文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

人間椅子:江戸川 乱歩(63-92)/308

その、何とも形容の出来ない、いやあな、いやあな心持は、月日が経つに従って、段々、私には堪え切れないものになって参りました。

That kind of description, no, no, no no, has become more and more unbearable to me as time goes by.

「こんな、うじ虫の様な生活を、続けて行く位なら、いっそのこと、死んで了った方が増しだ」私は、真面目に、そんなことを思います。

“If you continue to live like a maggot, there are more people who have died.” I seriously think that.

仕事場で、コツコツと鑿を使いながら、釘を打ちながら、或は、刺戟の強い塗料をこね廻しながら、その同じことを、執拗に考え続けるのでございます。

In the workplace, I will continue to think about the same thing while using a knack and a spear, hitting a nail or kneading a strong paint.

「だが、待てよ、死んで了う位なら、それ程の決心が出来るなら、もっと外に、方法がないものであろうか。

"But wait, if you can die, if you can make such a decision, is there no other way?

例えば……」そうして、私の考えは、段々恐ろしい方へ、向いて行くのでありました。

For example ... "And my thoughts turned to the scary ones.

 丁度その頃、私は、嘗つて手がけたことのない、大きな皮張りの肘掛椅子の、製作を頼まれて居りました。

At that time, I was asked to produce a large armchair with a large skin that I had never worked on.

此椅子は、同じY市で外人の経営している、あるホテルへ納める品で、一体なら、その本国から取寄せる筈のを、私の雇われていた、商会が運動して、日本にも舶来品に劣らぬ椅子職人がいるからというので、やっと註文を取ったものでした。

This chair is a product that is delivered to a hotel managed by a foreigner in the same Y city. Because there is a chair craftsman who is not inferior to, I finally took a fiction.

それ丈けに、私としても、寝食を忘れてその製作に従事しました。

For that reason, I forgot to sleep and worked on the production.

本当に魂をこめて、夢中になってやったものでございます。

It was something that I really did with all my soul.

 さて、出来上った椅子を見ますと、私は嘗つて覚えない満足を感じました。

Now, when I looked at the finished chair, I felt very satisfied.

それは、我乍ら、見とれる程の、見事な出来ばえであったのです。

It was a wonderful work that we could see.

私は例によって、四脚一組になっているその椅子の一つを、日当りのよい板の間へ持出して、ゆったりと腰を下しました。

As an example, I took one of the chairs in a quadruped pair between the sunny boards and sat down comfortably.

何という坐り心地のよさでしょう。

What is the comfort of sitting?

フックラと、硬すぎず軟かすぎぬクッションのねばり工合、態と染色を嫌って灰色の生地のまま張りつけた、鞣革の肌触り、適度の傾斜を保って、そっと背中を支えて呉れる、豊満な凭れ、デリケートな曲線を描いて、オンモリとふくれ上った、両側の肘掛け、それらの凡てが、不思議な調和を保って、渾然として「安楽」という言葉を、そのまま形に現している様に見えます。

Hookra and the softness of the cushion that is not too hard and not too soft. Drowning, drawing a delicate curve, bulging up on the arms, armrests on both sides, all of them maintaining mysterious harmony, as if the word “Easy” appears in its shape I can see.

 私は、そこへ深々と身を沈め、両手で、丸々とした肘掛けを愛撫しながら、うっとりとしていました。

I was deeply sinking into it, and I was engrossed while caressing a round armrest with both hands.

すると、私の癖として、止めどもない妄想が、五色の虹の様に、まばゆいばかりの色彩を以て、次から次へと湧き上って来るのです。

Then, as my habit, endlessly there is no delusion, like a rainbow of five colors, with a color of dazzling, is coming up springing from the next to the next.

あれを幻というのでしょうか。

Is that a phantom?

心に思うままが、あんまりはっきりと、眼の前に浮んで来ますので、私は、若しや気でも違うのではないかと、空恐ろしくなった程でございます。

As I think in my heart, it floats in front of my eyes so clearly that I am so scared that I may be different even if I am young.

 そうしています内に、私の頭に、ふとすばらしい考えが浮んで参りました。

In the meantime, a wonderful idea came to my mind.

悪魔の囁きというのは、多分ああした事を指すのではありますまいか。

Isn't the devil's whispering that I probably mean something like that?

それは、夢の様に荒唐無稽で、非常に不気味な事柄でした。

It was a terrible and weird thing like a dream.

でも、その不気味さが、いいしれぬ魅力となって、私をそそのかすのでございます。

But that spooky becomes a nice attraction, and it makes me feel so good.

 最初は、ただただ、私の丹誠を籠めた美しい椅子を、手離し度くない、出来ることなら、その椅子と一緒に、どこまでもついて行きたい、そんな単純な願いでした。

At first, it was just a simple wish that I would like to take a beautiful chair that praised my dignity, not to let go of it, if possible.

それが、うつらうつらと妄想の翼を拡げて居ります内に、いつの間にやら、その日頃私の頭に醗酵して居りました、ある恐ろしい考えと、結びついて了ったのでございます。

While I was spreading my wings of delusion and delusion, I ended up being connected to a terrible idea that had been fermenting to my head around that time.

そして、私はまあ、何という気違いでございましょう。

And what am I doing wrong?

その奇怪極まる妄想を、実際に行って見ようと思い立ったのでありました。

I decided to actually go and see that strange paranoia.

 私は大急ぎで、四つの内で一番よく出来たと思う肘掛椅子を、バラバラに毀してしまいました。

】 I was in a hurry, and the armchair that I thought was the best of the four was disguised.

そして、改めて、それを、私の妙な計画を実行するに、都合のよい様に造り直しました。

And again, it was reworked to make it more convenient to implement my strange plan.

 それは、極く大型のアームチェーアですから、掛ける部分は、床にすれすれまで皮で張りつめてありますし、其外、凭れも肘掛けも、非常に部厚に出来ていて、その内部には、人間一人が隠れていても、決して外から分らない程の、共通した、大きな空洞があるのです。

Because it is an extremely large armchair, the part to be hung is covered with skin until it passes on the floor, and the drooping and armrests are also made very thick, and one person is hidden inside Even so, there is a common, large cavity that can never be seen from the outside.

無論、そこには、巌丈な木の枠と、沢山なスプリングが取りつけてありますけれど、私はそれらに、適当な細工を施して、人間が掛ける部分に膝を入れ、凭れの中へ首と胴とを入れ、丁度椅子の形に坐れば、その中にしのんでいられる程の、余裕を作ったのでございます。

Of course, there is a lengthy wooden frame and a lot of springs attached to it. If you put the torso and just sit in the shape of a chair, you have made enough room to fit inside.