文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

人間椅子:江戸川 乱歩(122-154)/308

そして、それについて、告白することが、実は、この手紙の本当の目的なのでございます。

And to confess about it is actually the real purpose of this letter.

 お話を、前に戻して、私の椅子が、ホテルのローンジに置かれた時のことから、始めなければなりません。

Talking back, you have to start with my chair when it was placed in the hotel loan.

 椅子が着くと、一しきり、ホテルの主人達が、その坐り工合を見廻って行きましたが、あとは、ひっそりとして、物音一つ致しません。

When the chairs arrived, the hotel owners went around to sit down, but after that, they wouldn't be quiet.

多分部屋には、誰もいないのでしょう。

Maybe there is no one in the room.

でも、到着|匆々、椅子から出ることなど、迚も恐ろしくて出来るものではありません。

But I arrived. I often get out of my chair.

私は、非常に長い間(ただそんなに感じたのかも知れませんが)少しの物音も聞き洩すまいと、全神経を耳に集めて、じっとあたりの様子を伺って居りました。

For a very long time (although I may have felt that much), I did not listen to any noise, but I collected all my nerves in my ears and listened to the situation.

 そうして、暫くしますと、多分廊下の方からでしょう、コツコツと重苦しい跫音が響いて来ました。

So, after a while, maybe from the corridor, there was a bang and a harsh roaring sound.

それが、二三間向うまで近付くと、部屋に敷かれた絨氈の為に、殆ど聞きとれぬ程の低い音に代りましたが、間もなく、荒々しい男の鼻息が聞え、ハッと思う間に、西洋人らしい大きな身体が、私の膝の上に、ドサリと落ちてフカフカと二三度はずみました。

When I approached it for a couple of minutes, it was replaced by a sound that was almost inaudible due to the vulva laid in the room, but soon I heard a rough man's nasal breath and I was surprised. A big Western-like body fell on my lap and fell off a few times.

私の太腿と、その男のガッシリした偉大な臀部とは、薄い鞣皮一枚を隔てて、暖味を感じる程も密接しています。

My thighs and the man's brilliant great buttocks are so close together that they feel warm, separated by a thin crust.

幅の広い彼の肩は、丁度私の胸の所へ凭れかかり、重い両手は、革を隔てて、私の手と重なり合っています。

His wide shoulders are just drowning into my chest, and his heavy hands overlap my hands across the leather.

そして、男がシガーをくゆらしているのでしょう。

And the man is shaking the cigar.

男性的な、豊な薫が、革の隙間を通して漾って参ります。

A masculine, rich cocoon crawls through the gaps in the leather.

 奥様、仮にあなたが、私の位置にあるものとして、其場の様子を想像してごらんなさいませ。

My wife, imagine you're in my position and imagine what happened there.

それは、まあ何という、不思議千万な情景でございましょう。

It's a mysterious 10 million scene.

私はもう、余りの恐ろしさに、椅子の中の暗闇で、堅く堅く身を縮めて、わきの下からは、冷い汗をタラタラ流しながら、思考力もなにも失って了って、ただもう、ボンヤリしていたことでございます。

I have already shrunk in the darkness of the chair in the darkness of the chair, and from the underside, I have lost my thinking power while chilling sweat from under my arms. It was that I was bonitoari.

 その男を手始めに、その日一日、私の膝の上には、色々な人が入り替り立替り、腰を下しました。

】 Starting with that man, various people changed on my lap on the day and sat down.

そして、誰も、私がそこにいることを――彼等が柔いクッションだと信じ切っているものが、実は私という人間の、血の通った太腿であるということを――少しも悟らなかったのでございます。

And everyone says that I am there-what they believe is a soft cushion is actually the bloody thighs of my human being-a little I didn't realize it.

 まっ暗で、身動きも出来ない革張りの中の天地。

¡Tenchi in a leather upholstery that cannot move.

それがまあどれ程、怪しくも魅力ある世界でございましょう。

Let it be a suspicious but attractive world.

そこでは、人間というものが、日頃目で見ている、あの人間とは、全然別な不思議な生きものとして感ぜられます。

There, it is felt that human beings are mysterious creatures that are completely different from the human beings that we see on a daily basis.

彼等は声と、鼻息と、跫音と、衣ずれの音と、そして、幾つかの丸々とした弾力に富む肉塊に過ぎないのでございます。

They are just voices, nose breaths, roaring sounds, outfits, and some lumpy, fleshy flesh.

私は、彼等の一人一人を、その容貌の代りに、肌触りによって識別することが出来ます。

I can identify each of them by their touch instead of their appearance.

あるものは、デブデブと肥え太って、腐った肴の様な感触を与えます。

Some are fat and fat and give a rotting sensation.

それとは正反対に、あるものは、コチコチに痩せひからびて、骸骨のような感じが致します。

On the other hand, some things look like they are skeletons.

その外、背骨の曲り方、肩胛骨の開き工合、腕の長さ、太腿の太さ、或は尾※骨の長短など、それらの凡ての点を綜合して見ますと、どんな似寄った背恰好の人でも、どこか違った所があります。

In addition, if you look at all these points, such as how to spin the spine, open the shoulder ribs, the length of the arms, the thickness of the thighs, or the length of the tail * Even those who are hungry have something different.

人間というものは、容貌や指紋の外に、こうしたからだ全体の感触によっても、完全に識別することが出来るに相違ありません。

Humans must be able to be completely identified not only by appearance and fingerprints, but also by the overall feel of these bodies.

 異性についても、同じことが申されます。

The same is true for the opposite sex.

普通の場合は、主として容貌の美醜によって、それを批判するのでありましょうが、この椅子の中の世界では、そんなものは、まるで問題外なのでございます。

In the normal case, it would be criticized mainly by the beauty of the appearance, but in the world inside this chair, it is completely out of question.

そこには、まる裸の肉体と、声音と、匂とがあるばかりでございます。

There are just a naked body, voice and smell.

 奥様、余りにあからさまな私の記述に、どうか気を悪くしないで下さいまし、私はそこで、一人の女性の肉体に、(それは私の椅子に腰かけた最初の女性でありました。)

My wife, please don't feel too bad about my overly-descriptive account, and I was there in the body of a woman (it was the first woman sitting on my chair).

烈しい愛着を覚えたのでございます。

I remember the intense attachment.

 声によって想像すれば、それは、まだうら若い異国の乙女でございました。

Imagine by voice, it was still a young exotic maiden.

丁度その時、部屋の中には誰もいなかったのですが、彼女は、何か嬉しいことでもあった様子で、小声で、不思議な歌を歌いながら、躍る様な足どりで、そこへ這入って参りました。

At that time, there was no one in the room, but she seemed to be happy, she sang a mysterious song in a low voice, and entered her with a leaping footstep. It was.