文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

人間椅子:江戸川 乱歩(35-62)/308

私は、お化のような顔をした、その上|極く貧乏な、一職人に過ぎない私の現実を忘れて、身の程知らぬ、甘美な、贅沢な、種々様々の「夢」にあこがれていたのでございます。

I looked like a ghost, and I forgot my reality as a very poor, craftsman, longing for an unfamiliar, luscious, luxurious, variety of “dreams” It was.

 私が若し、もっと豊な家に生れていましたなら、金銭の力によって、色々の遊戯に耽けり、醜貌のやるせなさを、まぎらすことが出来たでもありましょう。

If I was young and born in a richer house, I would have been able to make use of the power of money and be able to make a variety of games and dizzy the appearance.

それとも又、私に、もっと芸術的な天分が、与えられていましたなら、例えば美しい詩歌によって、此世の味気なさを、忘れることが出来たでもありましょう。

Or, if I was given more artistic heaven, I could have forgotten the taste of this world, for example by beautiful poetry.

併し、不幸な私は、何れの恵みにも浴することが出来ず、哀れな、一家具職人の子として、親譲りの仕事によって、其日其日の暮しを、立てて行く外はないのでございました。

At the same time, unfortunately I cannot bathe in any grace, and as a pathetic child of a furniture craftsman, there is no other way to set up the day's living that day by the work of a parent. There was.

 私の専門は、様々の椅子を作ることでありました。

My specialty was making various chairs.

私の作った椅子は、どんな難しい註文主にも、きっと気に入るというので、商会でも、私には特別に目をかけて、仕事も、上物ばかりを、廻して呉れて居りました。

The chair I made would surely be liked by any difficult writer, so I had a special look at the business, and I was able to do my job, work and quality.

そんな上物になりますと、凭れや肘掛けの彫りものに、色々むずかしい註文があったり、クッションの工合、各部の寸法などに、微妙な好みがあったりして、それを作る者には、一寸素人の想像出来ない様な苦心が要るのでございますが、でも、苦心をすればした丈け、出来上った時の愉快というものはありません。

When it comes to such an elegance, there are various difficult texts on the sculptures on the sculptures and armrests, and there are subtle preferences for the construction of the cushions and the dimensions of each part. There is a hard time that amateurs can't imagine, but there is no fun when you're done.

生意気を申す様ですけれど、その心持ちは、芸術家が立派な作品を完成した時の喜びにも、比ぶべきものではないかと存じます。

It seems cheeky, but I think that the spirit is comparable to the joy of an artist completing a fine work.

 一つの椅子が出来上ると、私は先ず、自分で、それに腰かけて、坐り工合を試して見ます。

When I have a chair, I sit on it and try to sit down.

そして、味気ない職人生活の内にも、その時ばかりは、何とも云えぬ得意を感じるのでございます。

And even in the craftsman life that is not good, I feel good at that time.

そこへは、どの様な高貴の方が、或はどの様な美しい方がおかけなさることか、こんな立派な椅子を、註文なさる程のお邸だから、そこには、きっと、この椅子にふさわしい、贅沢な部屋があるだろう。

What kind of noble person or what kind of beautiful person is going to go there, such a magnificent chair, a mansion that can be said to be a masterpiece, so it is surely suitable for this chair, There will be a luxury room.

壁間には定めし、有名な画家の油絵が懸り、天井からは、偉大な宝石の様な装飾電燈が、さがっているに相違ない。

There must be a space between the walls, oil paintings of famous painters, and a jewel-like decorative lamp from the ceiling.

床には、高価な絨氈が、敷きつめてあるだろう。

There will be expensive carpets on the floor.

そして、この椅子の前のテーブルには、眼の醒める様な、西洋草花が、甘美な薫を放って、咲き乱れていることであろう。

And on the table in front of this chair, Western flowers that will awaken your eyes will be in bloom, giving off a sweet bud.

そんな妄想に耽っていますと、何だかこう、自分が、その立派な部屋の主にでもなった様な気がして、ほんの一瞬間ではありますけれど、何とも形容の出来ない、愉快な気持になるのでございます。

When I'm talking about such a delusion, I feel like I've become the master of the fine room, but it's just a moment, but I can't describe it, and it's a pleasant feeling. There is.

 私の果敢ない妄想は、猶とめどもなく増長して参ります。

I ephemeral delusion is, we will continue to length increasing grace endlessly without any.

この私が、貧乏な、醜い、一職人に過ぎない私が、妄想の世界では、気高い貴公子になって、私の作った立派な椅子に、腰かけているのでございます。

I am a poor, ugly, craftsman, and I am a noble prince in the world of delusion, sitting on a fine chair I made.

そして、その傍には、いつも私の夢に出て来る、美しい私の恋人が、におやかにほほえみながら、私の話に聞入って居ります。

And beside me, my beautiful lover who always comes out in my dreams, listens to my story while smiling.

そればかりではありません。

Not only that.

私は妄想の中で、その人と手をとり合って、甘い恋の睦言を、囁き交しさえするのでございます。

In my delusion, I hold hands with the person, and even chat about sweet love.

 ところが、いつの場合にも、私のこの、フーワリとした紫の夢は、忽ちにして、近所のお上さんの姦しい話声や、ヒステリーの様に泣き叫ぶ、其辺の病児の声に妨げられて、私の前には、又しても、醜い現実が、あの灰色のむくろをさらけ出すのでございます。

However, in any case, my futuristic purple dream is hampered by the voices of the sick children who fall in love and cry and cry like hysteria. And before me again, the ugly reality exposes that gray strip.

現実に立帰った私は、そこに、夢の貴公子とは似てもつかない、哀れにも醜い、自分自身の姿を見出します。

When I returned to reality, I found myself as a pitiful pity that I couldn't look like a dreamy nobleman.

そして、今の先、私にほほえみかけて呉れた、あの美しい人は。

And now, that beautiful person who smiled at me.

……そんなものが、全体どこにいるのでしょう。

...... Where is such a thing?

その辺に、埃まみれになって遊んでいる、汚らしい子守女でさえ、私なぞには、見向いても呉れはしないのでございます。

Even a dirty lullaby playing in a dusty neighborhood, I don't wander even if I look around.

ただ一つ、私の作った椅子丈けが、今の夢の名残りの様に、そこに、ポツネンと残って居ります。

Only one chair length that I made, like the remnants of my current dream, remains with potsnen.

でも、その椅子は、やがて、いずことも知れぬ、私達のとは全く別な世界へ、運び去られて了うのではありませんか。

However, the chair will eventually be taken away into a world that is completely different from ours, which is unknown.

 私は、そうして、一つ一つ椅子を仕上げる度毎に、いい知れぬ味気なさに襲われるのでございます。

I will be attacked by an unfamiliar taste every time I finish the chairs one by one.