文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

人間椅子:江戸川 乱歩(1-34)/308

人間椅子

Human chair

江戸川乱歩

Edogawa Rampo

 佳子は、毎朝、夫の登庁を見送って了うと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、とじ籠るのが例になっていた。

When Keiko finishes seeing her husband's office every morning, it's always past ten o'clock, but finally she becomes her own body and goes to the Western-style study room shared with her husband. It was.

そこで、彼女は今、K雑誌のこの夏の増大号にのせる為の、長い創作にとりかかっているのだった。

So she was now working on a long creation to put on the summer issue of K magazine.

 美しい閨秀作家としての彼女は、此の頃では、外務省書記官である夫君の影を薄く思わせる程も、有名になっていた。

As a beautiful writer Hideaki, she was famous so much that the shadow of her husband, the secretary of the Ministry of Foreign Affairs, was thin.

彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が、幾通となくやって来た。

Every day there were many letters from unknown worshipers coming to her.

 今朝とても、彼女は、書斎の机の前に坐ると、仕事にとりかかる前に、先ず、それらの未知の人々からの手紙に、目を通さねばならなかった。

This morning, when she sat down at the desk in the study, she had to read the letters from those unknown people before she could work.

 それは何れも、極り切った様に、つまらぬ文句のものばかりであったが、彼女は、女の優しい心遣いから、どの様な手紙であろうとも、自分に宛られたものは、兎も角も、一通りは読んで見ることにしていた。

All of them were ridiculously complaining, but from the kind consideration of the woman, whatever the letter was addressed to her, I also decided to read and see the corner.

 簡単なものから先にして、二通の封書と、一葉のはがきとを見て了うと、あとにはかさ高い原稿らしい一通が残った。

After looking at the two sealed letters and the postcards from a single leaf, starting with the simple ones, there was another one that seemed to be a bulky manuscript.

別段通知の手紙は貰っていないけれど、そうして、突然原稿を送って来る例は、これまでにしても、よくあることだった。

I haven't received a letter of notice, but it's often the case that I suddenly send a manuscript.

それは、多くの場合、長々しく退屈極る代物であったけれど、彼女は兎も角も、表題|丈でも見て置こうと、封を切って、中の紙束を取出して見た。

In many cases, it was a long and boring piece, but she cut off the seal and took out the bundle of paper inside, looking at both the heel and the horn, and the title.

 それは、思った通り、原稿用紙を綴じたものであった。

It was a manuscript paper bound as expected.

が、どうしたことか、表題も署名もなく、突然「奥様」という、呼びかけの言葉で始まっているのだった。

But what happened, without a title or signature, suddenly started with the word “wife”.

ハテナ、では、やっぱり手紙なのかしら、そう思って、何気なく二行三行と目を走らせて行く内に、彼女は、そこから、何となく異常な、妙に気味悪いものを予感した。

In Hatena, I wondered if it was a letter, and while running casually and running my eyes, she felt somehow unusual and strangely creepy.

そして、持前の好奇心が、彼女をして、ぐんぐん、先を読ませて行くのであった。

And the curiosity I had was making her read quickly.

 奥様、

Wife,

 奥様の方では、少しも御存じのない男から、突然、此様な無躾な御手紙を、差上げます罪を、幾重にもお許し下さいませ。

For your wife, please forgive me for the sin that suddenly sends such an innocent letter from a man who doesn't know at all.

 こんなことを申上げますと、奥様は、さぞかしびっくりなさる事で御座いましょうが、私は今、あなたの前に、私の犯して来ました、世にも不思議な罪悪を、告白しようとしているのでございます。

When I say this, my wife will be amazed and surprised, but now I'm trying to confess mysterious sins that I have committed before you. .

 私は数ヶ月の間、全く人間界から姿を隠して、本当に、悪魔の様な生活を続けて参りました。

I have been completely hidden from the human world for a few months and have continued to live like a devil.

勿論、広い世界に誰一人、私の所業を知るものはありません。

Of course, no one in the broad world knows my work.

若し、何事もなければ、私は、このまま永久に、人間界に立帰ることはなかったかも知れないのでございます。

If nothing happens, I may not have returned to the human world forever.

 ところが、近頃になりまして、私の心にある不思議な変化が起りました。

However, a strange change in my heart has recently occurred.

そして、どうしても、この、私の因果な身の上を、懺悔しないではいられなくなりました。

And I couldn't help but regret over this causal body.

ただ、かように申しましたばかりでは、色々|御不審に思召す点もございましょうが、どうか、兎も角も、この手紙を終りまで御読み下さいませ。

However, as I just told you, there are various things that you may be suspicious of, but please read this letter to the end.

そうすれば、何故、私がそんな気持になったのか。

Then why did I feel that way?

又何故、この告白を、殊更奥様に聞いて頂かねばならぬのか、それらのことが、悉く明白になるでございましょう。

Also, it will be glaringly clear why this confession must be heard by your wife.

 さて、何から書き初めたらいいのか、余りに人間離れのした、奇怪千万な事実なので、こうした、人間世界で使われる、手紙という様な方法では、妙に面はゆくて、筆の鈍るのを覚えます。

Now, since it is a strange fact that is far away from human beings, it is strange that the method used in the human world is strange and the brush is dull. The

でも、迷っていても仕方がございません。

But there is no way to get lost.

兎も角も、事の起りから、順を追って、書いて行くことに致しましょう。

Let's write both the sword and the horn in order from the beginning of the event.

 私は生れつき、世にも醜い容貌の持主でございます。

I am born and have an ugly appearance.

これをどうか、はっきりと、お覚えなすっていて下さいませ。

Please remember this clearly.

そうでないと、若し、あなたが、この無躾な願いを容れて、私にお逢い下さいました場合、たださえ醜い私の顔が、長い月日の不健康な生活の為に、二た目と見られぬ、ひどい姿になっているのを、何の予備知識もなしに、あなたに見られるのは、私としては、堪え難いことでございます。

Otherwise, if you were able to meet me with this innocent wish, my ugly face would be the second one for an unhealthy life for a long month. It's hard for me to see what it looks like, without any prior knowledge.

 私という男は、何と因果な生れつきなのでありましょう。

The man I am is a causal birth.

そんな醜い容貌を持ちながら、胸の中では、人知れず、世にも烈しい情熱を、燃していたのでございます。

While having such an ugly appearance, in my heart, I was ignorant and burned a passionate world.