文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

白昼夢:江戸川 乱歩(45-147)/147

 誰かが「ようよう、御馳走さまッ」と叫んだ。

Someone shouted, "Yeah, treat."

そして、笑声。

And laughs.

「みなさん」男はそんな半畳などを無視して続けた。

"Everyone," the man ignored such half mats and continued.

「あなた方が、若し私の境遇にあったら一体どうしますか。

"What would you do if you were in my situation?

これが殺さないでいられましょうか!」

Let's not kill this! "

「……あの女は耳隠しがよく似合いました。

"... That girl looked good in a blindfold.

自分で上手に結うのです……鏡台の前に坐っていました。

I'm really good at myself ... I was sitting in front of the mirror.

結い上げた所です。

It is the place where I was raised.

綺麗にお化粧した顔が私の方をふり向いて、赤い脣でニッコリ笑いました」

The beautifully dressed face turned to me and smiled with a red rose. "

 男はここで一つ肩を揺り上げて見えを切った。

The man rocked his shoulder here and cut off his sight.

濃い眉が両方から迫って凄い表情に変った。

A strong brow rushed from both sides and turned into an ugly expression.

赤い脣が気味悪くヒン曲った。

The red rose is weirdly hinky.

「……俺は今だと思った。

"... I thought it was now.

この好もしい姿を永久に俺のものにして了うのは今だと思った」

I thought it would be the time to finish making this good figure my forever

「用意していた千枚通しを、あの女の匂やかな襟足へ、力まかせにたたき込んだ。

"I threw in a thousand pieces of paper that I had prepared, into that woman's neckline, with force.

笑顔の消えぬうちに、大きい糸切歯が脣から覗いたまんま……死んで了った」

In the face of a smile, a large thread incisor came out of my eyebrow ... I finished dying. "

 賑かな広告の楽隊が通り過ぎた。

A bustling band of advertising passed by.

大喇叭が頓狂な音を出した。

Oiso made a crazy noise.

「ここはお国を何百里、離れて遠き満洲の」子供等が節に合せて歌いながら、ゾロゾロとついて行った。

"Hundreds from here in the country, far away and full of joy," the children followed Zorozoro while singing along the verse.

「諸君、あれは俺のことを触廻っているのだ。

"You are touching me about that.

真柄太郎は人殺しだ、人殺しだ、そういって触廻っているのだ」

Shinji Taro is a murderer, a murderer, and I feel so touched. "

 又笑い声が起った。

Laughter arose again.

楽隊の太鼓の音丈けが、男の演説の伴奏ででもある様に、いつまでもいつまでも聞えていた。

The sound of the drums of the band, as well as the accompaniment of the men's speech, was heard forever.

「……俺は女房の死骸を五つに切り離した。

"... I split my wife's corpse into five.

いいかね、胴が一つ、手が二本、足が二本、これでつまり五つだ。

No, I have one torso, two hands, two legs, that is five.

……惜しかったけれど仕方がない。

... I was sad but I can not help it.

……よく肥ったまっ白な足だ」

...... It's a very fat and well-worn foot. "

「……あなた方はあの水の音を聞かなかったですか」男は俄に声を低めて云った。

"... Didn't you hear the sound of that water?" The man lowered his voice.

首を前につき出し、目をキョロキョロさせながら、さも一大事を打開けるのだといわぬばかりに、「三七二十一日の間、私の家の水道はザーザーと開けっぱなしにしてあったのですよ。

"I've had my house's water supply open with Zather for three hundred seventy-two days, as I put my neck forward, and let my eyes go down, and I think I'm going to make it even more important. Oh.

五つに切った女房の死体をね、四斗樽の中へ入れて、冷していたのですよ。

The corpse of the wife, which had been cut into five, was put into the four barrels and cooled.

これがね、みなさん」ここで彼の声は聞えない位に低められた。

This is everyone, "his voice was lowered to the point where it can not be heard here.

「秘訣なんだよ。

"It's a secret.

秘訣なんだよ。

It's a secret.

死骸を腐らせない。

I will not rot my corpse.

……屍蝋というものになるんだ」

...... It will be something like wax. "

「屍蝋」……ある医書の「屍蝋」の項が、私の目の前に、その著者の黴くさい絵姿と共に浮んで来た。

"屍" ... a section of "屍" in a medical book floated in front of my eyes with the scintillating picture of the author.

一体全体、この男は何を云わんとしているのだ。

What the hell is this guy talking about?

何とも知れぬ恐怖が、私の心臓を風船玉の様に軽くした。

An infallible fear made my heart light like a balloon.

「……女房の脂ぎった白い胴体や手足が、可愛い蝋細工になって了った」

"The wife's greasy white torso and limbs are finished with cute waxwork"

「ハハハハハ、お極りを云ってらあ。

"Ha ha ha ha ha, come and talk about me.

お前それを、昨日から何度おさらいするんだい」誰かが不作法に怒鳴った。

You're going to rehearse it many times from yesterday, "someone yelled at a bad manner.

「オイ、諸君」男の調子がいきなり大声に変った。

"Oy, you," the man's condition suddenly turned loud.

「俺がこれ程云うのが分らんのか。

"Did I know what I said so much?

君達は、俺の女房は家出をした家出をしたと信じ切っているだろう。

You will believe that my wife has gone home.

ところがな、オイ、よく聞け、あの女はこの俺が殺したんだよ。

However, Oy, listen often, that woman killed me.

どうだ、びっくりしたか。

How are you surprised?

