文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

百面相役者:江戸川 乱歩(214-292)/292

では、あの百面相役者の、その名にふさわしい幾多の変装姿はそれぞれに、かつてこの世に実在した人物だったのか。

Then, were the many disguises worthy of the name of that Hakumin-Hajime each a person who once existed in this world?

 僕は、あまりのことに、自分の判断力を疑った。

I doubted my judgment for so much.

その時の、Rや僕の理論に、どこか非常なさくごがあるのではないかと疑った。

At that time, I doubted that there would be a very large group in R and my theory.

一体「人肉の面」を被って、平気で芝居を演じ得る様なそんな残酷な人鬼が、この世に存在するであろうか。

Is there such a cruel man on the world who can play a play without hesitation in the face of "human flesh"?

だが、考えるに随って、どうしても、その外には想像のつけようがないことが分って来た。

But when I think about it, I have come to realize that there is no way I can imagine beyond that.

僕は一時間前に、現にこの目で見たのだ。

One hour ago I actually saw it with my eyes.

そして、それと寸分違わぬ人物が、ここに写真の中に居るのだ。

And there is a person who is not so different from that in the picture here.

またRにしても、彼は日頃冷静を誇っている程の男だ。

Even if R, he is a man who is proud of his daily coolness.

よもやこんな重大な事柄を、誤って判断することはあるまい。

It is not wrong to judge such a serious matter.

「若しこの想像が当っているとすると(実際この外に考え様がないのだが)すてておく訳には行かぬ。

"If this imagination is true (though there is no way to think outside of this), I can not go away.

だが、今すぐこれを警察に届けたところで相手にして呉れないだろう。

But if you deliver this to the police right away, you won't fall in love with him.

もっと確証を握る必要がある。

We need to be more sure.

例えば百面相役者のつづらの中から、「人肉の面」そのものを探し出すという様な。

For example, it is like finding out "the face of human flesh" itself from among the characters of the one-sided actor.

ところで、幸い僕は新聞記者だし、あの役者に面識もある。

By the way, fortunately I am a newspaper reporter and I am acquainted with that actor.

これは一つ、探偵の真似をして、この秘密をあばいてやろうかな。

This is one, imitating a detective, I wonder if this secret will be scolded.

……そうだ。

……That's it.

僕は明日からそれに着手しよう。

I will start it tomorrow.

若しうまく行けば、親戚の老ばの供養にもなることだし、また社に対しても非常な手柄だからね」

If it works well, it will also serve as a service for the old relatives, and it is also a great deal for the company. "

 遂にはRは、決然として、こういう意味のことをいった。

Finally, R decided on the meaning of this.

僕も確それに賛意を表した。

I certainly gave it a favor.

二人はその晩二時頃までも、非常に興奮して語り続けた。

The two kept talking very excitedly until about 2 o'clock that evening.

 さあそれからというものは、僕の頭はこの奇怪な「人肉の面」で一杯だ。

Now, from that point on, my head is full of this bizarre "human flesh side".

学校で授業をしていても、家で本を読んでいても、ふと気がつくと、いつの間にかそれを考えている。

Even if I'm teaching at school or reading a book at home, when I notice it, I think about it for some time.

Rは今頃どうしているだろう。

What will R do now?

うまくあの役者に近くことが出来たかしら。

I wish I could get close to that actor.

そんなことを想像すると、もう一刻もじっとしていられない。

Imagine that, I can not stand still for a moment.

そこで、確芝居を見た翌々日だったかに、僕はまたRを訪問した。

So I visited R again, it was two days after I saw a good show.

 行って見ると、Rはランプの下で熱心に読書していた。

When I went and saw, R was reading hard under the lamp.

本は例によって、篤胤の「鬼神論」とか「古今妖魅考」とかいう種類のものだった。

The book was, according to an example, the kind of Atsumi's "Onishin theory" or "old days now sorcery".

「ヤ、この間は失敬した」

"Y, this time I was disappointed."

 僕があいさつすると、彼は非常に落ついてこう答えた。

When I said hello, he answered very much,

僕はもう、ゆっくり話しの順序など考えている余裕はない。

I can not afford to think about the order of talking slowly.

すぐ様例の問題を切り出した。

I immediately cut out the example problem.

「あれはどうでした。

"How was that?

少しは手がかりがつきましたか」

Did you get some clues? "

 Rは少しけげん相な顔で、

R has a slightly clumsy face,

「あれとは?」

"What is that?"

