文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

疑惑:江戸川 乱歩(486-547)/689

いやひょっとしたらじゃない。

Not at all.

九分九厘そうだと思っている」

I think it's like nine minutes. "

「お株を始めた。

"I started a stock.

君の様に神経をやんでいたんではたまらないね。

It ’s irresistible if you stop nervous like you.

きっとまた例のお父さんの問題で考え過ぎたんだろう。

I'm sure I thought too much about the problem of my father.

あんなこと、もういい加減に忘れてしまったらどうだ」

What if I forgot about that? "

「イヤ、あれはもういい。

“No, that's already good.

すっかり解決した。

I solved it completely.

それについて、実は君の所へ報告に来た訳なんだが……」

Actually, I came to report to you ... "

「ああ、そうか。

"Oh, I see.

それはよかった。

That's good.

うっかり新聞も注意していなかったが、つまり犯人が分ったのだね」

I didn't care about the newspapers, but I knew the culprit. ''

「そうだよ。

"that's right.

ところが、その犯人というのが、驚いちゃいけない、このおれだったのだよ」

But the culprit was this, don't be surprised. ''

「エッ、君がお父さんを殺したのだって。

“Eh, you killed your dad.

……君、もうその話は止そう。

...... You will stop that story.

それよりも、どうだい、その辺をブラブラ散歩でもしようじゃないか。

It's better to take a stroll around the area.

そして、もっと陽気な話をしようじゃないか」

And let's talk more cheerfully. ''

「イヤ、イヤ、君、まあすわってくれたまえ。

“No, no, no, you sat up.

兎に角|筋道丈け話してしまおう。

Speak to the corner.

おれはその為にわざわざ出かけて来たんだから。

I went out for that purpose.

君は何だかおれの精神状態を危んでいる様子だが、その点は心配しなくてもいい。

You seem to be in danger of your mental state, but don't worry about that.

決して気が変になった訳でも、何でもない」

It ’s not something that makes me crazy.

「だって、君自身が親殺しの犯人だなんて、あんまり馬鹿馬鹿しいことをいうからさ。

"Because you are so ridiculous that you are the criminal who killed you.

そんなことは色々な事情を考え合せて、全然不可能じゃないか」

It's not impossible at all, considering various circumstances. ''

「不可能?

"impossible?

 君はそう思うかい」

(Do you think so?)

「そうだろう、お父さんの死なれた時間には君は自分の部屋の蒲団の中で、目をさましていたというじゃないか。

"That's right, I think you were in your room in your room when your father died.

一人の人間が、同時に二ヶ所にいるということは、どうしたって不可能じゃないか」

It's not impossible for a person to be in two places at the same time. ''

「それは不可能だね」

"That's impossible"

「じゃ、それでいいだろう。

“That ’s OK.

君が犯人であるはずはない」

You can't be a criminal. ''

「だが、部屋の中の蒲団の上に寝ていたって、戸外の人が殺せないとはきまらない。

“But even if you're sleeping on a room in the room, you can't say that someone outside can't kill you.

これは、一寸だれでも気付かない事だ、おれも最近まで、まるでそんなことは考えていなかった。

This is something no one notices, until I recently did not think of that.

ところが、つい二三日前の晩のことだ。

However, it was the night just a few days ago.

ふっとそこへ気がついた。

I noticed there suddenly.

というのは、やっぱり親父の殺された時刻の一時頃だったがね、二階の窓の外で、いやに猫が騒ぐのだ。

After all, it was about the time when my father was killed, but the cat made a noise outside the window on the second floor.

二匹の猫が長い間、まるで天地のひっくり返る様なひどい騒ぎをやっているんだ。

The two cats have been making a fuss for a long time as if they were upside down.

あんまりやかましいので、窓を開けておっ払らうつもりで、おき上ったのだが、そのとたんハッと気づいた。

It was so noisy, so I opened up the window and wanted to get rid of it, but I suddenly realized it.

人間の心理作用なんて、実に妙なものだね。

The human psychological action is really strange.

非常に重大なことを、すっかり忘れて平気でいる。

I have forgotten all the very important things.

それがどうかした偶然の機会に、ふっとよみがえって来る、墓場の中からゆう霊が現れる様に恐しく大きな、物すごい形になってうかび上って来る。

When it happens, it suddenly comes back to life, and comes up in a terrible and terrible shape like a ghost appears from the graveyard.

考えて見ると、人間が日々の生活をいとなんで行くということは、何とまああぶなっかしい軽業だろう。

If you think about it, it's a terrible light work for humans to go through their daily lives.

一寸足をふみはずしたら、もう命がけの大怪我だ。

If you take one foot off, it's already a serious injury.

よく世の中の人達はあんなのん気相な顔をして、生きていられたものだね」

People in the world often lived with that kind of gas-phase face. ''

「それで、結局どうしたというのだ」

“So what happened after all?”

「まあ聞きたまえ。

"Well, listen.

その時おれは、親父の殺された晩、一時頃に、なぜおれが目をさましていたかという理由を思出したのだ。

At that time, I came up with the reason why I was awake at the time when my father was killed.

今度の事件で、これが最も重大な点だ。

This is the most important point in this incident.

一体おれは、一度寝ついたら朝まで目をさまさないたちだ。

I'm the one who doesn't wake up until morning when he sleeps.

それが夜半の一時頃、ハッキリ目をさましていたというには、何か理由がなくてはならない。

There must be some reason why it was clear at the time of midnight.

おれは、その時まで、少しもそこへ気がつかなんだが、猫の鳴声で、すっかり思出した。

I wasn't aware of it until then, but I was totally amazed by the cry of the cat.

あの晩にもやっぱり、同じ様に猫が鳴いていたのだ。

That night, the cat was singing in the same way.

それで目をさまされたのだった」

That's why I woke up. ''

「猫に何か関係でもあったのかい」

"Is there anything related to cats?"

「まあ、あったんだ。

"Well, there was.

ところで、君はフロイドのアンコンシャスというものを知っているかしら。

By the way, do you know what Floyd is unconscious?

兎も角、簡単に説明するとね、我々の心に絶えず起って来る慾望というものは、その大部分は遂行されないでほうむられてしまう。

In short, I will briefly explain that the enthusiasm that constantly arises in our hearts is largely unsuccessful.

あるものは不可能な妄想であったり、あるものは、可能ではあっても社会上禁ぜられた慾望であったりしてね。

Some things are impossible delusions, and some things are possible, but they are socially forbidden envy.

これらの数知れぬ慾望はどうなるかというと、我々みずから無意識界へ幽囚してしまうのだ。

What happens to these enormous envys is that we are captivated by the unconscious world.

つまり、忘れてしまうのだが。

In other words, you forget.

忘れる、ということは、その慾望を全然無くしてしまうのではなくて、我々の心の奥底へとじ込めて、出られなくしたというに過ぎない。

Forgetting doesn't mean that envy is lost, but it's just that we're stuck in our hearts and can't go out.