文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

一人二役:江戸川 乱歩(95-137)/196

これまでの所はね、まあ謂わば笑話にすぎないけれど、これから先は、話が少し固くなって来るのだよ。

So far, it's just a laugh, so to speak, but from now on, the story will be a little harder.

人間の心が、如何にたよりない、そして又不思議なものだといった風の、一寸考えさせられるものを含んでいるのだよ。

The human mind contains something that can be thought about in a bit, like how strange and strange it is.

 第一に起った変化は、細君の側にあった。

The first change that happened was on your side.

その貞女を以て聞えた細君がね、女なんて実際分らないものだ、変装した方のTに対して、明かにTの外の男だと信じつつ、ある好意を見せ始めたのだ。

A small girl who could hear that maiden, who a woman really didn't know, apparently began to show a certain favor against T, who was disguised, apparently believing that he was outside T.

この辺の心理は可也不思議なものだが、併し、昔の物の本などによく例がある、つまり、それは、何人とも分らぬ男との、夜毎の逢瀬は、恐らく、彼女にとって、一つのお伽噺であったのであろうか。

The psychology of this area is strange, but there is also a good example in the books of old things, that is, it is the nightly Ayase with a man who does not know anyone, probably for her, with one chopsticks Was it there?

 一方に於て、彼女は、変装のTがその都度残して行く、証拠品を、夫であるTに隠す様になった。

On the one hand, she began to hide the evidence in her husband T, a disguised T leaving behind each time.

そればかりか、他の一方に於ては、変装のTに対して、夫とは別人であると意識した上の、罪の囁きを囁く様になった。

In addition, on the other side, for disguise T, he became aware that he was a different person from his husband and began to forgive the atonement of sin.

「あなたが、どこの何というお方だか、その見知らぬあなたが、どうして妾の所へ通って下さるのか、妾には少しも分らない。

"I do not know what you are, who you are, and why you go to the place of the stranger.

でも、あなたの御|深切が、今ではもう、妾には忘れ難いものになって了った。

But, you | now you have an oblivion to remember.

あなたのお出でなさらぬ夜が淋しく感ぜられさえする。

I can even feel the night that is out of you.

この次は、いつ来て下さるのでしょうか」そうした細君の変心(というには少し変だけど)を知った時の、Tの心持は、実際何とも形容の出来ぬ変てこなものであったに相違ない。

Next time, when will you come? ”The heart of T, when I knew such a strange mind (it's a little strange), was that the heart of T was, in fact, a strange change. Absent.

 一方から見れば、これは、Tの最初の目論見が完全に果された訳であった。

Viewed from one side, this was a complete translation of T's initial prospects.

こうして、細君の方に大きな弱味が出来て了えば、彼の放蕩は五分五分だ。

Thus, if you have made a big weakness in your side, his prodigy is five and a half minutes.

決して細君に対して引け目を感じる必要はない。

You don't have to feel the bottom line for me.

だから、彼の計画から云えば、この辺で、この妙な遊戯を打切って、変装した彼自身を、永久にこの世から葬って了えばよいのだ、そうすれば、元々実在しない人物のことだから、あとに煩いの残る筈はない、とTは考えていた。

So, from his plan, if you break this strange game and end up disguising himself from this world forever, it is about a person who does not exist from the beginning. , T thought that there was no need to leave a bother.

 ところが、今彼の心は、最初は全然予想しなかった、極度の混乱に陥って了ったのだ。

But now his mind has fallen into extreme confusion, which he initially did not expect at all.

仮令、仮想の人物にもせよ、細君が彼以外の男を愛し始めたという、この恐しい事実が彼を撃った。

Wow, even if it was a virtual person, this scary fact that he started to love other men shot him.

始めは狂言であった嫉妬が、真剣なものに変って来た。

At first the jealousy was changed into a serious thing.

若しこういう心持が嫉妬といえるならばだ。

If this kind of mind can be said to be jealousy.

そこには相手がないのだ。

There is no other party there.

一体全体、誰に向って嫉妬をするのだ。

To the whole, to whom we are jealous.

細君は決してT以外の男に肌身を許した訳ではない。

Mr. Minoru has never forgiven a man other than T.

つまり、彼の恋敵は、とりも直さず彼自身に外ならぬのだ。

In other words, his love enemy is inseparable to himself.

 さあ、そうなると、以前はさ程でもなかった細君が、この世に二人とないものに思われて来る。

Well, then, Minoru-kun, who wasn't big enough before, is considered to be something unique in the world.

その細君を、他人に(正しく云えば自分自身にだが)奪われたかと思うと、くやしさは一通りではない。

If you think that he was robbed by someone else (but to your own right), the kindness is not one.

細君がぼんやり物思いに耽っている。

Saika is in love with his thoughts.

アア、彼女は今、もう一人の男のことを思っているのだな。

Aah, she is thinking of another man now.

そう考えると、もうたまらない。

If you think so, it will be unbearable.

Tは実に取返しのつかぬことをやって了ったのだ。

T did something really irrevocable.

彼は自分自身の仕掛けた罠にかかったのだ。

He got on his own trap.

 慌てて、仮装を中止して見たところで、今更ら何の甲斐もなかった。

When I stopped and looked at the costume, I had no further advantage.

夫婦の間には、いつの間にか妙な隔意を生じていた。

Between the couple there was a strange gap between them.

細君はともすれば憂欝になった。

Minoru-kun was insulting at first.

恐らく彼女は姿を見せぬ男のことを、諦め兼ねているのに相違ない。

Perhaps she is also giving up on an invisible man.

Tはそれを見るのがつらかった。

T was hard to see it.

と同時に、それ程心にかけている男というのが、実はもう一人の自分であることを考えると、それは満更嬉しくないこともなかった。

At the same time, considering that the man who cares so much is actually another one, it has never been unhappy.

 一層一伍一什を打開けて了おうか、だがそうすることは、何となくいやだった。

Let's finish it by one more glance, but it was quite disappointing to do so.

一つは余りに馬鹿馬鹿しい自分の行為が恥しくもあったし、それに、もう一つは、実はこれが最大の原因なのだが、生れて始めて経験した、忍ぶ恋路の身も世もあらぬ楽しさを、Tはどうにも忘れ兼ねた。

One was a shameful act too stupid of oneself, and, in addition, the other is the fact that this is the biggest cause, but the first time I was born and experienced, the fun of the life and the world of the love of the Shinobu, T was completely forgotten.

彼は、そこに、本当の恋を見出した様に思った。

He seemed to have found a true love there.

本来のTに対しては、世間並の女房に過ぎなかった彼女が、その心の奥底にあの様な情熱を隠していようとは。

With respect to the original T, it is likely that she, who is only a common wife, hides such passion in the deep of her heart.

Tは全く意外であった。

T was totally unexpected.

そして逢瀬が重なれば重なる程、そのことは明かになって行った。

And the more you overlap, the clearer the more you went.

今更ら、あれは狂言だったなどとどうして云えるものか。

How can you say that it was a madman now?