なるべく軒下の影になった所を選んで、ビクビクものでついて行きました。

I chose the place which became the shadow of the eaves as much as possible from a half town, and went on with the bicbik thing.

そうして歩いている内に、いつの間にかもう人家のない様な町はずれへ出てしまったのです。

And while I was walking, I finally went out of the town without a home.

見ると行手に一寸した森があって、中に何かの社が祭ってある、鎮守の森とでもいうのでしょうね、そこへ男はドンドン入って行くではありませんか。

When you look at it, there is a forest that has a small size, and there is a company inside of it, so it's called a tranquil forest, isn't it a man to go there?

私はどうやら薄気味が悪くなって来ました。

Apparently I'm getting pale.

まさか彼奴の住居がその森の奥にある訳でもありますまい。

No way he's home is in the back of the forest.

一層断念して帰ろうかと思いましたが、折角ここまで尾行して来たのを、今更中止するのも残念ですから、私は勇気を出して、なおも男のあとをつけました。

I thought I would give up and go back, but it is a pity I would like to stop coming back here so far, so I gave up my courage and still followed the man.