文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

一人二役:江戸川 乱歩(49-94)/196

酔狂な男もあったものだ。

There was also a drunken man.

 さて、翌朝だ。

Well, next morning.

細君、目を醒して見ると、一緒に寝ていた筈の夫が、も抜けのからだから、少なからず驚いた。

When you look up at your eyes, your husband, who was sleeping with you, was surprised, not least because it was missing.

家中探して見たが、どこにもいない。

I searched around the house and saw it, but there is nowhere.

寝坊の夫が、この早朝外出する筈もなし、妙だなと思いながら、ふっと気がついたのは、枕許のシガレット・ケースだ。

While thinking that the late-night husband was out of this morning and thinking that it was strange, I noticed that it was the cigarette case with a pillow.

一向見慣れぬ品だ。

It is an unfamiliar item.

夫が始終持っているのとは違う。

It is different from having a husband all the time.

で、手にとって調べて見ると、まるで心当りのないイニシアルが刻んである。

So, when you look at the hand, it looks like an intriguing initial.

中の巻煙草まで、夫の常用のものとは違っている。

The cigarettes inside are different from those of her husband's regular use.

夫がどこかで取違えて来たのかとも考えて見たが、さて、何とやら腑に落ちぬ。

I wondered if my husband had misunderstood somewhere, but I did not fall into it anyway.

と、思出すのは、昨夜の髭の一件だ。

And, it is one of the spears of last night to think.

さあ、細君どれ程か心配したことであろう。

Come on, Mr. Minoru, I wonder what I was worried about.

 そこへ、Tが、昨夜家を明けたのがきまりが悪いという様な、殊勝気な顔つきで帰って来た。

T came back with such an extraordinary appearance that it was not good to leave the house last night.

無論服装は、前日家を出た時のとおり換えているし、つけ髭もとってある。

Needless to say, the clothes are changed as they left the house the day before, and they have a pickle.

いつもなら、細君、ただは置かないのだけれど、今日はそれどころではない。

As usual, Ms. you, I just don't put it, but today is not.

彼女の方に、途方もない心配があるのだ。

There is tremendous concern for her.

妙な工合で、だんまりで、Tは茶の間へ通る、細君は青い顔をしてあとからついて来る、といった鹽梅だ。

It's a strange thing to do, it's stupid, T goes into the tea room, and you're blue with a blue face.

 暫くすると、細君がおずおずしながら聞くんだね。

After a while, Minorie will listen while quietly.

「この煙草入れ、どっかで取りかえていらっしったのじゃなくって」

"It's not this cigarette pack that has been replaced somewhere"

 いうまでもなく、例の銀製のシガレット・ケース。

Needless to say, the silver cigarette case of the example.

「いいえ、それ、どうかしたのかい」

"No, that's why I did it"

 と、Tがとぼけて見せると、

And, when T looks blurry,

「だって」と少しあまえて、「ゆうべ、あなたがもってお帰りなすったのじゃありませんか」

"Well," said "Ah, you didn't go home with you"

「へええ」と更にとぼけて「だが、僕のはちゃんと、これ、ここに持っているよ。

"Hey yeah," I further blurred, "But I have this here, right.

それに、第一僕がゆうべ帰ったって?」

Besides, did I say I first returned? "

ここで少し調子を高める。

I will improve my mind a little here.

この一言で、細君をハッとさせる訳だね。

With this one word, it is a translation that makes you fine.

 などと、落語家みたいに、会話入りでやっちゃ、際限がないから、それはよすとして、よろしく一問一答を繰りかえしたのち、とど、細君が昨夜の一伍一什を、打開けて了うところまでこぎつけた。

And so, like a rakugo house, you have to go into a conversation, there is no limit, as it is good, after repeating the question one question and one after another, but you, 打 打 伍 伍 one night last night I finished it to the end.

