文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

疑惑:江戸川 乱歩(419-485)/689

外の事を考える余裕なんかはないのだ」

I can't afford to think outside. "

「その点は、本当に同情するけれど、……」

“I really feel sympathy for that, but ...”

「だが、兇器は見つかったけれど、下手人がだれであるかは少しも分らない。

“But I found a fixture, but I don't know who the bad guy is.

やっぱり真暗だ。

After all it is pure darkness.

おれは斧を元の通り土に埋めておいて、屋根伝いに自分の部屋へ帰った。

I buried the ax in the soil as it was and returned to my room along the roof.

それから一晩中、まんじりともしなかった。

Then I didn't sneak all night.

さまざまな幻が、モヤモヤと目先に現れるのだ。

Various illusions appear in the eyes of your eyes.

お袋が般若の様な恐ろしい形相をして、両手で斧をふり上げている所や、兄きが顔に石狩川の様なかんしゃく筋を立てて、何とも知れぬおめき声を上げながら、兇器をふり下している所や、妹が何かを後手に隠しながら、ソロリソロリと親父の背後へ迫って行く光景や」

The bag is in a terrible form like Hannya, the place where the ax is lifted with both hands and the elder brother has a muscular line like Ishikari River on his face, raising a strange groan, `` Scenes where I'm walking down and my sister is hiding something behind me and approaching behind Sololysorori and my father. ''

「じゃ君は昨夜寝なかったのだね。

"So you didn't sleep last night.

道理で何だかこう奮していると思った。

I thought I was doing something reasonable.

君は平常から少し神経過敏の方だ。

You are a little nervous from normal.

それがそうこう奮しちゃ身体に触るね。

That's how it touches the body.

ちっと落ついたらどうだ。

What if it falls a little?

君の話しを聞いていると、あんまり生々しいので、気持が悪くなる」

Listening to you will make you feel uncomfortable because it is so fresh. ''

「おれは平気な顔をしている方がいいのかも知れない。

“I might have a sensible face.

妹が兇器を土に埋めた様に、この発見を、心の底へ埋めてしまった方がいいのかも知れない。

It may be better to bury this discovery to the bottom of my heart, just as my sister buried the fixtures in the soil.

だが、どうしても、そんな気になれないのだ。

But that doesn't mean that.

無論、世間に対しては絶対に秘密にしておかねばならぬけれど、少くともおれ丈けは、事の真相を知りたいのだ。

Of course, you have to keep it secret to the public, but at least you want to know the truth.

知らねばどうしても安心が出来ないのだ。

If you don't know, you can't rest assured.

毎日毎日家中のものが、お互がお互を探りあっている様な生活は堪まらないのだ」

Every day, every day things in my house can't endure life like they are searching for each other. ''

「今更いっても無駄だけれど、君は一体、そんな恐しい事柄を、他人のおれに打開けてもいいのかい。

“It ’s no use now, but is it okay for you to open up such a terrible thing to others?

最初はおれの方から聞き出したのだが、この頃では、君の話を聞いていると恐しくなる」

At first I heard it from me, but nowadays I get scared when I hear your story. ''

「君は構わない。

"You don't mind.

君がおれを裏切ろうとは思ない。

I don't think you will betray me.

それに、だれかに打開けでもしないと、おれはとても堪まらないのだ。

And I can't stand it unless I open it up to someone.

不愉快かも知れないけれど、相談相手になってくれ」

It may be unpleasant, but please consult me. ''

「そうか、それならいいけれど。

"Yes, that's fine.

で、君はこれから、どうしようというのだい」

So what are you going to do now? "

「分らない。

"do not know.

何もかも分らない、妹自身が下手人かも知れない。

I don't know anything, my sister may be a bad guy.

それとも、母親か、兄きか、どっちかをかばう為に兇器を隠したのかも知れない。

Or maybe he hid the furniture to cover either his mother or his brother.

それから、分らないのは妹がおれを疑っている様なそぶりだ。

And what I don't know is how my sister suspects me.

どういう訳で、奴はおれを疑うのだろう。

Why does he doubt me?

あいつの目つきを思い出すと、おれはゾーッとする。

When I remember his eyes, I'm thrilled.

若い丈けに敏感な妹は、何かの空気を感じているのかも知れない」

A young, sensitive younger sister may feel some air. ''

「…………」

“…………”

「どうも、そうらしい。

“That ’s right.

だが、それが何だか少しも分らないのだ。

But I don't know what it is.

おれの心の奥の奥で、ブツブツブツブツつぶやいている奴がある。

There is a guy murmuring in the back of my heart.

その声を聞くと不安で堪まらない。

When I hear that voice, I feel uneasy.

おれ自身には分らないけれど、妹丈けには何かが分っているのかも知れない」

I don't know, but my sister may know something. ''

「いよいよ君は変だ。

"You are strange now.

なぞみたいなことをいっている。

I'm talking about a mystery.

さっき君もいった通り、お父さんの殺されなすった時刻に、君自身がチャンと目をさましていたとすれば、そして、君の部屋に寝ていたとすれば、君が疑われる理由は少しだってないはずではないか」

Just like you said, if you were standing with your eyes at the time when your father was killed, and if you were sleeping in your room, there were a few reasons why you were suspected. Should n’t it be? ”

「理窟ではそういうことになるね。

“That ’s the case in the caves.

だが、どうした訳か、おれは、兄や妹を疑う一方では、自分自身までが、妙に不安になり出した。

But for some reason, I suspected my brother and sister, but even myself became strangely anxious.

全然父の死に関係がないとはいい切れない様な気がする。

I don't feel like it's not related to my father's death.

そんな気がどっかでする」

I feel that way. "

五、約一ヶ月後

After about one month

「どうした。

"What happened.

何度見舞に行っても、あわないというものだから、随分心配した。

I was worried a lot because I could n’t regret no matter how many times I visited.

気でも変になったのじゃないかと思ってね。

I thought it was strange.

ハハハハハ。

Hahahahaha.

だが、やせたもんだな。

But it ’s thin.

君の家の人も妙で、くわしいことを教えてくれなかったが、一体どこが悪かったのだい」

The people in your house were also strange and didn't tell me the details, but what was wrong?

「フフフフフフ。

"Huhfufufufu.

まるでゆうれいみたいだろう。

It ’s like it ’s sloppy.

今日も鏡を見ていて恐しくなったよ。

I was afraid to see the mirror today.

精神的の苦痛というものが、こうも人間をいたいたしくするものかと思ってね、おれはもう長くないよ。

I don't think it's long for me to think that mental pain is what makes humans so bad.

こうして君の家へ歩いて来るのがやっとだ。

It's finally time to walk to your house.

妙に体に力がなくて、まるで雲にでも乗っている様な気持だ」

The body is strangely weak and it feels like riding in the clouds. ''

「そして病名は?」

“And what is the name of the disease?”

「何だかしらない。

“I do n’t know.

医者はいい加減のことをいっている。

The doctor says good things.

神経衰弱のひどいのだって。

Even the nervous breakdown was terrible.

妙なせきが出るのだよ。

A strange cough appears.

ひょっとしたら肺病かも知れない。

Maybe lung disease.