文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

疑惑:江戸川 乱歩(548-599)/689

だから、僕達の心の底の暗闇には、浮かばれぬ慾望の亡霊が、ウヨウヨしている訳だ。

That's why in the darkness of our hearts, there are ghosts of envy that can't be lifted.

そして少しでも隙があれば飛び出そう、飛び出そうと待構えている。

And if there is even a little gap, I will be ready to jump out, and I am waiting to jump out.

我々が寝ている隙をうかがっては、夢の中へ色々な変装をしてのさばり出す。

When we see the time when we are sleeping, we put out various disguises into our dreams.

それが高じては、ヒステリーになり気違いにもなる。

It can be hysterical and mad.

うまく行って昇華作用を経れば、大芸術ともなり、大事業ともなる。

If it goes well and goes through sublimation, it becomes a big art and a big business.

精神分析学の書物を一冊でも読めば、幽囚された慾望というものが、どんなに恐しい力を持っているかに一驚を喫するだろう。

If you read even a book of psychoanalysis, you will be amazed at how terrible the envy of envy is.

おれは、以前そんな事に興味を持って少しばかり読んだことがある。

I've read a bit of interest in that before.

 その一派の学説に『物忘れの説』というものがあるのだ。

There is a “Theory of Forgetting” in the school theory.

分り切ったことをふと忘れて、どうしても思い出せない、俗に胴忘れという事があるね。

You forget what you know and you can't remember it.

あれが決して偶然でないというのだ。

That is no accident.

忘れるという以上は、必ずそこに理由がある。

There is always a reason to forget it.

何か思い出しては都合の悪い訳があって、知らず知らずその記憶を無意識界へ幽囚しているのだという。

There is a reason why it is inconvenient to recall something.

いろいろ実例もあるが、たとえばこんな話がある。

There are various examples, but for example:

 かつてある人が、スイッツルの神経学者ヘラグースという名を忘れて、どうしても思出せなかったが、数時間の後に偶然心にうかんで来た。

A person once forgot the name of Sitzle's neurologist Heragoose, but couldn't imagine it, but after a few hours came to his heart by chance.

日頃熟知している名前を、どうして忘れたのかと不思議に思って聯想の順序をたどって見た所、ヘラグース――ヘラバット・バット(浴場)――沐浴――鉱泉――という風にうかんで来た。

I wondered why I forgot the name that I knew everyday, and followed the order of meditation, and came in the form of Heragoth-Herabat bat (bath)-Bathing-Mineral spring- It was.

そしてやっとなぞが解けた。

And finally I was able to solve it.

その人は以前スイッツルで鉱泉浴をしなければならない様な病気に罹ったことがある。

The person has previously suffered from an illness such as having to take a spa bath in Switzer.

その不愉快な聯想が記憶を妨げていたのだと分った。

I realized that the unpleasant idea was preventing my memory.

 また精神分析学者ジョオンスの実験談にこういうのがある。

Also, there is something like this in the experimental story of psychoanalyst Joons.

その人は煙草ずきだったが、こんなに煙草をのんではいけないなと思うと、そのしゅん間パイプの行方がわからなくなる。

The person was smoking a cigarette, but when he thinks he should n’t put on the cigarette, he ca n’t figure out where the pipe is going.

いくらさがしても見つからない。

I can't find it no matter how much.

そして忘れた時分にヒョイと意外な所から出て来た。

And when he forgot, he came out of a surprising place with Hyoy.

それは無意識がパイプを隠したのだ。

It was unconsciously hiding the pipe.

……何だかお談義みたいになったが、この忘却の心理学が、今度の事件を解決するカギなんだ。

...... It's kind of like talking, but this forgetting psychology is the key to solving this incident.

 おれ自身も、実は飛んだことを胴忘れしていたんだ。

I myself forgot that I actually flew.

親父を殺した下手人が、このおれであったということをね……」

The bad guy who killed his father was this me ... "

「どうも、学問のある奴の妄想にはこまるね。

“That ’s why I ’m stuck in the delusions of an academic person.

世にも馬鹿馬鹿しい事柄を、さも仔細らしく、やかましい学説入りで説明するんだからな、そんな君、人殺しを胴忘れするなんて、間抜けた話が、どこの世界にあるものか。

Where in the world is there an awkward story about forgetting to kill you, because you're going to explain the ridiculous things in the world with a confusing and noble theory?

ハハハハハハ。

Hahahahahaha.

しっかりしろ。

come on.

君は実際、少しどうかしているぜ」

You are actually doing something a little bit. ''

「まあまて、話をしまい迄聞いてから何とでもいうがいい。

“Well, after listening to the story, it ’s okay to say anything.

おれは決して君の所へ冗談をいいに来たのではない。

I never came to joke to you.

ところで、猫の鳴声を聞いておれが思出したというのは、あの晩に、同じ様に猫が騒いだ時、すぐ屋根の向うにある松の木に飛びつかなかったか、きっと飛びついたに相違ない、そういえば、何だがバサッという音を聞いた様にも思う、ということだった……」

By the way, when I heard the cry of the cat, I thought that when the cat made a noise in the same way, it must have jumped to the pine tree just behind the roof, or it must have jumped. Speaking of which, it was like I heard a banging sound ... "

「いよいよ変だなあ。

"It's strange now.

猫が松の木に飛びついたのが、死因の本筋とどんな関係があるんだい。

What is the relationship between the cat's jumping on the pine tree and the main cause of death?

どうも僕は心配だよ。

I'm worried.

君の正気がさ……」

Your sanity ... "

「松の木というのは、君も知っているだろう。

“You know pine trees.

おれの家の目印になるような、あの馬鹿に背の高い大樹なんだ。

It ’s a tall tree that ’s tall enough to be a sign of my house.

そして、その根許の所に親父の腰かけていた、切石がおいてあるのだ。

And there is a quarry that the father sits at the root.

……こういえば、大概君にも、話の筋が分っただろう……つまり、その松の木に猫が飛びついた拍子に、偶然枝の上にのっかっていたあるものにふれて、それが親父の頭の上へ落ちたのではないかということだ」

…… Speaking of this, you probably knew the story… In other words, when the cat jumped on the pine tree, I touched a certain thing that was on the branch, and that was my father. It may have fallen on your head. ''

「じゃ、そこに斧がのっかっていたとでもいうのか」

"Then it's said that there was an ax on it."

「そうだ。

"That's it.

正にのっかっていたのだ。

It was just right.

非常な偶然だ。

It's a very coincidence.

が、あり得ないことではない」

But that is not impossible. ''

「だって、それじゃ偶然の変事という丈けで、別に君の罪でも何でもないではないか」

“Because it's a tough accident, and it ’s not your sin.”

「ところが、その斧をのせておいたのが、このおれなんだ。

“But this is the one who put the ax on it.

そいつを、つい二三日前まで、すっかり忘れてしまっていたのだ。

I had forgotten it until just a few days ago.

その点が所謂忘却の心理なんだよ。

That is the so-called forgetting psychology.

考えて見ると、斧をのせた。

When I thought about it, I put an ax on it.