文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

人間椅子:江戸川 乱歩(184-210)/308

 あるものは、仔馬の様に精悍で、すらりと引き締った肉体を持ち、あるものは、蛇の様に妖艶で、クネクネと自在に動く肉体を持ち、あるものは、ゴム鞠の様に肥え太って、脂肪と弾力に富む肉体を持ち、又あるものは、ギリシャの彫刻の様に、ガッシリと力強く、円満に発達した肉体を持って居りました。

Some have a fertile body like a foal and a slender body; some have a bewitching body like a snake and a body that moves freely with a kunekune; It was fat and had a body rich in fat and elasticity, and some, like Greek sculpture, had a strong and well-developed body.

その外、どの女の肉体にも、一人一人、それぞれの特徴があり魅力があったのでございます。

Besides, every woman's body had its own characteristics and charm.

 そうして、女から女へと移って行く間に、私は又、それとは別な、不思議な経験をも味いました。

So, while moving from woman to woman, I also had a different and strange experience.

 その一つは、ある時、欧洲のある強国の大使が(日本人のボーイの噂話によって知ったのですが)其偉大な体躯を、私の膝の上にのせたことでございます。

One of them is that, once, an ambassador of a powerful country in Europe (which I learned from a Japanese boy's rumors) put that great body on my lap.

それは、政治家としてよりも、世界的な詩人として、一層よく知られていた人ですが、それ丈けに、私は、その偉人の肌を知ったことが、わくわくする程も、誇らしく思われたのでございます。

It was a person who was better known as a global poet than a politician, but to my fullest extent, I was so proud that I knew the skin of that great man. Thank you.

彼は私の上で、二三人の同国人を相手に、十分ばかり話をすると、そのまま立去て了いました。

He talked to me about a couple of fellow nationals on me and left.

無論、何を云っていたのか、私にはさっぱり分りませんけれど、ジェステュアをする度に、ムクムクと動く、常人よりも暖いかと思われる肉体の、くすぐる様な感触が、私に一種名状すべからざる刺戟を、与えたのでございます。

Of course, I don't know exactly what I was saying, but every time I do a gesture, I feel like a tickling touch of the body that seems to be warmer than a normal person, which moves with muckles. I gave you a spear that I didn't want to leave.

 その時、私はふとこんなことを想像しました。

At that time, I suddenly imagined something like this.

若し! この革のうしろから、鋭いナイフで、彼の心臓を目がけて、グサリと一突きしたなら、どんな結果を惹起すであろう。

Young! [From this leather, if you look at his heart with a sharp knife and take a sneak peek, what will happen?

無論、それは彼に再び起つことの出来ぬ致命傷を与えるに相違ない。

Of course, it must give him a fatal wound that cannot happen again.

彼の本国は素より、日本の政治界は、その為に、どんな大騒ぎを演じることであろう。

Whatever fuss the Japanese politics will play for that reason, his country is not.

新聞は、どんな激情的な記事を掲げることであろう。

The newspaper will put up any passionate article.

それは、日本と彼の本国との外交関係にも、大きな影響を与えようし、又芸術の立場から見ても、彼の死は世界の一大損失に相違ない。

It will have a great impact on the diplomatic relationship between Japan and his home country, and his death is no doubt the biggest loss in the world from an artistic standpoint.

そんな大事件が、自分の一挙手によって、易々と実現出来るのだ。

Such a big incident can be easily realized by one hand.

それを思うと、私は、不思議な得意を感じないではいられませんでした。

Given that, I couldn't help but feel mysterious.

 もう一つは、有名なある国のダンサーが来朝した時、偶然彼女がそのホテルに宿泊して、たった一度ではありましたが、私の椅子に腰かけたことでございます。

Another thing is that when a famous dancer from a certain country came to Japan in the morning, she stayed at the hotel and sat down on my chair.

その時も、私は、大使の場合と似た感銘を受けましたが、その上、彼女は私に、嘗つて経験したことのない理想的な肉体美の感触を与えて呉れました。

At that time, I was impressed as if I was an ambassador, but she also gave me an ideal physical beauty that I had never experienced before.

私はそのあまりの美しさに卑しい考えなどは起す暇もなく、ただもう、芸術品に対する時の様な、敬虔な気持で、彼女を讃美したことでございます。

I have no time to devote myself to such a low-profile idea, but just to admire her with a godly feeling like time for art.

 その外、私はまだ色々と、珍しい、不思議な、或は気味悪い、数々の経験を致しましたが、それらを、ここに細叙することは、この手紙の目的でありませんし、それに大分長くなりましたから、急いで、肝心の点にお話を進めることに致しましょう。

Besides that, I still had a lot of unusual, mysterious or creepy experiences, but it is not the purpose of this letter and it will be much longer to detail them here. So let's hurry up and let's move on to the point.

 さて、私がホテルへ参りましてから、何ヶ月かの後、私の身の上に一つの変化が起ったのでございます。

Now, after a few months since I visited the hotel, a change occurred on my body.

といいますのは、ホテルの経営者が、何かの都合で帰国することになり、あとを居抜きのまま、ある日本人の会社に譲り渡したのであります。

This is because the hotel manager decided to return to Japan for some reason, and handed over to a Japanese company.

すると、日本人の会社は、従来の贅沢な営業方針を改め、もっと一般向きの旅館として、有利な経営を目論むことになりました。

As a result, the Japanese company revised its traditional luxury sales policy and aimed for more advantageous management as a more general inn.

その為に不用になった調度などは、ある大きな家具商に委託して、競売せしめたのでありますが、その競売目録の内に、私の椅子も加わっていたのでございます。

For that purpose, the furniture that was not needed was entrusted to a large furniture dealer and auctioned, but my chair was also included in the auction inventory.

 私は、それを知ると、一時はガッカリ致しました。

I was disappointed once I knew it.

そして、それを機として、もう一度|娑婆へ立帰り、新しい生活を始めようかと思った程でございます。

And with that as an opportunity, I went back to Sakai and thought about starting a new life.

その時分には、盗みためた金が相当の額に上っていましたから、仮令、世の中へ出ても、以前の様に、みじめな暮しをすることはないのでした。

At that time, the amount of money that had been stolen had risen to a considerable amount, so even if it came out to the world, there was no miserable life as before.

が、又思い返して見ますと、外人のホテルを出たということは、一方に於ては、大きな失望でありましたけれど、他方に於ては、一つの新しい希望を意味するものでございました。

But looking back, leaving the foreigner's hotel was a great disappointment on the one hand, but on the other hand it meant a new hope.