文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

盗難:江戸川 乱歩(306-346)/346

作り話しみたいだというのはここのことなんです。

It's about here that you want to talk.

例のにせ札だという三百円はね、思い出の為に、それからずっと財布の底にしまっていたのですが、ある時私の女房が――こちらへ来てからもらったのです――その中の一枚をにせ札と知らずに月末の支払いに使ったのです。

The three hundred yen that is an example is a tag, but for the sake of memories, I was always at the bottom of my wallet, but at one time my wife gave me-from when I came here-that I used to pay for the end of the month without knowing one of the cards.

尤もそれはボーナス月で、私の様な貧乏人の財布にもいくらかまとまった金が入っているはずでしたから、女房の間違えたのも無理はありません。

It was a bonus month, and my poor man's wallet was supposed to contain some amount of money, so it's no wonder the wife made a mistake.

そして、何とそれが無事に通用したではありませんか。

And what ain't it really safe?

ハハハハハハ。

Ha ha ha ha ha.

どうです。

how is it.

一寸面白い話しでしょう。

It will be an interesting story.

エ、どういう訳だと仰有るのですか。

Oh, why are you asking?

いや、そいつはその後別に調べても見ませんから、今以て分りませんがね。

No, I do not know if I look into it separately afterwards, so I do not know now.

私の持っていた三百円がにせ物でなかったことだけは事実ですよ。

It is only fact that the three hundred yen I had was not fake.

あとの二枚も引続いて女房の春着代になってしまった位ですからね。

The other two have been followed by my wife's spring wear.

 泥坊の奴あの時実は本物の札を盗んでおきながら、私の尾行を逃れる為に、にせ札でもないものをにせ札だといって、私をだましたのかも知れません。

A guy who's a little boy At that time, while stealing a real tag, it may be that I am fooling me into saying something that is not a fake tag in order to escape my tailings.

ああして、惜しげもなくほうり出して見せれば、それも十円や二十円のはした金ではないのですから、たれしも一寸ごまかされますよ。

Well, if you show me with no regrets, it's not 10 or 20 yen, so it will be a bit messy.

現に私も泥坊の言葉をそのまま信用してしまって、別段深く調べても見なかったのです。

In fact, I too relied on the word of the pious, I did not see it even if I investigated it in another depth.

しかし、そうだとすると、主任をうたぐったのは実に済まない訳です。

However, if so, it is not really good to say the boss.

それから、もう一人の、泥坊を捕まえてやるといった巡査ですね。

Then another police officer who catches a poop.

あれは一体本物なのでしょうか、にせ物なのでしょうか。

Is that a real thing, is it a fake thing?

私が主任を疑った動機は、あの巡査が泥坊と一緒に料理屋へ上ったりしたことからですが、今になって考えて見ると、あの男は本物の巡査でありながら後になって泥坊に買収されていたのかも知れません。

The motive I doubted the chief was that the policeman went up to the restaurant with the poop, but when I think about it now, that man is a real policeman and later It may have been taken over by a pesky.

又ひょっとしたら、職務上ああして目星をつけた男とつきあって、つまり探偵をしていたのかも知れません。

Also, maybe it was because I had a job with a man who gave me a good job, that is, I was a detective.

主任の日頃の行状が行状だったものですから、私はついあんな風に断定して終ったのですけれど。

Because the usual behavior of the boss was a line, I decided in a very similar way.

 その他にも、まだ色々の考え方がありますよ。

There are also many other ideas.

たとえば泥坊の奴にせ札のつもりで、うっかりほかの本物を私に渡したと考えられないこともありませんからね。

For example, I'm going to put a tag on a guy who's a little boy, and I can't think that I accidentally handed me another real thing.

いや、結末が甚だぼんやりしていて、話しのまとまりがつかない様ですが、ナアニ、若し探偵小説になさるのだったら、この内どれかにきめて終えばいい訳ですよ。

No, the end is so dumb and it seems that the story is unmarried, but Naani, if it is a young detective story, it is good to finish it in any of these.

いずれにしても面白いじゃありませんか。

Anyway, isn't it interesting?

……兎に角、私は泥坊からもらった金で女房の春着を買った訳ですね。

...... To my horn, I bought a wife's spring clothes with the money I got from a nasty boy.

ハハハハハハ。

Ha ha ha ha ha.

底本:「江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者」光文社文庫、光文社

Somoto: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 1 A Walk in the Attic" Koubunsha Bunko, Koubunsha

   2004(平成16)年7月20日初版1刷発行

July 20, 2004 First edition 1 print issued

   2012(平成24)年8月15日7刷発行

August 15, 2012 7 edition issuance

底本の親本:「江戸川乱歩全集 第三巻」平凡社

The main book of the bottom book: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 3" Heibonsha

   1932(昭和7)年1月

January 1932 (Showa 7)

初出:「写真報知」報知新聞社

First appearance: "Photo notice" notice newspaper company

   1925(大正14)年5月15日

May 15, 1925 (Taisho 14)

※「何だか」と「なんだか」の混在は、底本通りです。

※ The mixture of "what is it" and "what is it" is the main text.

※底本巻末の平山雄一氏による註釈は省略しました。

※ The commentary by Yuichi Hirayama at the end of the book is omitted.

入力:門田裕志

Input: Hiroshi Kadota

校正:江村秀之

Calibration: Hideyuki Emura

2017年11月24日作成

Created November 24, 2017

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the Internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were the ones who took part in input, proofreading and production.