文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

夢遊病者の死:江戸川 乱歩(252-305)/305

 彼は驚いて窓から下を覗いて見た。

He was surprised and looked down from the window.

そして、月あかりでそこに小使の老人が死んでいるのを知った時、どんなに仰天したか。

And how I was astonished when I knew there was an old elder of the lanyard dead in the moonlight.

仮令|過ちからとはいえ俺は人殺しをやって了ったのだ。

Probable | I'm dead from killing people.

そう思うともうじっとしていられない。

When I think so, I can not stay still.

皆に知らせようか、どうしようか、とつおいつ思案をしている中に時間が経つ、若しこのまま明日の朝まで知れずにいたら、どうなるだろう。

What will happen if time goes by while thinking about how to inform everyone, how to do it, and if it is unknown until tomorrow morning when it is young.

ふと彼はそんなことを考えて見た。

Suddenly he saw such a thing.

 いうまでもなく、氷は解けて了うのだ。

Needless to say, the ice melts and ends.

中のダリヤの花丈けは残っているだろうけれど、ひょっとしたら、気付かれずに済むかも知れない。

The flowering of Dariya inside will be left, but maybe it may be unnoticeable.

それとも今から氷のかけらを拾いに行こうか。

Or let's go pick up a piece of ice from now.

いやいや、そんなことをして若し見つかったら、それこそ罪人にされて了う。

No, if you do such a thing or find it, it will end up being a sinner.

彼は床へ這入っても一晩中まんじりともしなかった。

He didn't panic all night long as he went to bed.

 ところが朝になって見ると、事件は意外な方向に進んで行った。

However, when I saw it in the morning, the incident went in a surprising direction.

朋輩から詳しい様子を聞いて、一時はこいつはうまく行ったと喜んだものの、流石に善人の彼はそうしてじっとしていることは出来なかった、自分の代りに一人の男が恐しい罪名を着せられているかと思うと、余りに空恐しかった。

I heard from the fellows that he was happy at the moment that he did well but at the same time he could not stand still as a good man, one man had a horrible sin name instead of himself I was too scared to think that I was dressed.

それに又、そうして一時は免れることが出来てもいずれ真実が暴露する時が来るに相違なかった。

Also, although it could be avoided for a while, there must be time for the truth to be exposed.

そこで彼は今は意を決して署長の所へやって来た。

So he now came to the head of the chief with no intention.

という訳であった。

It was a translation.

 これを聞いた人々は、余りに意外な、そして又余りにあっけない事実に、暫くはただ顔を見合せているばかりであった。

Those who heard this were only just looking at the facts that were too surprising and too improbable.

 それにしても彦太郎は早まったことをしたものである。

Even so, Hikotaro did something early.

その時は彼が逃亡してからまだ三十分も経っていないのだった。

At that time it had not been thirty minutes since he escaped.

それとも又、彼が、いや彼でなくとも、刑事なり伯爵家の人達なりが、あの杉の根許に落ちていた一束のダリヤの花にもっとよく注意したならば、そしてその意味を悟ることが出来たならば、彦太郎は決して死ななくとも済んだのである。

Or again, if he or not, neither the detective nor the men of the family, paid more attention to a bunch of Dariya flowers that had fallen in the root of that cedar, and realize that If it were possible, Hikotaro would have never died.

「併しおかしいねえ」暫くしてから警察署長が妙な顔をして云った。

After a while, the police chief said a strange face.

「この足跡はどうしたというのだろう。

"What is this footprint?

それから、死人の息子はなぜ逃亡したのだろう」

Then why did the dead son escape? "

「分りましたよ、分りました」丁度この時問題の桐の下駄を穿き試みていた一人の刑事がそれに答えて叫んだ。

"I understand, I understand," one of the detectives who tried to put on the clogs of the problem just cried in response.

「足跡はなんでもないのです。

"There is no footprint.

この下駄を穿いて見ると分りますがね。

You can see if you wear this clog.

割れているのですよ。

It's broken.

見た所別状ない様ですけれど、穿いて見ると真中からひび割れていることが分るのです。

It looks like I saw it, but I can see that it is cracked from the middle when I look at it.

もう一寸で離れて了い相です。

It's just one more step away.

誰だってこんな下駄を穿いているのは気持がよくありませんからな。

I don't feel like everyone is wearing such clogs.

きっと被害者が庭を歩いている内にそれに気づいて穿き換えたのですよ」

Surely while the victim was walking in the garden it noticed it and changed it. "

 若しこの刑事の想像が当っているとすると、彼等は今まで被害者自身の足跡を見て騒いでいた訳である。

If the imagination of this detective is correct, they have been disturbingly seeing the victim's own footprint until now.

何という皮肉な間違いであろう。

What an ironic mistake.

多分それは、殺人が行われたからには犯人の足跡がなければならぬという尤もな理窟が彼等を迷わしたのではあろうけれど。

Perhaps that would have been a plagiarism that they should have the footprints of the perpetrators since the murder took place.

 その翌々日、M伯爵家の門を二つの棺が出た。

Two days later, two spears appeared at the gate of the M family.

いうまでもなく、不幸なる夢遊病者彦太郎とその父親を納めたものである。

Needless to say, it is the one that paid the unfortunate dreamer sick person Hikotaro and his father.

噂を聞いた世間の人達は、だれもかれも、彼等親子の変死を気の毒がらぬものはなかった。

None of the people in the world who heard the rumor had anything that did not disappoint the strange death of their parents and children.

だが、あの時彦太郎がなぜ逃亡を試みたかと云う点だけは、永久に解くことの出来ない謎として残されていた。

However, the point that why Tokihikotaro tried to escape was left as a mystery that can not be solved forever.

底本:「江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者」光文社文庫、光文社

Somoto: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 1 A Walk in the Attic" Koubunsha Bunko, Koubunsha

   2004(平成16)年7月20日初版1刷発行

July 20, 2004 First edition 1 print issued

   2012(平成24)年8月15日7刷発行

August 15, 2012 7 edition issuance

底本の親本:「江戸川乱歩全集 第一巻」平凡社

The main book of the bottom book: "Edogawa Ranpo Complete Works First Volume" Heibonsha

   1931(昭和6)年6月

June 1931 (Showa 6)

初出:「苦楽」プラトン社

First appearance: "Bitter pain" Plato company

   1925(大正14)年7月

July 1925 (Taisho 14)

※初出時の表題は「夢遊病者彦太郎の死」です。

※ The title at the time of the first appearance is "death of Yumeyu Hikotaro."

※底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

※ The bottom book is making a large number of "a" (ku number 5-86) used when counting things and place names.

※底本巻末の平山雄一氏による註釈は省略しました。

※ The commentary by Yuichi Hirayama at the end of the book is omitted.

入力:門田裕志

Input: Hiroshi Kadota

校正:江村秀之

Calibration: Hideyuki Emura

2017年9月24日作成

Created on September 24, 2017

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the Internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were the ones who took part in input, proofreading and production.