文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

疑惑:江戸川 乱歩(1-70)/689

疑惑

Suspicion

江戸川乱歩

Edogawa Rampo

一、その翌日

The next day

「お父さんが、なくなられたと、いうじゃないか」

“Your father is gone”

「ウン」

"Eun"

「矢張り本当なんだね。

“It ’s really true.

 だが、君は、今朝の○○新聞の記事を読んだかい。

But did you read this morning's XX newspaper article?

一体あれは、事実なのかい」

Is that really the case? "

「…………」

“…………”

「オイ、しっかりしろよ。

"Oy, be sure.

心配して聞いているのだ。

I am worried and listening.

何とかいえよ」

Somehow "

「ウン、有難う。

"Thank you, Eun.

……別にいうことはないんだよ。

... There is nothing else to say.

あの新聞記事が正しいのだ、昨日の朝、目を覚ましたら、家の庭で、親父が頭を破られて倒れていたのだ。

That newspaper article was correct, yesterday morning, when I woke up, my father was broken in my garden.

それだけのことなんだ」

That's all. ''

「それで、昨日、学校へ来なかったのだね。

"So you didn't come to school yesterday.

……そして、犯人はつかまったのかい」

... and did the culprit get caught? "

「ウン、嫌疑者は二三人あげられた様だ。

“Eun, there seem to have been a few suspects.

しかしまだ、どれが本当の犯人だか分らない」

But I still don't know which one is the real culprit. ''

「お父さんはそんな、恨を受ける様な事をしていたのかい。

“Dad, did you do something like receiving a trap?

新聞には遺恨の殺人らしいと出ていたが」

The newspaper said that it seems to be a murderer of regrets. "

「それは、していたかも知れない」

"It may have been"

「商売上の……」

"Business sales ..."

「そんな気のきいたんじゃないよ。

"I didn't feel like that.

親父のことなら、どうせ酒の上の喧嘩が元だろうよ」

If it's my father, the fight over alcohol is the origin. ''

「酒の上って、お父さんは酒くせでも悪かったのかい」

“Did you drink alcohol and your dad was too bad to drink?”

「…………」

“…………”

「オイ、君は、どうかしたんじゃないかい。

"Oy, you're wrong.

……アア、泣いているね」

...... Ah, you're crying "

「…………」

“…………”

「運が悪かったのだよ。

“I was out of luck.

運が悪かったのだよ」

I was unlucky. ''

「……おれはくやしいのだ。

"... I'm dear.

生きている間は、さんざんお袋やおれ達を苦しめておいて、それ丈けでは足らないで、あんな恥さらしな死に方をするなんて、……おれは悲しくなんぞ、ちっともないんだよ。

While I'm alive, I'm struggling with my bags and me, and it's not enough for me to die that shameful death.

くやしくて仕様がないのだ」

It's noisy and has no specifications. ''

「本当に、君は、今日は、どうかしている」

“Really, what are you doing today?”

「君に分らないのは尤もだよ。

“I do n’t know you.

いくら何でも、自分の親の悪口をいうのは、いやだったから、おれは今日まで、君にさえ、これっぱかりも、そのことを話さなかったのだ」

I didn't want to say bad things about my parents, so I didn't even talk to you until today.

「…………」

“…………”

「おれは、昨日から、何ともいえない変てこな気持なんだ。

“I have a strange feeling since yesterday.

親身の父親が死んだのを悲しむことが出来ない。

I can't grieve that my close father died.

……いくらあんな父親でも、死んだとなれば、定めし悲しかろう。

...... Even so many fathers will be sad if they die.

おれはそう思っていた。

I thought so.

ところが、おれは今、少しも悲しくないんだよ。

But I'm not sad now.

若しも、あんな不名誉な死に方でさえなかったなら、死んで呉れて助かった位のものだよ」

If you weren't even that unfaithful death, you were dead and saved. "

「本当の息子から、そんな風に思われるお父さんは、しかし、不幸な人だね」

“The dad who seems to be like that from his real son is an unhappy person, though.”

「そうだ、あれがどうすることも出来ない親父の運命だったとしたら、考えて見れば、気の毒な人だ。

"Yes, if that was the fate of a dad who couldn't do anything, I'm sorry if I think about it.

だが、今、おれにはそんな風に考える余裕なんかない。

But now I can't afford to think that way.

ただ、いまいましいばかりだ」

It's just damn. ''

「そんなに……」

"so much……"

「親父は、じいさんが残して行った、僅ばかりの財産を、酒と女に使い果す為に生れて来た様な男なんだ。

"My father is a man who seems to have been born to use up the little property left by his grandfather to the sake and women.

みじめなのは母親だった。

It was a mother who was serious.

母が、どんなに堪え難い辛抱をし通して来たか、それを見て、子供のおれ達が、どんなに親父をにくんだか。

Seeing how hard the mother has to put up with patience, and how much of the children's dads grabbed their father.

……こんなことをいうのはおかしいが、おれの母は実際驚くべき女だ。

...... It's funny to say this, but my mother is actually an amazing woman.

二十余年の間、あの暴虐を堪え忍んで来たかと思うとおれは涙がこぼれる。

I shed tears when I thought I had endured that violence for over twenty years.

今おれがこうして学校へ通っていられるのも、一家の者が路頭に迷わないで、ちゃんと先祖からの屋敷に住んでいられるのも、みんな母親の力なんだ」

`` Now I can go to school in this way, it is the mother's power that the family members can live in the mansion from their ancestors without getting lost on the street. ''

「そんなに、ひどかったのかい」

"Is that terrible?"

「そりゃ君達には、とても想像も出来やしないよ。

“That ’s why you ca n’t imagine.

この頃では、殊にそれがひどくなって、毎日毎日あさましい親子げんかだ。

Nowadays, it's especially bad, and it's a frightening parent and child every day.

年がいもなく、だらしなく酔っぱらった親父が、どこからか、ひょっこり帰って来る。

A father who was drunk and drunk without his age comes back from somewhere.

――親父はもう、酒の中毒で、朝から晩まで、酒なしには生きていられないのだ。

--My father is already addicted to alcohol and can't live without alcohol from morning to night.

――そして、母親が出迎えなかったとか、変な顔つきをしたとか、実にくだらない理由で、すぐに手を上げるんだ。

--And raise your hand right away because your mother didn't greet you, she had a funny face, or because she was really ridiculous.

この半年ばかりというもの、母親はからだに生傷が絶えないのだ。

For the last six months, the mother has never been injured.

それを見ると、兄貴がかんしゃくもちだからね――歯ぎしりをして、親父に飛びかかって行くのだ……」

When I see it, my big brother is so angry-I rush my teeth and jump on my dad ... "

「お父さんは、いくつなんだい」

"How much is your father?"

「五十だ、君はきっと、その年でと審しく思うだろうね。

"50, you will surely think that year.

実際親父はもう、半分位気が違っていたのかも知れない。

In fact, my father may have been half different.

若い時分からの女と酒の毒でね。

The poison of liquor and liquor from a young age.

……夜など、何の気なしに家に帰って、玄関の格子を開けると、そこの障子に、箒を振り上げて、仁王立ちになっている兄貴の影がうつっていたりするのだ。

...... When you go home without care, such as at night, and open the front grille, you will see a shoji shouting in the shoji there, and the shadow of your elder brother standing in the dark.