文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

夢遊病者の死:江戸川 乱歩(77-126)/305

「今帰ったよ。

"I'm back now.

やれやれよく降ることだ」

It's about doing well. "

 近頃では、その声を聞くと彼はゾーッと寒気を感じるのだ。

Nowadays, he feels chilly when he hears his voice.

 父親は雨で汚れた靴の始末をして了うと、やれやれという恰好で四畳半の貧弱な長火鉢の前に坐って、濡れた紺の詰襟の上衣を脱いで、クレップシャツ一枚になり、ズボンのポケットから取出した、真鍮のなたまめ煙管で、まず一服するのであった。

When the father cleanses the shoes soiled with rain, he sits in front of the poor long-sinked bowl of quaintness that he likes to do well, takes off his jacket of the wet collar and becomes a clep shirt, and the pocket of the pants First, I took a dose with a brass tube, which I took out from.

「彦太郎、何か煮て置いたかい」

"Hikotaro, what do you want to cook?"

 彼は父親から炊事係を命ぜられていたのだけれど、殆どそれを実行しないのだった。

He was ordered by his father to cook, but he hardly did it.

朝などでも、父親がブツブツ云いながら、自分で釜の下を焚きつける日が多かった。

Even in the morning, there were many days when my father blew up and peeked under the kettle himself.

今日とても、無論何の用意もしてないのである。

Today, of course, nothing is prepared.

「オイ、なぜ黙っとるんだ。

"Oy, why are you silent?

オヤオヤ湯も沸いていないじゃないか。

Oya Oya hot water is not boiling, either.

身体を拭くことも出来やしない」

I can not wipe my body. "

 何といって見ても、彦太郎が黙っていて答えないので、父親は仕方なく、よっこらしょと立上って、勝手|許へ下りて、ゴソゴソと夕餉の支度にとりかかるのであった。

After all, Hikotaro was silent and did not answer, so his father was compelled to stand up, selfish, and went down to forgiveness, and set out for Gosogoso and the evening meal.

 その気配を感じながら、じっと机の前の壁を見つめている彦太郎の胸の中は、憎しみとも悲しみとも、何とも形容の出来ない感情の為に、煮え返るのである。

In the heart of Hikotaro staring at the wall in front of the desk while feeling the sign, he simmers for both hate and sadness because of an indescribable feeling.

天気のよい日なれば、こういう時には、何も云わずにプイと外へ出て、その辺を足にまかせて歩き廻るのだけれど、今日はそれも出来ないので、いつまでもいつまでも、雨もりで汚れた壁と睨めっくらをしている外はない。

If it is a fine day, I would like to go outside without saying anything and leave the area on my feet and walk around, but I can not do it today, so it will be raining and dirty forever There is no one outside who is clinging to the wall.

 やがて、鮭の焼いたので貧しい膳立てをした父親が、それ丈けが楽しみの晩酌にと取りかかるのである。

Before long, his father, who was poor because he had grilled his persimmon, started to set in his supper for pleasure.

そして、一本の徳利を半分もあけた頃になると、ボツボツと元気が出て、さて、お極りのお談義が始まるのだ。

And, when it was about half of a bottle of bottled sake, Bochotsu and spirit came out, and the talk of the end began.

「彦太郎、一寸ここへお出で、……どういう訳で、お前は俺のいうことに返事が出来ないのだ。

"Hikotaro, one inch out here, ... why is it that you can not reply to me.

ここへ来いといったら来るがいいじゃないか」

If you say you want to come here, you should come. "

 そこで、彼は仕方なく机の前に坐ったまま、向き丈けを換えて、始めて父親の方を見るのだが、そこには、頭の禿と、顔の皺とを除くと、彼自身とそっくりの顔が、酒の為に赤くなって、ドロンとした目を見はっているのである。

So, he sat down in front of the desk, turned around, turned up, and looked at his father for the first time, except for his head and head, and he and himself. The exact face turns red for sake, and it looks like a drone.

「お前は毎日そうしてゴロゴロしていて、一体恥しくないのか……」と、それから長々とよその息子の例話などがあって、さて「俺はな、お前に養って呉れとは云わない。

"Are you doing this every day so you are not ashamed ...", and then there is a long story of a son of his son, "I am, I will feed you and be a yearning. I do not say.

ただ、この老耄の脛噛りをして、ゴロゴロしていることだけは、頼むから止めてくれ、どうだ分ったか。

However, I asked him to just stop asking this old woman's shin and bite it.

分ったのか分らないのか」

Did I know or not? "

「分ってますよ」すると彦太郎がひどい剣幕で答えるのだ。

"I know," Hikotaro answers with a terrible sword.

「だから、一生懸命就職口を探しているのです。

"So I'm looking for a job.

探してもなければ仕方がないじゃありませんか」

I can not help if I don't look for it. "

「ないことはあるまい。

"There is nothing to do.

此間××さんが話して下すった口を、お前はなぜ断って了ったのだい。

Why did you give up on the mouth that Mr. Kasama xxx talked about?

俺にはどうもお前のやることはさっぱり分らない」

I have no idea what you do. "

「あれは住み込みだから、厭だと云ったじゃありませんか」

"Don't you say that it is a habit because it lives in?"

「住み込みが何故いけないのだ。

"Why not live in?

通勤だって住み込みだって、別に変りはない筈だ」

Even commuting to live, it should be no different. "

「…………」

"......"

「そんな贅沢がいえた義理だと思うか。

"Don't you think that such a luxury is good-in-law?

先のお店をしくじったのは何が為だ。

What made me miss the previous store?

みんなその我儘からだぞ。

Everyone's that.

お前は自分ではなかなか一人前の積りかも知れないが、どうして、まだまだ何も分りゃしないのだ。

You may find yourself alone, but why don't you know anything?

人様が勧めて下さる所へハイハイと云って行けばいいのだ」

You can go high and high to where people recommend. "

「そんなことを云ったって、もう断って了ったものを、今更ら仕様がないじゃありませんか」

"What I said was that I already refused, I think there are no more specifications."

「だから、だからお前は生意気だと云うのだ、一体あれを、俺に一言の相談もしないで、断ったのは誰だ。

"That's why you say you're sassy, who on the one hand refuses to consult with me a word?

自分で断って置いて、今更ら仕様がないとは、何ということだ」

What do you mean by saying that there are no more specs left by yourself?

「じゃあ、どうすればいいのです。

"Oh, what should I do?

……そんなに僕がお邪魔になるのだったら、出て行けばいいのでしょう。

...... If I get in my way so much, I should go out.

エエ、明日からでも出て行きますよ」

Oh, I will come out from tomorrow. "

「バ、馬鹿ッ。

"Ba, stupid.

それが親に対する言草か」

Is that a word for parents? "

 やにわに父親の手が前の徳利にかかると、彦太郎の眉間めがけて飛んで来る。

When my father's hand hit the former sake, he would fly in the direction of Hikitaro's Kashima.

「何をするのです」

"What do you do?"

 そう叫ぶが早いか、今度は彼の方から父親に武者ぶりついて行く。

I scream so early, but this time I will follow the warriors from him towards my father.

狂気の沙汰である。

It is a crazy loneliness.

そこで世にもあさましい親と子のとっ組合いが始まるのだ。

So there is a beginning for the parents and children's union in the world.