文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

百面相役者:江戸川 乱歩(88-132)/292

 僕がうしろの方にしようというのに、Rはなぜか、土間のかぶりつきの所へ席をとったので、僕達の目と舞台の役者の顔とは、近くなった時には、殆ど一間位しか隔っていないのだ。

When I was going to be behind, R took a seat at the cover of the dirt for some reason, so when we got close to the eyes of the actors of the stage and the eyes of the stage, it was almost an instant There is only a gap.

だから、こまかい所までよく分る。

So, I know the place well.

ところが、そんなに近くにいても、百面相役者の変装は、ちっとも見分けられない。

However, even if it is so close, disguise of a side actor can not be identified at a glance.

女なら女、老人なら老人に、なり切っているのだ。

A woman is a woman, and an old man is an old man.

例えば、顔のしわだね。

For example, wrinkles on the face.

普通の役者だと、絵具で書いているので、横から見ればすぐばけの皮が現れる。

If you're a regular actor, you're writing with paint, so the sidebars will appear as you see from the side.

ふっくらとしたほおに、やたらに黒い物をなすってあるのが、滑稽に見える。

The plump cheeks and the black ones seem to be humorous.

それがこの百面相役者のは、どうしてあんなことが出来るのか、本当の肉に、ちゃんとしわがきざまれているのだ。

That's why this one-man-in-a-mo-do is well-wrinkled in the real meat, how you can do that.

そればかりではない。

Not only that.

変装する毎に、顔形がまるで変って了う。

Each time you disguise, your face shape changes completely.

不思議で堪まらなかったのは、時によって、丸顔になったり、細面になったりする。

It is strange and unbearable, sometimes it becomes round face and it becomes fine face.

目や口が大きくなったり小さくなったりするのは、まだいいとして、鼻や耳の恰好さえひどく変るのだ。

It's still good for eyes and mouth to grow and shrink, but even the snoring of the nose and ears will change dramatically.

僕の錯覚だったのか、それとも何かの秘術であんなことが出来るのか、未だに疑問がとけない。

I still wondered if it was my illusion or could I do that with some kind of arcane?

 そんな風だから、舞台に出て来ても、これが百面相役者ということは、想像もつかぬ。

That's why it's hard to imagine that this would be a sideliner even if you come out to the stage.

ただ番附を見て、僅かにあれだなと悟る位のものだ。

Just look at the guards and realize that it is a little more.

あんまり不思議なので、僕はそっとRに聞いて見た。

It was so strange that I softly asked R to see it.

「あれは本当に同一人なのでしょうか。

"Is that really the same person?

若しや、百面相役者というのは、一人ではなくて、大勢の替玉を引っくるめての名称で、それが代るがわる現れているのではないでしょうか」

If you are a member of the Hakumen side, it's not the name of a single person, but rather a name that grabs a large number of spare balls, so it may be appearing to be substituted. "

 実際僕はそう思ったものだ。

Actually I thought so.

「いやそうではない。

"It's not so bad.

よく注意してあの声を聞いてごらん。

Be careful and listen to that voice.

声の方は変装のようには行かぬかして、巧みに変えてはいるが、皆同一音調だよ。

The voices don't go like disguise, and they change skillfully, but they all have the same tone.

あんなに音調の似た人間が幾人もあるはずはないよ」

There should be no such people with similar tones. "

 なる程、そう聞けば、どうやら同一人物らしくもあった。

The more you ask, the more you look like they are the same person.

「僕にしたって、何も知らずにこれを見たら、きっとそんな不審を起したに相違ない」Rが説明した。

"If you look at this without knowing anything, I must surely have made such a suspicious," R explained.

「ところが、僕にはちゃんと予備知識があるんだ。

"Well, I have a good background.

というのは、この芝居が蓋を開ける前にね、百面相役者の××が、僕の新聞社を訪問したのだよ。

For example, before this play opened the lid, one hundred face actor ×× visited my newspaper company.

そして、実際僕等の面前で、あの変装をやって見せたのだ。

And actually, in the presence of us, I showed that disguise.

外の連中は、そんなことに余り興味がなさそうだったけれど、僕は実に驚嘆した。

The guys out there weren't so interested in that, but I was really surprised.

世の中には、こんな不思議な術もあるものかと思ってね。

I wonder if there is such a mysterious art in the world.

その時の××の気焔がまた、なかなか聞きものだったよ。

The mood of the time of ×× was also a good thing to hear again.

まず欧米における変装術の歴史を述べ、現在それが如何に完成の域に達しているかを紹介し、だが、我々日本人には、皮膚や頭髪の工合で、そのまま真ねられない点が多いので、それについて如何に苦心したか、そして、結局、どれ程|巧にそれをものにしたか、という様なことを実に雄弁にしゃべるのだ。

First I will describe the history of disguise in the US and Europe, and introduce how it has reached the stage of completion now, but we Japanese have many points that can not be true as they are skin and hair care. Indeed, it speaks eloquently how hard it was about it, and how much | after all, how well it was done.

団十郎だろうが菊五郎だろうが、日本広しといえどもおれにまさる役者はないという鼻息だ。

It will be Dan Juro, but it will be Kikugoro, but it is a sigh that there are no actors who surpass the Japanese spread and the world.

何でもこの町を振り出しに、近く東京の檜舞台を踏んで、その妙技を天下に紹介するということだった。

Starting with this town, I was about to step on the stage of Tokyo and introduce the art to the world.

(彼はこの町の産なのだよ)その意気や愛すべしだが、可哀相に、先生芸というものを、とんだはき違えで解釈している。

(He is the birthplace of this town.) That spirit and love is good, but it is a mischievous aspect, and is interpreting the teacher's skill and misunderstanding.

何よりも巧に化けることが、俳優の第一条件だと信じ切っている。

I believe that the first condition of the actor is to be more sophisticated than anything else.

そして、かくの如く化ける事の上手な自分は、いうまでもなく天下一の名優だと心得ている。

And, of course, I am well aware that I am good at becoming a masterpiece of the world.

田舎から生れる芸にはよくこの類のがあるものだね。

This kind of art is often found in the countryside.

近くでいえば、熱田の神楽獅子などがそれだよ。

Speaking of nearby, Atsuta Kagura Yuko and so on.

それはそれとして、存在するだけの値うちはあるのだけれど……」

As it is, there is a value that only exists ... "

 このRのくわしいちゅう釈を聞いてから、舞台を見ると、そこにはまた一層の味わいがあった。

When I saw the stage after listening to this R's explanation, there was more flavor there.

そして見れば見る程、益々深く百面相役者の妙技に感じた。

And the more I looked at it, the more deeply I felt it was the skill of the side actor.

こんな男が若し本当の泥坊になったら、きっと、永久に警察の目をのがれることが出来るだろうとさえ思われた。

It was even thought that if such a man had become a real mess, he would be able to look out for the police forever.

 やがて、芝居は型の如くクライマックスに達し、カタストロフィに落ちて、惜しい大団円を結んだ。

Eventually, the play reached a climax like a mold, fell into a catastrophe, and tied a lonely big circle.

時間のたつのを忘れて、舞台に引きつけられていた僕は、最後の幕がおり切って終うと、思わずハッと深いため息をついたことだ。

Forgetting the time, I was attracted to the stage, and when the final curtain came to an end, I had an unexpected deep sigh.