文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

疑惑:江戸川 乱歩(600-655)/689

というよりも、木の股へおき忘れたのは、もう半年も前のことだ。

Rather, it was half a year ago that I forgot to go to the crotch of the tree.

それ以来、一度も思出したことがない。

Since then, I have never thought of it.

その後斧の入用が起らないので、自然思出す機会もなかった訳だけれど、それにしても、何かの拍子に思出し相なものだ。

After that, the ax was not used, so I didn't have a chance to think about it naturally.

又思出してもいい程のある深い印象が残っているはずだ。

There should be a deep impression that can be recalled.

それをすっかり忘れていたというのは、何か理由がなければならない。

There must be some reason why you forgot it.

 今年の春、松の枯れ枝を切る為に斧やのこぎりを持って、その上へ登った。

In the spring of this year, I took an ax and saw to cut the dead pine branches and climbed up.

枝に股がったあぶない仕事なので、不用な時には、斧を木の股へおいては仕事をした。

Since it was a daunting job with a crotch on a branch, when it was not needed, I put the ax on the crotch of the tree and worked.

その木の股というのが、丁度例の切石の真上に当るのだ。

The crotch of the tree just hits the top of the cut stone.

高さは二階の屋根よりも少し上の所だ。

The height is a little above the roof on the second floor.

おれは仕事をしながら考えた。

I thought while working.

若しここから斧が落ちれば、どうなるだろう。

If the ax falls from here, what will happen?

きっとあの石にぶつかるに相違ない。

I'm sure he will hit that stone.

石の上に人が腰かけていれば、その人を殺すかも知れない。

If a person sits on a stone, he may kill him.

そこで、中学校の物理で習った『落体の仕事』の公式を思出した。

Therefore, I came up with the formula of “work of falling bodies” learned from physics at junior high school.

この距離で加速度がつけば、無論人間の頭蓋骨を砕く位の力は、出るだろう。

If acceleration is applied at this distance, of course, the power of breaking the human skull will come out.

 そして、その石に腰をかけて休むのが親父の癖なのだ。

And the father's nephew rests on the stone and rests.

おれは思わず知らず、親父を殺害することを考えていたんだ。

I didn't know it and thought about killing my father.

ただ心の中で思ったばかりだけれど、おれは思わずハッと青くなったね。

I just thought in my mind, but I suddenly turned blue.

どんな悪い人間にしろ、仮りにも親を殺そうと考えるなんて、何という人外だ! 早くそんな不吉な妄想を振い落してしまおうと思った。

What a bad human being, even if you think you want to kill a parent, what a stranger! I wanted to shake off such an ominous delusion early.

そこで、この極悪非道の慾望が、意識下に幽囚された訳だ。

Therefore, this envy of villainy was imprisoned under consciousness.

そして、その斧は俺の悪念をうけついで、チャンと元の木の股に時機の来るのをまっていた。

And the ax was angry with my bad idea, and was waiting for the time to come to Chang and the crotch of the original tree.

この斧を忘れて来たというのが、フロイドの学説に従えば、いうまでもなく、おれの無意識の命じた業なんだ。

Forgetting this ax is, of course, my unconscious command, according to Floyd's theory.

無意識といっても普通の偶然のさく誤を意味するものではなくて、チャンとおれ自身の意志から発しているのだ。

Unconsciousness does not mean a normal accidental mistake, but it originates from the will of Chan and myself.

あすこへ斧をおき忘れておけば、どうかした機会に落ちることがあるだろう。

If you forget the ax to Asuko, you may fall in some chance.

そして若しその時、親父が下の石に腰かけていたら、彼を殺すことが出来るだろう。

And at that time, if the father was sitting on the stone below, he could kill him.

そういう複雑な計画が、暗々の中に含まれていた。

Such a complex plan was included in the dark.

しかも、その悪だくみを、おれ自身さえ知らずにいたのだ。

Moreover, I didn't even know that evil.

つまり、おれは、親父を殺す装置を用意しておきながら、故意にそれを忘れて、さも善人らしく見せかけていた。

In other words, I had prepared a device to kill my father, forgot it, and made it look like a good man.

くわしくいえば、おれの無意識界の悪人が、意識界の善人をたばかっていたのだ」

In detail, my unconscious villain was defeating the good in the conscious world. ''

「どうもむずかしくてよくわからないが、何だか故意に悪人になりたがっている様な気がするな」

"It's difficult and I don't know, but I don't feel like I want to be a villain on purpose."

「いや。

"Disagreeable.

そうじゃない。

That's not it.

若し君がフロイドの説を知っていたら決してそんな事は云わないだろう。

If you knew Floyd's theory, you would never say that.

第一、斧のことを半年の間も、どうして忘れ切っていたか。

First, why did you forget about the ax for half a year?

現に血のついた同じ斧を目撃さえしているじゃないか。

You're actually even witnessing the same ax with blood.

これは普通の人間としてあり得ないことだ。

This is impossible as an ordinary person.

第二に、何故、そんな場所へ、しかも危いことを知りながら、斧を忘れて来たか。

Second, why did you forget the ax to such a place while knowing that it was dangerous?

第三に、何故、殊更にその危い場所をえらんで斧をおいたか。

Third, why did you put an ax in the most dangerous area?

三つの不自然なことがそろっている。

There are three unnatural things.

これでも悪意がなかったといえるだろうか。

Could it be said that there was no malicious intention?

ただ忘却していたという丈けで、その悪意が帳消しになるだろうか」

It ’s just that you ’ve forgotten it, and will the bad faith be revoked? ”

「それで、君はこれからどうしようというのだ」

“So, what are you going to do?”

「無論自首して出るつもりだ」

“Of course I ’m going to come out on my own”

「それもよかろう。

“That ’s good too.

だが、どんな裁判官だって、君を有罪にするはずはあるまい。

But no judge should be guilty of you.

その点はまあ安心だけれど。

That's a relief, though.

で、この間から、君のいっていた、色々な証拠物はどうなったのだい。

So what happened to the various proofs that you were talking about?

ハンカチだとか、お母さんの櫛だとか」

It ’s a handkerchief or a mom ’s comb. ”

「ハンカチはおれ自身の物だった。

“The handkerchief was mine.

松の枝を切る時に、斧の柄にまきつけたのを、そのままおき忘れた。

When I cut the pine branch, I forgot to leave it on the handle of the ax.

それがあの晩斧と一緒に落ちたのだ。

It fell with the ax that night.

櫛は、はっきりしたことは分らないけれど、多分、母親が最初親父の死体を見つけた時に落したのだろう。

I don't know for sure, but the comb was probably dropped when the mother first found his father's corpse.

それを兄貴がかばいだてに隠してやったものに相違ない」

It must be what the big brother hid behind his cover. ''

「それから妹さんが斧を隠したのは」

"And then my sister hid the ax"

「妹が最初の発見者だったから、十分隠すひまがあったのだ。

“Since my sister was the first discoverer, I had enough time to hide.

一目で自分の家の斧だと分ったので、きっと家内のだれかが下手人だと思い込み、兎も角、第一の証拠物を隠す気になったのだろう。

I knew at first sight that it was an ax of my house, so I was sure that someone in my house was a bad guy, and I was tempted to hide the first evidence.