文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

人間椅子:江戸川 乱歩(155-183)/308

そして、私のひそんでいる肘掛椅子の前まで来たかと思うと、いきなり、豊満な、それでいて、非常にしなやかな肉体を、私の上へ投げつけました。

And when I thought I was in front of my hidden armchair, I suddenly threw a plump, yet very supple body onto me.

しかも、彼女は何がおかしいのか、突然アハアハ笑い出し、手足をバタバタさせて、網の中の魚の様に、ピチピチとはね廻るのでございます。

What's wrong is that she suddenly starts to laugh and flutters her hands and feet, like a fish in the net.

 それから、殆ど半時間ばかりも、彼女は私の膝の上で、時々歌を歌いながら、その歌に調子を合せでもする様に、クネクネと、重い身体を動かして居りました。

Then, almost half an hour, she sang a song on my lap and sometimes moved Kunekune and a heavy body as if tuned to the song.

 これは実に、私に取っては、まるで予期しなかった驚天動地の大事件でございました。

This was indeed a big event that was surprising to me.

女は神聖なもの、いや寧ろ怖いものとして、顔を見ることさえ遠慮していた私でございます。

The woman is me who was even withholding her face as sacred, or rather scary.

其私が、今、身も知らぬ異国の乙女と、同じ部屋に、同じ椅子に、それどころではありません、薄い鞣皮一重を隔てて肌のぬくみを感じる程も、密接しているのでございます。

I am now in close contact with a stranger maiden, in the same room, in the same chair, and more so as to feel the warmth of the skin across a thin crust. .

それにも拘らず、彼女は何の不安もなく、全身の重みを私の上に委ねて、見る人のない気安さに、勝手|気儘な姿体を致して居ります。

In spite of that, she has no worries, entrusts the weight of the whole body to me, and has a self-assured appearance to the comfort of the viewer.

私は椅子の中で、彼女を抱きしめる真似をすることも出来ます。

I can also imitate her in the chair.

皮のうしろから、その豊な首筋に接吻することも出来ます。

You can kiss the rich neck from behind the skin.

その外、どんなことをしようと、自由自在なのでございます。

Besides that, you can freely do whatever you want.

 この驚くべき発見をしてからというものは、私は最初の目的であった盗みなどは第二として、ただもう、その不思議な感触の世界に、惑溺して了ったのでございます。

か ら After this amazing discovery, I was confused by the mysterious feel of the world, with the second objective being stealing, which was my first purpose.

私は考えました。

I thought.

これこそ、この椅子の中の世界こそ、私に与えられた、本当のすみかではないかと。

This is the real world in this chair, given to me.

私の様な醜い、そして気の弱い男は、明るい、光明の世界では、いつもひけ目を感じながら、恥かしい、みじめな生活を続けて行く外に、能のない身体でございます。

An ugly and weak man like me is an incapable body in the bright and bright world, always feeling shameful and continuing to live a shameful and miserable life.

それが、一度、住む世界を換えて、こうして椅子の中で、窮屈な辛抱をしていさえすれば、明るい世界では、口を利くことは勿論、側へよることさえ許されなかった、美しい人に接近して、その声を聞き肌に触れることも出来るのでございます。

It is a beautiful person who once changed the world in which he lived, and thus had a tight patience in his chair, in a bright world, of course he was not allowed to use his mouth or even to the side. You can get close to and listen to the voice and touch your skin.

 椅子の中の恋(!)それがまあ、どんなに不可思議な、陶酔的な魅力を持つか、実際に椅子の中へ這入って見た人でなくては、分るものではありません。

[Love in the chair!] Well, it's not obvious how strange and euphoric it is, unless you are the person who actually went into the chair and saw it.

それは、ただ、触覚と、聴覚と、そして僅の嗅覚のみの恋でございます。

It is just love of touch, hearing, and a little smell.

暗闇の世界の恋でございます。

This is love in the dark world.

決してこの世のものではありません。

It is not of this world.

これこそ、悪魔の国の愛慾なのではございますまいか。

Isn't this the caress of the Devil Land?

考えて見れば、この世界の、人目につかぬ隅々では、どの様に異形な、恐ろしい事柄が、行われているか、ほんとうに想像の外でございます。

If you think about it, it's really out of your imagination how strange and terrible things are happening in this invisible corner of the world.

 無論始めの予定では、盗みの目的を果しさえすれば、すぐにもホテルを逃げ出す積りでいたのですが、世にも奇怪な喜びに、夢中になった私は、逃げ出すどころか、いつまでもいつまでも、椅子の中を永住のすみかにして、その生活を続けていたのでございます。

Of course, in the beginning schedule, as long as the purpose of the theft was fulfilled, I was immediately escaping from the hotel, but I was crazy about the strange joy of the world. The inside was a permanent residence, and he continued his life.

 夜々の外出には、注意に注意を加えて、少しも物音を立てず、又人目に触れない様にしていましたので、当然、危険はありませんでしたが、それにしても、数ヶ月という、長い月日を、そうして少しも見つからず、椅子の中に暮していたというのは、我ながら実に驚くべき事でございました。

When I went out at night, I paid attention to it and made no noise or touch it to the human eye. Of course, there was no danger, but it was a long month of several months. It was amazing to me that I couldn't find anything and lived in a chair.

 殆ど二六時中、椅子の中の窮屈な場所で、腕を曲げ、膝を折っている為に、身体中が痺れた様になって、完全に直立することが出来ず、しまいには、料理場や化粧室への往復を、躄の様に、這って行った程でございます。

Almost every day at 26 o'clock, in a cramped place in the chair, because the arms were bent and the knees were folded, the whole body became numb and could not stand upright. I made a round trip to the restaurant and the restroom like a candy.

私という男は、何という気違いでありましょう。

What a mad man I am?

それ程の苦しみを忍んでも、不思議な感触の世界を見捨てる気になれなかったのでございます。

Even though I suffered so much suffering, I couldn't feel like abandoning the mysterious world.

 中には、一ヶ月も二ヶ月も、そこを住居のようにして、泊りつづけている人もありましたけれど、元来ホテルのことですから絶えず客の出入りがあります。

Some of them stayed there like a residence for a month or two, but it was originally a hotel, so customers are constantly coming and going.

随って私の奇妙な恋も、時と共に相手が変って行くのを、どうすることも出来ませんでした。

I couldn't do anything about my strange love and how the other party changed over time.

そして、その数々の不思議な恋人の記憶は、普通の場合の様に、その容貌によってではなく、主として身体の恰好によって、私の心に刻みつけられているのでございます。

And the memories of these mysterious lovers are carved in my heart mainly by the body's preference, not by their appearance, as usual.