ワハハハハハハ」

Wahahahahahaha "

 ……断切った様に笑声がやんだかと思うと、一瞬間に元の生真面目な顔が戻って来た。

...... When I thought that the laughing voice was silent, the original serious face came back in a moment.

男は又囁き声で始めた。

The man started again with a roar.

「それでもう、女はほんとうに私のものになり切って了ったのです。

"Yeah, the woman really ended up being mine.

ちっとも心配はいらないのです。

I do not need to worry a bit.

キッスのしたい時にキッスが出来ます。

You can make a kiss when you want a kiss.

抱き締めたい時には抱きしめることも出来ます。

When you want to hug you can hug it.

私はもう、これで本望ですよ」

I am already desperate for this. "

「……だがね、用心しないと危い。

"... but I'm afraid I'm not careful.

私は人殺しなんだからね。

I'm a murderer.

いつ巡査に見つかるかしれない。

I can not find it when I can find it.

そこで、俺はうまいことを考えてあったのだよ。

So I was thinking of good things.

隠し場所をね。

Look for a secret place.

……巡査だろうが刑事だろうが、こいつにはお気がつくまい。

...... It will be a policeman but a detective, but I will not notice this.

ホラ、君、見てごらん。

Hora, look at you.

その死骸はちゃんと俺の店先に飾ってあるのだよ」

The corpse is properly decorated in my storefront. "

 男の目が私を見た。

The eyes of a man looked at me.

私はハッとして後を振り向いた。

I turned around looking back.

今の今まで気のつかなかったすぐ鼻の先に、白いズックの日覆……「ドラッグ」……「請合薬」……見覚えのある丸ゴシックの書体、そして、その奥のガラス張りの中の人体模型、その男は、何々ドラッグという商号を持った、薬屋の主人であった。

In the tip of the nose that I did not notice until now, the sun cover of white Zuk ... "Drug" ... "Consulting drug" ... The familiar Gothic Gothic style and the inside of the glazed inside The man-in-the-man, the man, was the owner of the drugstore, who had the trade name Drugs.

「ね、いるでしょう。

"Yeah, I will be there.

もっとよく私の可愛い女を見てやって下さい」

Please do look at my pretty girl better "

 何がそうさせたのか。

What did you do?

私はいつの間にか日覆の中へ這入っていた。

I was in the middle of nowhere in the sun.

 私の目の前のガラス箱の中に女の顔があった。

There was a woman's face in the glass box in front of me.

彼女は糸切歯をむき出してニッコリ笑っていた。

She was smiling laughing with her thread incised.

いまわしい蝋細工の腫物の奥に、真実の人間の皮膚が黒ずんで見えた。

In the back of the embarrassing waxy mass, the skin of the true human looked dark.

作り物でない証拠には、一面にうぶ毛が生えていた。

Unspoken evidence was that it had bald hair on one side.

 スーッと心臓が喉の所へ飛び上った。

Soo's heart jumped to the throat.

私は倒れ相になる身体を、危くささえて日覆からのがれ出した。

I was dangerously out of the sun, as I fell over the body that fell over.

そして、男に見つからない様に注意しながら、群集の側を離れた。

Then he left the crowd, being careful not to find him.

 ……ふり返って見ると、群集のうしろに一人の警官が立っていた。

... Looking back, one policeman was standing behind the crowd.

彼も亦、他の人達と同じ様にニコニコ笑いながら、男の演説を聞いていた。

He also listened to the man's speech while laughing as if he was smiling.

「何を笑っているのです。

"What are you laughing at?

君は職務の手前それでいいのですか。

Are you fine in front of your job?

あの男のいっていることが分りませんか。

Do you not understand what that man is saying?

嘘だと思うならあの日覆の中へ這入って御覧なさい。

If you think it's a lie, take a look into that day.

東京の町の真中で、人間の死骸がさらしものになっているじゃありませんか」

In the middle of the city of Tokyo, human corpses are exposed.

 無神経な警官の肩を叩いて、こう告げてやろうかと思った。

I hit the shoulders of the insensitive policeman, and I thought I would tell him.

けれど私にはそれを実行する丈けの気力がなかった。

But I didn't have the energy to do it.

私は眩暈を感じながらヒョロヒョロと歩き出した。

I walked out with a feeling of dizziness.

 行手には、どこまでもどこまでも果しのない白い大道が続いていた。

On the side of the line, endless endless white streets continued.

陽炎が、立並ぶ電柱を海草の様に揺っていた。

The yang flame shook the telephone poles in a row like seaweed.

底本:「江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者」光文社文庫、光文社

Somoto: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 1 A Walk in the Attic" Koubunsha Bunko, Koubunsha

   2004(平成16)年7月20日初版1刷発行

July 20, 2004 First edition 1 print issued

   2012(平成24)年8月15日7刷発行

August 15, 2012 7 edition issuance

底本の親本:「江戸川乱歩全集 第五巻」平凡社

The main book of the bottom book: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 5" Heibonsha

   1931(昭和6)年7月

July 1931 (Showa 6)

初出:「新青年」博文館

First appearance: "New Youth" Hakubunkan

   1925(大正14)年7月

July 1925 (Taisho 14)

※初出時の表題は「小品二篇 その一 白昼夢」です。

※ Title at the time of the first appearance is "small item 2 篇 part 1 day daydream".

※底本巻末の編者による語注は省略しました。

※ We have omitted the word notes by the editor at the end of the book.

入力:門田裕志

Input: Hiroshi Kadota

校正:A.K

Calibration: AK

2016年6月10日作成

Created on June 10, 2016

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the Internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were the ones who took part in input, proofreading and production.