文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

疑惑:江戸川 乱歩(355-418)/689

……

......

 君も知っている通り、おれはよく学校を怠ける。

As you know, I often miss school.

だから、近頃ずっと休んでいるのを、たれも別に怪まない。

So, I'm not suspicious of being resting all the time recently.

ところが、妹の奴、兄さんは何故学校へ出ないのだと聞くのだ。

However, my sister, brother, asks why he does not go to school.

今まで一度だってそんなことを聞いたことはないのに、事件があってから、二度も同じことを聞くのだ。

I've never heard of that before, but I've heard the same thing twice after the incident.

そして、その時の眼つきが実に妙なんだ、まるで泥坊同志が合点合点をする様な調子で、何もかも呑み込んでいるから安心しろという、どう考えても、そうとしかとれない様な合図をするのだ。

And, the eyes at that time are really strange, it seems like a compassion of thieves, and everything is swallowed, so you can rest assured that no matter what you think, give a signal that can only be taken It is.

妹はてっきりこのおれを疑っているのだ。

My sister is suspicious of this.

その妹の目も光っている。

The sister's eyes are also shining.

やっとのことで、母親と妹の目をのがれて庭へ出て見ると、あいにく、二階の窓から兄きがのぞいている。

Finally, when I looked out of the garden with my mother and sister looking out, unfortunately my brother was looking through the window on the second floor.

そんな風でどうしても機会がないのだ。

That's why there is absolutely no opportunity.

……

......

 それに、たとえ機会が与えられたとしても、祠のうしろを見ることは、非常な勇気の入る仕事だ。

Also, even if given the opportunity, seeing behind the fence is a very courageous job.

イザとなったら、おれにはこわくて出来ないかも知れぬ。

If you become an Isa, you might be scared of me and I can't do it.

だれが犯人だか極まらないのも、無論堪まらないことだ。

Of course, it's hard not to endure who is the culprit.

といって、肉親の中のだれかに相違ない犯人を、確めるというのは、これも恐しい。

However, it is also scary to confirm the criminal who is no different among the relatives.

ああ、おれは一体どうしたらいいのだ」

Oh, what should I do? "

「…………」

“…………”

「つまらないことをいっている間に、妙な所へ来て終ったね、ここは一体何という町だろう。

“While I was talking about something boring, I ended up coming to a strange place.

ボツボツあと戻りをしようじゃないか」

Would n’t you like to go back? ”

「…………」

“…………”

四、十一日目

Fourth, tenth day

「おれはとうとう見た。

“I finally saw it.

例のほこらのうしろを見た……」

I saw the back of the example ... "

「何があった?」

“What happened?”

「恐しいものが隠してあった。

"A scary thing was hidden.

昨夜、皆の寝しずまるのを待って、おれは思い切って庭へ出た。

Last night I waited for everyone to fall asleep and I went out to the garden.

下の縁側からは、母親と妹がすぐそばで寝ているので、とても出られない。

From the lower edge, my mother and sister are sleeping next to me, so I can't go out very much.

そうかといって表口から廻るにも、彼等のまくら許を通らなければならぬ。

That said, you have to go through their pillows to get around from the front door.

そこで、おれは二階の自分の部屋が、丁度庭に面しているのを幸、そこの窓から屋根を伝って地面へ降りた。

So I was fortunate that my room on the second floor was just facing the garden, and went down the window through the roof and down to the ground.

月の光が昼の様にその辺を照らしていた。

The moonlight lit the area like noon.

おれが屋根を伝う怪しげな影が、クッキリと地面にうつるのだ。

The dubious shadows that pass through the roof of me clearly move to the ground.

何だか自分が恐しい犯罪者になった様な気がした。

I felt like I was a scary criminal.

親父を殺したのも実はこのおれだったのではないか、ふっとそんなことを考えた。

I thought that it was actually this that killed my dad.

おれは夢遊病の話しを思い出した。

I recalled the story of sleepwalking.

いつかの晩も、やっぱりこんな風にして、屋根を伝って、親父を殺しに行ったのではないか。

One night, it was like this and I went down the roof and went to kill my father.

……おれはゾーッと身ぶるいがした。

...... I was suffocating.

だが、よく考えて見れば、そんな馬鹿馬鹿しいことがあろう道理はないのだ。

But if you think carefully, there's no reason for such a stupid thing.

あの晩、親父の殺された刻限には、おれはちゃんと自分の部屋で目をさましていたはずだ。

That night, when my father was killed, I should have been in my room.

 おれは跫音に注意して、例のほこらのうしろへ行った。

I paid attention to the roar and went to the back of the example.

月の光でよく見ると、ほこらのうしろの地面に、掘返したあとがあった。

When I looked closely at the moonlight, there was a dug on the ground behind me.

サテはこれだなと思って、手で土をかき分けて見た。

Sate thought this was the case and saw the soil by hand.

一寸二寸と掘て行った。

I dug one and two inches.

すると、存外浅い所に手ごたえがあった。

Then there was a response in a shallow place.

とり出して見ると、それは見覚えのある。

When you take it out, it is familiar.

自分の家の斧だった。

It was my own axe.

赤くさびた刃先の所に、月の光でも見分けられる程、こってりと黒い血の塊がねばりついていた……」

At the edge of the red rusty edge, there was a thick and dark blood clot sticking enough to be recognized by the moonlight ... "

「斧が?」

"Ax?"

「うん、斧が」

"Yeah, an ax"

「それを、君の妹さんが、そこへ隠しておいたというのか」

"Is your sister hiding it there?"

「そうとしか考えられない」

"I can only think so"

「でも、まさか妹さんが下手人だとは思えないね」

"But I don't think my sister is a bad guy."

「それは分らない。

"I don't know that.

たれだって疑えば疑えるのだ。

If you doubt it, you doubt it.

母親でも、兄でも、妹でも、またおれ自身でも、みんなが親父には恨を抱いていたのだ。

Whether it was a mother, brother, sister, or myself, everyone had a jealousy of their father.

そして、恐らくみんなが親父の死を願っていたのだ」

And perhaps everyone wanted their father to die. ''

「君のいい方は、あんまりひどい。

“Your good one is so bad.

君や兄さんは兎も角、お母さんまでが、長年つれ添った夫の死を願っているなんて、どんなにひどい人だったか知らないが、肉親の情というものはそうしたものじゃないと思う。

You and your brother don't know how terrible it was to have your husband who had been with you for years, but I don't think your relatives are like that.

君にしたって、お父さんがなくなった今では、やっぱり悲しいはずだ……」

Now you should be sad now that your father is gone ... "

「それが、おれの場合は例外なんだ。

“That ’s an exception in my case.

ちっとも悲しくないんだ。

I'm not sad at all.

母にしろ、兄にしろ、妹にしろ、たれ一人悲しんでやしないんだ。

Whether it's a mother, an older brother, or a younger sister, I won't be sad.

非常に恥しいことだが、実際だ。

It's very shameful, but actually.

悲しむよりも恐れているのだ。

I'm more afraid than sad.

自分達の肉親から、夫殺しなり親殺しなりの、重罪人を出さねばならぬことを恐れているのだ。

They are afraid that their relatives will have to send a felony, a husband or a murderer.