文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

一人二役:江戸川 乱歩(1-48)/196

一人二役

Two roles per person

江戸川乱歩

Edogawa Ranpo

 人間、退屈すると、何を始めるか知れたものではないね。

When you get bored, it is not something you know what to start.

 僕の知人にTという男があった。

There was a man named T to my acquaintance.

型の如く無職の遊民だ。

It is an unemployed prostitute like a type.

大して金がある訳ではないが、まず食うには困らない。

There isn't much money, but I'm not bothered at first.

ピアノと、蓄音器と、ダンスと、芝居と、活動写真と、そして遊里の巷、その辺をグルグル廻って暮している様な男だった。

It was a man who seemed to live around the piano, gramophone, dance, play, activity photo, and Yuri's niece, and so on.

 ところで、不幸なことに、この男、細君があった。

By the way, unfortunately, there was this guy, Suishun.

そうした種類の人間に、宿の妻という奴は、いや笑いごとじゃない。

Of all these types of people, the inn's wife is not a good laugh.

正に不幸といッつべきだよ。

You should be truly unhappy.

いや、まったく。

No, not at all.

 別に嫌っていたという程ではないが、といって、無論女房|丈けで満足しているTではない。

It's not that he hated it, but, of course, she is not a tall and satisfied T.

あちらこちら、箸まめにあさり歩く。

I will walk around to see you there.

いうまでもなく、女房は焼くね。

Needless to say, my wife bakes.

それが又、Tには一寸捨て難い、おつな楽みでもあったのだ。

It was also a difficult time to throw away a little in T.

一体Tの女房というのが、なかなかどうして、Tなんかに、勿体ない様な美人でね。

What a T wife's wife is, somehow, something like T, it is a kind of beautiful woman.

その女房に満足しない程のTだから、その辺にざらにある売女などに、これはという相手の見つかろう筈もないのだが、そこがそれ、退屈だ。

It is T that is not satisfied with the wife, so there is no excuse for this to be seen by a saleswoman in the area, but that is boring.

精力の過剰に困っているのでもなければ、恋を求める訳でもない。

It is not troubled with excessive energy, nor is it a request for love.

ただ退屈だ。

It's just boring.

次々と違った女に接して行けば、そこにいくらか変った味がある。

If you go to a different woman one after another, there is a somewhat strange taste there.

又、どうした拍子で、非常な掘出し物がないでもあるまい。

Also, I'm sorry, I have no excuses.

Tの遊びは、大体そんな様な意味|合のものだった。

T's play was almost like that |

 さて、そのTがね、変なことを始めた話だよ。

Well, that T is a story that started something strange.

それが実に奇想天外なんだ。

That's really strange.

遊戯もここまで来ると、一寸凄くなるね。

Once you get here, you'll get a bit smaller.

 誰しも感じることだろうが、自分の女房がね、自分以外の男に、つまり間男にだね、接しる時の様子をすき見したら、さぞ変な味がするだろう、……いや、実際にやられては耐らないが、ただふっとそんな好奇心の起ることがある。

Everyone will feel it, but if you look at her wife, other men, in other words, to the man while you are in contact with it, it will have a strange taste, ...... no Although it is not tolerated if actually done, there may be curiosity just like that.

Tのあの奇行の動機も、恐らく大部分はそうした好奇心だったに相違ない。

The motives of T's paradox, probably, were probably also such curiosity.

T自身では、彼の放蕩三昧に対する細君の嫉妬を封ずる手段だと称していたがね。

T himself stated that it was a means to seal his nephew to his profanity.

 で、彼は何をしたかというと、ある夜のこと、頭から足の先まで、すっかり外で調えた新しい服装で、鼻の下へはチョッピリ附髭までして、つまり手軽な変装をしたんだね。

So what did he do? One night, a new dress that was completely out of my head and feet, and a choppyir to the bottom of the nose, that is, a simple disguise. I guess.

そして、自分のでない、出鱈目のイニシアルを彫らせた銀のシガレット・ケースを袂にしのばせて、何気ない風で自宅へ帰ったものだ。

Then, I was brought home with a casual wind, with a silver cigarette case engraved with the initials of my own eyes untouched.

 細君は、Tがいつもの通り、どっかで夜更かしをして帰宅したのだと信じ切っている。

Hoso-kun believes that T, as usual, went home late at night and went home.

いや、それは当然のことだが、つまりTの変装に少しも気がつかなかった。

No, it is natural that I did not notice T's disguise at all.

夜更けに寝惚け眼で見たのだからそれも無理ではない。

It's not impossible, as I saw it with a long sleep at night.

Tの方でも十分用心をして、新しい着物の縞柄なども、以前からあるのとまぎらわしい様なものを選んでいたし、附髭は床に這入るまで、掌や、ハンカチなどで隠す様にした。

T was also cautious enough to pick up new kimono stripes and other weird things from before, and attached attachments were hidden with palms, handkerchiefs, etc. until they entered the floor.

で、結局、Tのこの奇妙な計画はまんまと首尾よく成功したんだ。

So, in the end, T's strange plans have succeeded successfully.

 床の中でね、彼等は電燈を消して寝る習慣だったから、真暗な床の中でだね、Tはやっと髭を押えていた手を離した。

In the floor, they used to turn off the lights and go to bed, so it was in a dark floor, and T finally released the hand holding the chopsticks.

で、つまり、当然だね、その異様な毛髪の感触が、細君を驚かせた。

Well, that's natural, the strange hair feel surprised me.

「アラ、…………」

"Ara, ........."

 細君が、可愛らしい悲鳴を上げたのは、こりゃ決して無理はない。

It is not impossible for you to have a cute scream.

同時にTとしては、ここが最も難しい所だ。

At the same time, T is the most difficult part here.

彼は細君が髭の存在を認めたことが分ると、早速向きを転えて、二度と髭に触らせない様に、蒲団を被って、グウグウ空鼾をかき出したものだ。

When he finds out that he has confirmed the existence of a wolf, he turns immediately and turns over his head so that he can not touch the wolf again, he wears a bribe and scoops out a guguu airhole.

 ここで、細君が怪しんで、あくまで穿鑿をしようものなら、Tの計画は、すっかりオジャンだ。

Here, if you are suspicious and you are going to do nothing, T's plan is totally Ojan.

空鼾をかきながら、彼はもうビクビクものだったというね。

It was said that he was already freaking while sweeping through the air.

ところが、細君、案外|暢気なもので、何か感違いしたとでも思ったのか、そのままじっとしている。

However, he is stupid, isn't hesitating, and he is still standing still if he thinks he's something wrong.

暫く待っていると、スウスウと優しい鼾が聞えて来た。

After waiting for a while, I heard that Susuu and a gentle bond.

もうしめたものだ。

It has already been closed.

 そこで、Tは、細君が十分寝込んだ折を見すまして、ソッと床の中から這い出した、手早く着物を着ると、例の銀のシガレット・ケース丈を枕許へ残して、音のしない様に、家から抜け出し、それも、まともな入口からでなくて、庭の塀をのり越したのだ。

So, T saw the time when Shun-kun got in to sleep enough, and crawled out of the floor socking, when I quickly put on a kimono, I left the example silver cigarette case length to the pillow for a no sound. Getting out of the house, it was not from a decent entrance, but it climbed over the garden ridge.

もうその時分車なんかありやしない、テクテクと、十何町の道を、行きつけの待合へ歩いた。

At that time, I walked to the wait of the end of the road, with technology, and the town of Toka, where there is no car for it.