文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

人間椅子:江戸川 乱歩(93-121)/308

 そうした細工は、お手のものですから、十分手際よく、便利に仕上げました。

Since such work is handy, I finished it neatly and conveniently.

例えば、呼吸をしたり外部の物音を聞く為に皮の一部に、外からは少しも分らぬ様な隙間を拵えたり、凭れの内部の、丁度頭のわきの所へ、小さな棚をつけて、何かを貯蔵出来る様にしたり、ここへ水筒と、軍隊用の堅パンとを詰め込みました。

For example, in order to breathe or hear external noises, give a gap on the part of the skin that can not be seen from the outside, or attach a small shelf to the inside of the drown, just beside the head. I was able to store something, and packed here with water bottles and hard bread for the army.

ある用途の為めに大きなゴムの袋を備えつけたり、その外様々の考案を廻らして、食料さえあれば、その中に、二日三日|這入りつづけていても、決して不便を感じない様にしつらえました。

If you have a large rubber bag for a certain purpose, or if you have a lot of ideas, and if you have food, you will never feel inconvenience even if you keep it in a bowl for two or three days. I was prepared.

謂わば、その椅子が、人間一人の部屋になった訳でございます。

In other words, the chair has become a room for one person.

 私はシャツ一枚になると、底に仕掛けた出入口の蓋を開けて、椅子の中へ、すっぽりと、もぐりこみました。

When I got a shirt, I opened the entrance lid on the bottom and slipped into the chair.

それは、実に変てこな気持でございました。

It felt really strange.

まっ暗な、息苦しい、まるで墓場の中へ這入った様な、不思議な感じが致します。

It feels strange as if it was dark, suffocating, as if it was in a graveyard.

考えて見れば、墓場に相違ありません。

If you think about it, there is no difference in the graveyard.

私は、椅子の中へ這入ると同時に、丁度、隠れ簑でも着た様に、この人間世界から、消滅して了う訳ですから。

At the same time as I entered the chair, I just disappeared from this human world as if I wore it in a hidden cage.

 間もなく、商会から使のものが、四脚の肘掛椅子を受取る為に、大きな荷車を持って、やって参りました。

Soon, an ambassador from the company came with a large cart to receive a four-armed armchair.

私の内弟子が(私はその男と、たった二人暮しだったのです)何も知らないで、使のものと応待して居ります。

My inner disciple (I lived alone with the man) didn't know anything and was waiting for the messenger.

車に積み込む時、一人の人夫が「こいつは馬鹿に重いぞ」と怒鳴りましたので、椅子の中の私は、思わずハッとしましたが、一体、肘掛椅子そのものが、非常に重いのですから、別段あやしまれることもなく、やがて、ガタガタという、荷車の振動が、私の身体にまで、一種異様の感触を伝えて参りました。

When I loaded it into my car, one husband shouted, “This guy is heavy, so stupid,” I was surprised, but the armchair itself was very heavy. There was no particular misunderstanding, and eventually the rattling vibrations of the carts conveyed a kind of strange feel to my body.

 非常に心配しましたけれど、結局、何事もなく、その日の午後には、もう私の這入った肘掛椅子は、ホテルの一室に、どっかりと、据えられて居りました。

I was very worried, but after all, nothing happened, and that afternoon, my armchair with my basket was already placed in one room of the hotel.

後で分ったのですが、それは、私室ではなくて、人を待合せたり、新聞を読んだり、煙草をふかしたり、色々の人が頻繁に出入りする、ローンジとでもいう様な部屋でございました。

As I found out later, it was not a private room, but a room like waiting room, reading a newspaper, smoking a cigarette, and various people coming in and out. I'm sorry.

 もうとっくに、御気づきでございましょうが、私の、この奇妙な行いの第一の目的は、人のいない時を見すまして、椅子の中から抜け出し、ホテルの中をうろつき廻って、盗みを働くことでありました。

As you may have noticed, my primary purpose of this strange work is to look out when there is no one, get out of the chair, wander around the hotel, and steal It was that.

椅子の中に人間が隠れていようなどと、そんな馬鹿馬鹿しいことを、誰が想像致しましょう。

Who can imagine such a stupid thing as a human being hidden in a chair?

私は、影の様に、自由自在に、部屋から部屋を、荒し廻ることが出来ます。

I can roam from room to room freely like a shadow.

そして、人々が、騒ぎ始める時分には、椅子の中の隠家へ逃げ帰って、息を潜めて、彼等の間抜けな捜索を、見物していればよいのです。

And when people start making noise, they just need to escape to the hermit in the chair, sigh, and watch their goofy search.

あなたは、海岸の波打際などに、「やどかり」という一種の蟹のいるのを御存じでございましょう。

You know that there is a kind of kite called “Yadokari” on the beach.

大きな蜘蛛の様な恰好をしていて、人がいないと、その辺を我物顔に、のさばり歩いていますが、一寸でも人の跫音がしますと、恐ろしい速さで、貝殻の中へ逃げ込みます。

It looks like a big frog, and if there are no people, it walks around with its own face, but if one person makes a roar, it runs into the shell at a terrible speed. The

そして、気味の悪い、毛むくじゃらの前足を、少しばかり貝殻から覗かせて、敵の動静を伺って居ります。

And I'm peeking at the creepy, hairy forefoot from the seashell a little to see the enemy's movement.

私は丁度あの「やどかり」でございました。

I was exactly that Yadokari.

貝殻の代りに、椅子という隠家を持ち、海岸ではなくて、ホテルの中を、我物顔に、のさばり歩くのでございます。

Instead of seashells, there is a retreat called a chair, and you walk around the hotel, not on the beach, to your face.

 さて、この私の突飛な計画は、それが突飛であった丈け、人々の意表外に出でて、見事に成功致しました。

Now, this outrageous plan has been successful and it has been out of people's intentions.

ホテルに着いて三日目には、もう、たんまりと一仕事済ませて居た程でございます。

On the third day after we arrived at the hotel, we had already done a lot of work.

いざ盗みをするという時の、恐ろしくも、楽しい心持、うまく成功した時の、何とも形容し難い嬉しさ、それから、人々が私のすぐ鼻の先で、あっちへ逃げた、こっちへ逃げたと大騒ぎをやっているのを、じっと見ているおかしさ。

When we steal, we have a horrible, pleasant feeling, when we succeed, we have an unpleasant joy. The strangeness of watching what you are doing.

それがまあ、どの様な不思議な魅力を持って、私を楽しませたことでございましょう。

Well, what a magical attraction it was to entertain me.

 でも、私は今、残念ながら、それを詳しくお話している暇はありません。

But unfortunately, I have no time to talk about it in detail.

私はそこで、そんな盗みなどよりは、十倍も二十倍も、私を喜ばせた所の、奇怪極まる快楽を発見したのでございます。

I found a strange pleasure that pleased me more than 10 times or 20 times more than such stealing.