文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

疑惑:江戸川 乱歩(656-689)/689

一寸気転の利く娘だからね。

Because she's a quick-disturbing daughter.

それから、刑事の家宅捜索などがはじまったので、並の隠し場所では安心が出来なくなり、例のほこらの裏を選んで隠しかえたものに相違ない」

After that, the criminal search of the house started, so I can not feel at ease in the usual hidden place, it must have been hidden behind the example of the dust. ''

「家内中の者を疑った末、結局、犯人は自分だということがわかった訳だね。

“After doubting the people in the house, I finally realized that the criminal was myself.

盗人をとらえて見れば何とかだね。

Somehow if you catch the thief and see it.

何だか喜劇じみているじゃないか。

Isn't it a comedy?

こんな際だけれど、僕は妙に同情というような気持が起らないよ。

It ’s like this, but I do n’t feel strangely sympathetic.

つまり、君が罪人だということがまだよくのみ込めないんだね」

In other words, you still can't put it well that you are a sinner. ''

「その馬鹿馬鹿しい思違いだ。

“That ’s an idiot.

それが恐しいのだ。

That's scary.

ほんとうに喜劇だ。

Really a comedy.

だが、喜劇と見える程間が抜けている所が、単純な物忘れなどでない証拠なんだ」

`` But the place where you can see it as a comedy is not a simple forgetful thing. ''

「いって見れば、そんなものかも知れない。

“If you look at it, it may be like that.

しかし、おれは、君の告白を悲しむというよりも、数日の疑雲がはれたことを祝い度い様な気がしているよ」

But I feel like celebrating a few days of suspicion, rather than sadness of your confession. ''

「その点は、おれもせいせいした。

“That point was also my fault.

皆が疑い合ったのは、実はかばい合っていたので、だれもあんな親父をさえ殺す程の悪人はいなかったのだ。

Everyone was suspicious because they were actually fighting, so no one was so bad that they killed even such a father.

そろいもそろって無類の善人ばかりだった。

All of them were all unrivaled good people.

その中で、たった一人の悪人は、皆を疑っていたこのおれだ。

Among them, the only villain is this one who doubted everyone.

その疑惑の心の強い点だけでも、おれは正に悪党だった」

I was just a villain just for the suspicion of that suspicion. ''

底本:「江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者」光文社文庫、光文社

Sokomoto: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 1: Walkers in Attic" Kobunsha Bunko, Kobunsha

   2004(平成16)年7月20日初版1刷発行

Issued the first edition of the first edition on July 20, 2004

   2012(平成24)年8月15日7刷発行

7th edition issued on August 15, 2012

底本の親本:「江戸川乱歩全集 第十巻」平凡社

Masterpiece of the bottom book: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 10" Heibonsha

   1931(昭和6)年9月

September 1931

初出:「写真報知」報知新聞社

First appearance: “Photo Announcement” Newspaper Company

   1925(大正14)年9月15日、25日、10月15日

September 15, 25, and October 15 1925 (Taisho 14)

※底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

* The bottom of the book is made up of “months” (division number 5-86) used for counting things and place names.

※「兄貴」と「兄き」の混在は、底本通りです。

* The mix of “big brother” and “big brother” is basically the same.

※底本巻末の平山雄一氏による註釈は省略しました。

* The comment by Yuichi Hirayama at the end of the bottom book was omitted.

入力:門田裕志

Input: Yuji Kadota

校正:江村秀之

Proofreading: Hideyuki Emura

2017年11月24日作成

Created on November 24, 2017

青空文庫作成ファイル:

Blue sky library creation file:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers are responsible for input, proofreading, and production.