文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

疑惑:江戸川 乱歩(295-354)/689

取様によっては、なんでもない会話だ。

Depending on the type of conversation, it's nothing.

だが、あれにはギックリと来た。

But that came with ease.

さては、この間兄きが帯で隠したのは、母親の櫛だったのかと……」

Well, it was my brother ’s comb that he hid with a belt during this time… ”

「…………」

“…………”

「それ以来、おれは母親の一挙一動に注意する様になった。

“Since then, I began to pay attention to my mother ’s every move.

何という浅ましいことだろう。

What a shallow thing.

息子が母親を探偵するなんて。

My son would detect my mother.

おれはまる二日の間というもの、蛇のように目を光らせて、隅の方から母親を監視していた。

I was watching the mother from the corner, looking like a snake, for the whole two days.

恐しいことだ。

It ’s scary.

母親のそぶりは、どう考えて見てもおかしいのだ。

It's strange to see how mothers feel.

何となくソワソワと落ちつかないのだ。

Somehow I can't settle down.

君、この気持が想像出来るか。

Can you imagine this feeling?

自分の母親が自分の親父を殺したかも知れないという疑い。

Suspected that his mother may have killed her father.

それがどんなに恐しいものだか。

How terrifying it is.

……おれはよっぽど兄きに聞いて見ようかと思った。

... I thought I would ask my brother to watch it.

兄きはもっと外のことを知っているかも知れないのだから。

Because my brother may know more outside.

だが、どうにも、そんなことを聞く気にはなれない。

But somehow, I don't feel like listening to that.

それに、兄きの方でも、何だかおれの質問を恐れでもするように、近頃はおれから逃げているのだ」

And my brother is running away from me these days, just as he is afraid of my question. ''

「何だか耳にふたしたい様な話しだ。

“Somehow I want to cover my ear.

聞いている僕がそうなんだから、話している君の方は、どんなにか不愉快だろう」

That's what I'm listening to, so how frustrating you are talking. ''

「不愉快という様な感じは、もう通り越して終った。

"The feeling of unpleasantness has already passed.

近頃では、世の中が、何かこう、まるで違った物に見える。

Nowadays, the world looks something different.

ああして、往来を歩いている人達の暢気相な、楽天的な顔を見ると、いつも不思議な気がする。

Oh, and I always feel mysterious when I see the frustrated, optimistic faces of people walking around.

あいつらだって、あんな平気な顔をしているけれど、きっと親父やお袋を殺しているのだ、なんて考えることがある。

These guys have such a plain face, but sometimes they think they are killing their dad or bag.

……大分離れた。

...... I was separated.

尾行の奴、人通りが少くなったものだから、一町もあとからやって来る」

One town will come later because there are fewer people in the tail.

「だが君、たしかお父さんの殺された場所には、兄さんのハンカチが落ちていたのではないか」

"But you surely had your brother's handkerchief fallen where your father was killed?"

「そうだ。

"That's it.

だから、まるきり兄きに対する疑いがはれた訳ではないのだ。

So there was no suspicion about Marukiri brother.

それに、母親にしたって、疑っていいのか、どうか、はっきりは分らない。

And I don't know for sure if it's a mother.

妙なことには、母親は母親で、また、たれかを疑っているのだ。

Oddly enough, the mother is a mother, and she is suspicious of him.

まるで、いたちごっこだ。

It ’s like a weed.

滑けいな意味でではなく、何ともいえぬ物すごい意味で。

It ’s not a slippery meaning, but an incredible meaning.

……昨日の夕方のことだ。

...... It was yesterday evening.

もう大分暗くなっていた。

It was already very dark.

何の気なしに、二階から降りて来ると、そこの縁側に母親が立っているのだ。

When I get down from the second floor without care, my mother stands on the other side.

何かをソッと伺っているという様子だ。

It seems that they are asking for something.

いやに眼を光らせているのだ。

I'm shining my eyes.

そして、おれが降りて来たのを見ると、ハッとした様に、去り気なく部屋の中へはいってしまった。

And when I saw that I came down, I felt like I was in the room.

その様子が如何にも変だったので、おれは母親の立っていた場所へ行って、母親の見つめていた方角を見た」

The situation was so strange that I went to the place where my mother was standing and looked at the direction she was staring at. ''

「…………」

“…………”

「君、そこに何があったと思う。

"You think what happened there.

その方角には、若い杉の樹立が茂っていて、葉と葉の間から、稲荷を祭った小さなほこらがすいて見えるのだが、そのほこらの後に、何だかチラチラと赤いものが見えたり隠れたりしているのだ。

In that direction, there are young cedar trees growing up, and a small dust that celebrates Inari can be seen from between the leaves, but some flickering and red things can be seen or hidden behind the dust. It is.

よく見ると、それは妹の帯なんだ。

If you look closely, it's my sister's belt.

何をしているのか、こちらからは、帯の端しか見えないから、少しも分らないけれど、そんなほこらのうしろなんかに、用事のあろうはずはない。

From here, I can only see the edge of the belt, so I don't know a little, but there's no need for anything in the background.

おれはもう一寸で、声を出して、妹の名前を呼ぶ所だった。

I was just another size, where I spoke out and called my sister's name.

が、ふと思い出したのは、さっきの母親の妙なそぶりだ。

But what I remembered was the strange look of my mother.

それと、おれがほこらの方を見ている間中、背中に感じた、母親の凝視だ、これはただ事でないと思った。

And while I was looking at the dust, I felt it on my back, my mother's stare, this wasn't just that.

若しかしたら、凡ての秘密があのほこらの後に隠されているのではないか、そして、その秘密を妹が握っているのではないか、直覚的にそんなことを感じた」

When I was younger, I felt intuitively that all the secrets were hidden behind them and that my sister was holding the secrets. ''

「…………」

“…………”

「おれは、自分でそのほこらのうしろを探って見ようと思った。

"I wanted to explore the dust behind me and see it.

そして、昨日の夕方から今しがたまで、一生懸命にそのおりを待っていた。

And from yesterday evening to now, I waited hard for the cage.

だが、どうしても機会がないのだ。

But there is absolutely no opportunity.

第一母親の目が油断なくおれのあとを追っている。

The first mother's eyes are chasing after me.

一寸便所へはいっても、用を済ませて出て来ると、ちゃんと母親が縁側へ出て、それとなく監視している。

Even if I went to the toilet, when I finished using it, my mother came out to the other side and was monitoring it.

これはおれの邪推かも知れない。

This may be my cause.

出来るならそう思いたい。

I want to think so if possible.

だが、あれが偶然だろうか。

But is that a coincidence?

昨日から今朝にかけておれの行く所には必ず母親の目が光っているのだ。

Mother's eyes are always shining where I go from yesterday to this morning.

それから、不思議なのは妹のそぶりだ。

And what's mysterious is my sister's appearance.