文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

疑惑:江戸川 乱歩(119-170)/689

……おれは、どうもそいつでないかと思うのだ」

...... I think it ’s not the case. ”

「しかし、おかしいね。

“But it ’s funny.

夜中に、大勢家族のある所へ、忍び込むなんて、可なりむつかしい仕事だからね。

In the middle of the night, sneaking into a place with a lot of families is a very difficult task.

ただ、なぐられた位の事でそれ程の危険を冒してまで、相手を殺す気持になるものかしら。

However, I wonder if he feels like killing his opponent until he has taken such a risk of being beaten.

それに、殺そうと思えば、家の外でいくらも機会があり相なものじゃないか、……一体、曲者が外から忍び込んだという、確な証拠でもあったのかい」

And if you want to kill it, there are many opportunities outside the house and it's a good thing, or was it just evidence that the composer sneaked from the outside? "

「表の戸締りが開いていたのだ。

“The front door lock was open.

かんぬきがかかっていなかったのだ、そして、そこから、庭へ通ずる枝折戸には錠前がないのだ」

There was no bolt and there was no lock on the branch door leading to the garden.

「足跡は」

"The footprint is"

「それは駄目だよ。

“That ’s not good.

このお天気で、地面がすっかりかわいているんだから」

Because of this weather, the ground is completely clean. ''

「……君の所には、やとい人はいなかった様だね」

"... There seems to be no one at your place"

「いないよ……ア、では、君は、犯人は外部からはいったのではないと。

"I don't ... Ah, then, the criminal was not from outside.

……そんな、そんなことが、いくらなんでも、そんな恐ろしいことが。

...... No matter how much such a thing, such a terrible thing.

きっとあいつだよ。

I'm sure he is.

その親父になぐられた男だよ。

A man beaten by his father.

労働者の、命知らずなら、危険なんか考えてやしないよ」

If a worker doesn't know his life, he will not think of danger. "

「それは分らないね、でも……」

"I don't know that, but ..."

「ああ君、もうこんな話は止そう。

“Oh, I ’ll stop talking about that.

何といって見た所で、済んでしまったことだ、今更どうなるものじゃない。

What you've seen is what you've done, it's not going to happen anymore.

それに、もう時間だよ。

And it's already time.

ぽつぽつ教室へはいろうじゃないか」

Would n’t you like to go to the classroom? ”

二、五日目

2nd and 5th day

「それじゃ、君は、お父さんを殺した者が、君の家族の中にあるとでもいうのかい」

"That's why you say that the person who killed your dad is in your family."

「君は、この間、犯人は外からはいったのではないという様な口ふんを漏らしていたね。

“During this time, you leaked a mouth that the culprit was not from outside.

あの時は、そんなことを聞くのが嫌だったので――というのが、いくらかおれもそれを感じていて、痛い所へさわられた様な気がしたんだね――君の話を中途で止めさせて終ったが、今、おれは、その同じ疑いに悩まされているのだ。

At that time, I didn't like to hear such a thing-because I felt it and felt like I was touched by a painful place-halfway through your story But I'm suffering from the same suspicion now.

……こんなことは無論他人に話す事柄じゃない。

Of course, this is not a matter of talking to others.

出来るならだれにもいわないでおこうと思っていた。

I thought I wouldn't tell anyone if I could.

だが、おれはもう苦しくってたまらないのだ。

But I'm already painful and irresistible.

せめて、君だけには相談に乗ってもらいたくなった」

At least, you just wanted to get a consultation. ''

「で、つまり、だれを疑っているのだ」

“So, who is suspicious?”

「兄貴だよ。

“I ’m an older brother.

おれにとっては血を分けた兄弟で、死んだ親父にとっては、真実の息子である、兄貴を疑っているのだ」

`` I am suspicious of my brother, my blood-brother, and my dead father, the true son. ''

「嫌疑者は白状したのか」

"Did the accused confess?"

「白状しないのみか、次から次へと、反証が現れて来るのだ。

"I just don't confess, or the rebuttals appear from one to the next.

裁判所でも手こずっているというのだ。

It is said that the court is also having trouble.

よく刑事がたずねて来ては、そんな話をして帰る。

When a criminal is often asked, he talks and returns.

それが矢張り、考え様によっては、その筋でも、おれの家のものを疑っていて、様子を探りに来るのかも知れないのだ」

That might be an arrow, and depending on your thoughts, that line might be suspicious of my house and come to look for it. ''

「だが、君は少し神経が鋭敏になり過ぎてやしないのかい」

“But don't you feel a little too sensitive?”

「神経だけの問題なら、おれはこんなに悩まされやしない。

"If it's just a nerve problem, I won't be bothered so much.

事実があるんだ。

There is a fact.

……この間は、そんなものが事件に関係を持っていようとは思わず、殆ど忘れていた位で、君にも話さなかったが、おれはあの朝、親父の死がいのそばで、クチャクチャに丸めた麻のハンカチを拾ったのだよ。

...... During this time, I didn't think that something related to the incident, I almost forgot, and I didn't talk to you, but that morning I was rolled up by my father's death. I picked up a hemp handkerchief.

随分よごれていたけれど、丁度、印を縫いつけた所が、外側に出ていたので、一目で分った。

It was very dirty, but the place where I sewed the mark was outside, so I knew it at a glance.

それは兄貴とおれの外には、だれも持っているはずのない品物だった。

It was an article that no one would have outside of my brother and myself.

親父は古風に、ハンカチを嫌って、手ぬぐいをたたんで懐に入れているくせだったし、母親や妹は、ハンカチは持つけれど、無論女持の小さい奴で、まるで違っていた。

The old father disliked handkerchiefs and was a habit of folding their hand towels and putting them in their pockets, and the mother and sister had a handkerchief, but of course a small guy with a woman who was totally different.

だから、そのハンカチを落したのは、兄貴かおれかどちらかに相違ないのだ。

That's why the handkerchief was dropped by either the big brother or me.

ところが、おれは親父の殺される日まで、ずっと四五日の間も、その庭へ出たことはないし、最近にハンカチをなくした覚えもない。

However, I have never been in the garden for the forty-five days until my father was killed, and I don't remember losing my handkerchief recently.

とすると、その親父の死がいのそばに落ちていたハンカチは、兄貴の持物だったと考える外はないのだ」

Then, the handkerchief that had fallen beside the father's death is no doubt that it was the possession of the big brother. ''

「だが、お父さんが、どうかしてそれを持っていられたという様な……」

"But it seems that my dad was able to bring it ..."

「そんなことはない。

"No such thing.

親父は、外のことではずぼらだけど、そういう持物なんかには、なかなか几帳面な男だった。

My dad was ridiculous about the outside, but he was a very careful man for such things.

これまで、一度だって、他人のハンカチを持っていたりしたのを見たことがない」

I've never seen someone else's handkerchief ever. ''

「……しかし、若しそれが兄さんのハンカチだったとしても、必ずしもお父さんの殺された時に落したものとは限るまい。

"... But even if it was my brother's handkerchief, it was not necessarily dropped when my father was killed.