「ソラ、例の『人肉の面』の一件ですよ。

"It's a case of Sora, an example of" human flesh. "

百面相役者の」

A hundred face minions'

 僕が声を落してさも一大事という調子で、こう聞くとね。

I heard that I dropped my voice and it was very important.

驚いたことには、Rの顔が妙に歪み出したものだ。

To my surprise, R's face is strangely distorted.

そして、今にも爆発しようとする笑声を、一生懸命かみ殺している声音で、

And, with the voice sound that is killing the vigor that tries to explode now,

「アア『人肉の面」か、あれはなかなか面白かったね」

"Aa, the face of the human flesh, it was quite interesting."

 というのだ。

It is said.

僕は何だか様子が変だと思ったけれど、まだ分らないで、ボンヤリと彼の顔を見つめていた。

I thought something was weird, but I was staring at Bonnari and his face without knowing yet.

すると、Rにはその表情が余程間が抜けて見えたに相違ない。

Then, it must be that the expression was seen to the end of R so much.

彼はもう堪まらないという様子で、矢庭にゲタゲタ笑い出したものだ。

It seems that he is unbearable, and he makes a laugh at Yanabi.

「ハハハハハ、あれは君、空想だよ。

"Hahahahaha, that's your fantasy.

そんな事実があったら、さぞ愉快だろうという僕の空想に過ぎないのだよ。

It's just my fantasies that it would be fun if there were such a fact.

……成る程、百面相役者は実際珍らしい芸人だが、まさか『人肉の面』をつける訳でもなかろう。

...... As it becomes more and more popular actors are actually rare performers, but it may not be a translation of "human flesh side".

それから、首泥坊の方は、これは、僕の担当した事件で、よく知っているが、その後ちゃんと犯人が上っている。

Also, if you are a neck-and-head man, this is the case I was in charge of, and I know it well, but then the perpetrators climb up properly.

だからね、この二つの事実の間には、何の聯絡もないのさ。

So, there is nothing wrong with these two facts.

僕が、それを一寸空想でつなぎ合せて見たばかりなのだ。

I just saw it with a fancy fancy.

ハハハハ。

Ha ha ha ha.

アア、例の老ばの写真かい。

Aa, a picture of an old man?

僕にあんな親戚なぞあるものか。

Is there such a kind of relatives to me?

あれはね、実は新聞社で写した、百面相役者自身の変装姿なのだよ。

That's right, it's actually a disguise of Hakumin-san, who I copied in a newspaper company.

それを古い台紙にはりつけて、手品の種に使ったという訳さ。

It is said that it was attached to the old mount and used for the seed of magic.

種明しをしてしまえば何でもないが、でもこの間は面白かっただろう。

It's nothing if you make it clear, but during this time it would have been interesting.

この退屈極まる人生もね、こうして、自分の頭で創作した筋を楽しんで行けば、相当愉快に暮せようというものだよ。

In this boring life too, if you enjoy the lines you have created with your own head, you will be able to live quite pleasantly.

ハハハハ」

Ha ha ha "

 これで、この話しはおしまいだ。

This is the end of the story.

百面相役者はその後どうしたのか、一向うわさを聞かない。

After that, Hakumen has not heard anything about what happened.

恐らく、旅から旅をさすらって、どこかの田舎で朽ちはててしまったのでもあろうか。

Perhaps, as a result of traveling from a trip, it has fallen in some countryside.

底本:「江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者」光文社文庫、光文社

Somoto: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 1 A Walk in the Attic" Koubunsha Bunko, Koubunsha

   2004(平成16)年7月20日初版1刷発行

July 20, 2004 First edition 1 print issued

   2012(平成24)年8月15日7刷発行

August 15, 2012 7 edition issuance

底本の親本:「江戸川乱歩全集 第二巻」平凡社

The main book of the bottom book: "Edogawa Ranpo Complete Works Volume 2" Heibonsha

   1931(昭和6)年10月

October 1931 (Showa 6)

初出:「写真報知」報知新聞社

First appearance: "Photo notice" notice newspaper company

   1925(大正14)年7月15日、25日

July 15, 1925 (Taisho 14)

※「珍しい」と「珍らしい」、「ばば」と「ばばあ」の混在は、底本通りです。

※ "rare" and "unusual", "Baba" and "Babaa" is a mix of the main street.

※底本巻末の編者による語注は省略しました。

※ We have omitted the word notes by the editor at the end of the book.

入力:門田裕志

Input: Hiroshi Kadota

校正:岡村和彦

Calibration: Kazuhiko Okamura

2016年9月9日作成

Created on September 9, 2016

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the Internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were the ones who took part in input, proofreading and production.