文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

疑惑:江戸川 乱歩(217-294)/689

母親思いの兄貴が、激こうの余り、ふと飛んでもない事を考えつかなかったとはいえない」

I can't say that my mother's big brother couldn't even think that he wasn't flying too hard. "

「…………」

“…………”

「…………」

“…………”

「恐しいことだ、だが、まだ断定は出来ないね」

“It ’s scary, but I ’m not sure yet.”

「だからね、おれは一層堪まらないのだ。

“That's why I can't stand more.

どちらかに、たとえ悪い方にでも、きまって呉れれば、まだいい、こんな、あやふやな、恐しい疑惑にとじ込められているのは、本当に堪まらないことだ」

`` Even if it's bad, even if it's bad, it's still nice to be stuck in such a frightening and frightening suspicion. ''

「…………」

“…………”

三、十日目

3rd and 10th day

「オイ、Sじゃないか。

"Oh, isn't it S?

どこへ行くの」

Where are you going"

「アア……別に……」

"Ah ... separate ..."

「馬鹿にしょうすいしているじゃないか。

“You ’re so stupid.

例のこと、まだ解決しないの?」

Still haven't solved the example? "

「ウン……」

“Eun ……”

「あんまり学校へ来ないものだから、今日はこれから、君の所をたずねようと思っていたのさ。

"I don't come to school so much, so I was going to visit you today.

どっかへ行く所かい」

Where are you going? "

「イヤ……そうでもない」

"No, not ..."

「じゃ、散歩っていう訳かい。

"That's why I walked.

それにしても、妙にフラフラしているじゃないか」

Even so, it ’s strangely fluttering. ”

「…………」

“…………”

「丁度いい。

"just right.

その辺までつきあわないか。

Would n’t you go to that side?

歩きながら話そう。

Talk while walking.

……で、君はまだ何か煩悶しているんだね。

... and you're still bothered by something.

学校へも出ないで」

Do n’t go to school. ”

「おれはもう、どうしたらいいのか、考える力も何も、なくなってしまった。

“I have lost my ability to think about what to do.

まるで地獄だ。

It ’s like hell.

家に居るのが恐しい……」

I'm scared to stay at home ... "

「まだ犯人がきまらないのだね。

“I do n’t have a criminal yet.

そして、やっぱり兄さんを疑っているの」

And I still doubt my brother. ''

「もう、その話は止してくれ給え、何だか息が詰まる様な気がする」

"Now, stop that story and I feel like I'm going to breathe somehow"

「だって、一人でくよくよしてたってつまらないよ。

"Because it's boring to be alone.

話して見給え、僕にだってまたいい智慧がないとも限らない」

Talk and look up, I don't have to have good wisdom again. ''

「話せといっても、話せるような事柄じゃない。

“Speaking is not something that you can talk to.

家中の者が、お互同志疑いあっているのだ。

The people in the house are suspicious of each other.

四人の者が一つ家にいて、口もきかないで、にらみあっているのだ。

There are four people at home, not speaking, gazing at each other.

そして、たまに口をきけば、刑事か、裁判官のように、相手の秘密を、さぐり出そう、としているのだ。

And once you speak, you're trying to find out the secrets of the other party, like a criminal or a judge.

それが、みんな血を分けた肉親同志なんだ。

That's all the relatives who separated blood.

そして、その内のだれか一人が、人殺し――親殺しか、夫殺し――なんだ」

And one of them is a murderer-only a parental murder or a husband-"

「それはひどい。

"That's awful.

そんな馬鹿なことがあるものじゃない。

It ’s not such a stupid thing.

きっと君はどうかしているんだ。

I'm sure you are doing it.

神経衰弱の妄想かも知れない」

It may be a delusion of nervous breakdown. ''

「イイヤ、決して妄想じゃない、そうであって呉れると助かるのだが」

“No, no, it ’s not a delusion.

「…………」

“…………”

「君が信じないのは無理もない。

"It's no wonder you don't believe.

こんな地獄が、この世にあろうとは、たれにしたって想像も出来ないことだからな。

If such a hell is in this world, it is impossible to imagine it.

おれ自身も、何だか悪夢にうなされているような気がする。

I feel like I'm a nightmare.

このおれが、親殺しの嫌疑で、刑事に尾行されるなんて。

I'm being criminalized on charges of murdering my parents.

……シッ、うしろを向いちゃいけない。

...... Shit, don't look behind.

すぐそこにいるんだ。

I'm right there.

この二三日、おれが外に出れば、きっとあとをつけている」

If I go outside in the last couple of days, I'm sure it will follow. "

「……どうしたというのだ。

"... what happened.

君が嫌疑を受けているのだって?」

Are you accused? "

「おればかりじゃない。

“It ’s not just me.

兄きでも妹でも、みんな尾行がつくのだ。

Every brother or sister has a tail.

家中が疑われているのだ。

The whole house is suspected.

そして、家の中でもお互が疑いあっているのだ」

And each other is in doubt at home. ''

「そいつは……だが、そんな疑いあう様な新しい事情でも出来たのかい」

“That ’s ... but was it possible to have such a new suspicious situation?”

「確証というものは一つもない。

“There is no confirmation.

ただ疑いなんだ。

I'm just suspicious.

嫌疑者がみんな放免になってしまったのだ。

All the suspects were released.

あとには、家内の者でも疑う外に方法がないのだ。

After that, there is no other way than to doubt even the family members.

警察からは毎日の様にやって来る。

I come from the police every day.

そして、家中の隅から隅まで調べ廻る。

Then, look around the house from corner to corner.

この間も、タンスの中から血のついた母親の浴衣が出た時なんか、警察の騒ぎ様ったらなかった。

During this time, when the mother's yukata with blood came out of the chiffon, the police did not make any noise.

ナアニ、何でもないのだ。

Naani, nothing.

事件の前晩に、親父から茶碗を投げつけられた時の血が、洗ってなかったのだ。

The blood that was thrown by the father on the night before the incident was not washed.

俺がそれを説明してやると、その場は一時収まったが、それ以来、警察の考えが一変してしまった。

When I explained it, the place was temporarily settled, but since then the police thought has changed completely.

親父がそんな乱暴者だったとすると、なお更家内の者が疑わしいという論法らしいのだ」

If the father was such a violent person, it seems that it is still a suspicion that those in the family are suspicious. ''

「この間は、君はひどく兄さんを疑っていた様だが……」

“During this time, you seem to be suspicious of your brother ...”

「もっと低い声でいってくれ給え、うしろの奴に聞えるといけない。

"Please give me a lower voice and I can hear the guy behind me.

……ところが、その兄きは兄きで、たれかを疑っている。

...... However, the older brother is older and doubts him.

それがどうも、母親らしいのだ。

It seems like a mother.

兄きがさも何気ない風で、母親に聞いていたことがある。

My older brother had heard of his mother in a casual manner.

お母さん櫛をなくしやしないかって。

Would you like to lose your mom comb?

すると母親がびっくりした様に、息を呑んで、お前どうしてそんなことを聞くのだと反問した。

Then, as the mother was surprised, she took a breath and rebelled why she heard such a thing.

それっ切りのことだ。

That's all.