 そこで、Tはさも不思議|相な顔をして見せ、そんな馬鹿なことのあろう道理がない。

So, T has a strange face | It shows a strange face, and there is no such a foolish reason.

自分はゆうべ××家で、何の誰と一晩呑みあかしたのだから、何ならあの男に聞いて見るがいい、と、これがつまり、探偵小説の言葉で云えばアリバイだね。

I am a family at night, and I spent a whole night with who I was, so what should I ask and see that man, that is, in the words of the detective story, it is an alibi.

それは前|以ってちゃんと頼み込んであるのだ。

That's what I've been asking before.

エ、お前がそのアリバイを勤めたのかって、イヤ、違う違う。

Oh, I'm different because you worked for that alibi.

「お前夢でも見たのではないか。

"Don't you see even your dream?

いいえ、決して夢ではありません。

No, I'm not a dream.

夢でなかった証拠には、ちゃんと煙草入れが残っているのだ。

The evidence that wasn't a dream has a cigarette holder that's right.

はてな、昔の書物に、離魂病というものが見えているが、まさか今の時節、そんなこともあるまい。

In the old book, I can see something called recklessness, but there is no such thing as it is now.

その離魂病というのはね、一人の人間の姿が、二つに分れて、同時に、違った場所で、違った行をするというのだ。

The reluctance disease is that one human figure is divided into two and, at the same time, they go on different lines in different places.

などと、一寸怪談めいて見たり、お前そんなことを云って、実はソッとどこかの男を引入れているのではないか」などと脅しつけて見たり、それが又、Tには、何とも愉快でたまらないというのだから、因果さ。

And, a little weird looking at a shit, you say such a thing, in fact は 脅 男 男 男 男 男 男 男 男 見 見 見 見 見 そ れ が そ れ が そ れ が そ れ が そ れ が そ れ がBecause it's fun and unbearable, it's causal.

 が、兎も角も、その日は有耶無耶で済んで了った。

But that day, it was finished with good and bad days.

無論、一度位では駄目だ。

Of course, you can not do it once.

Tの計画では、幾度も、幾度もそれを続けてやって見る積りだった。

In the plan of T, it was a pile of seeing it again and again and again and again.

 二回目は、少々心配した。

The second time I was a little worried.

細君、前に懲りているから、うっかり変装して行こうものなら騒ぎ出しやしないかというのだ。

Minoru, because you're in front of me, I'm wondering if I'm going to make a noise if I'm going to be disguised improperly.

で、今度は、家に這入る時には、変装もせず、髭もつけずに行って、さて、電燈も消して、床につき、細君がもう寝入るという頃を見計らって、夢現の間に、ほんの瞬間、例の髭の感触を与え、そして、寝入って了ったのを見すまして、やっぱり前通りのイニシャルを縫いつけたハンカチを残して、家を抜け出す手筈にしたが、なんと、それが再びうまく成功したではないか。

So, next time, when I go into the house, I don't disguise, I don't put on my clothes, I'm going to turn off the lights, and I wait for the bed, I'll wait for you to go to bed, just a moment, during the dreaming, I gave it the feel of an example, and I went to bed and finished it, and I left the handkerchief that sewed the initials of the street, and made it a way out of the house, but it succeeded again. Is not it?

翌朝の模様は、前の時と似たり寄ったりで、ただ、細君の顔が、一層青ざめ、Tの狂言|嫉妬が、更に手強くなった位の相違だった。

The pattern for the next morning was similar to the previous one, but the difference was that the face of Mr. Minori was even paler, T's Kyougen |

 そうして、三度となり、四度と重なって行くに従って、Tのお芝居は益々上達し、今では、細君にとっては、煙草入れや、ハンカチのイニシアルの男が、はっきりした、実在の人物になって来たが、それと同時に、ここに妙な事が起って来たのだ。

Then, as the third and fourth times went on, T's play improved more and more, now for the finesse, the cigar holder and the initial man of the handkerchief became a clear, real person At the same time, strange things have happened here.