文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

人間椅子:江戸川 乱歩(211-243)/308

といいますのは、私は数ヶ月の間も、それ程色々の異性を愛したにも拘らず、相手が凡て異国人であった為に、それがどんな立派な、好もしい肉体の持主であっても、精神的に妙な物足りなさを感じない訳には行きませんでした。

Because I loved so many different sexes for months, and the opponent was almost alien, so it was a fine and good body owner. However, I didn't feel like I didn't feel unsatisfactory mentally.

やっぱり、日本人は、同じ日本人に対してでなければ、本当の恋を感じることが出来ないのではあるまいか。

After all, Japanese people cannot feel true love unless they are the same Japanese.

私は段々、そんな風に考えていたのでございます。

I was thinking that way step by step.

そこへ、丁度私の椅子が競売に出たのであります。

And my chair just entered the auction.

今度は、ひょっとすると、日本人に買いとられるかも知れない。

This time it may be bought by the Japanese.

そして、日本人の家庭に置かれるかも知れない。

And it may be placed in a Japanese family.

それが、私の新しい希望でございました。

That was my new hope.

私は、兎も角も、もう少し椅子の中の生活を続けて見ることに致しました。

I decided to continue living in the chair a little more, both the corner and the corner.

 道具屋の店先で、二三日の間、非常に苦しい思いをしましたが、でも、競売が始まると、仕合せなことには、私の椅子は早速買手がつきました。

In the storefront of the tool shop, I felt very painful for a couple of days, but as soon as the auction started, my chair quickly got a buyer.

古くなっても、十分人目を引く程、立派な椅子だったからでございましょう。

Even if it became old, it would be because it was a fine chair that caught the eye sufficiently.

 買手はY市から程遠からぬ、大都会に住んでいた、ある官吏でありました。

The buyer was an official who lived in a big city not far from Y City.

道具屋の店先から、その人の邸まで、何里かの道を、非常に震動の烈しいトラックで運ばれた時には、私は椅子の中で死ぬ程の苦しみを嘗めましたが、でも、そんなことは、買手が、私の望み通り日本人であったという喜びに比べては、物の数でもございません。

When I was transported from a tool shop's storefront to the person's residence by a very tremendous road, I gave up the pain of death in a chair. That is not the number of things compared to the joy that the buyer was Japanese as I wanted.

 買手のお役人は、可成立派な邸の持主で、私の椅子は、そこの洋館の、広い書斎に置かれましたが、私にとって非常に満足であったことには、その書斎は、主人よりは、寧ろ、その家の、若く美しい夫人が使用されるものだったのでございます。

The buyer's official was the owner of a legitimate mansion, and my chair was placed in a large study in the Western-style house, but to my satisfaction, the study was Rather than the husband, the young beautiful wife of the house was used.

それ以来、約一ヶ月の間、私は絶えず、夫人と共に居りました。

Since then, I have always been with my wife for about a month.

夫人の食事と、就寝の時間を除いては、夫人のしなやかな身体は、いつも私の上に在りました。

The wife's supple body was always on me, except for the wife's meal and bedtime.

それというのが、夫人は、その間、書斎につめきって、ある著作に没頭していられたからでございます。

That is because during that time, Mrs. Wang was enthusiastic about a certain book by squeezing her study.

 私がどんなに彼女を愛したか、それは、ここに管々しく申し上げるまでもありますまい。

I don't want to tell you how much I loved her.

彼女は、私の始めて接した日本人で、而も十分美しい肉体の持主でありました。

She was the first Japanese to come in contact with, and had a beautiful body.

私は、そこに、始めて本当の恋を感じました。

I felt true love there for the first time.

それに比べては、ホテルでの、数多い経験などは、決して恋と名づくべきものではございません。

Compared to that, many experiences at hotels are not to be called love.

その証拠には、これまで一度も、そんなことを感じなかったのに、その夫人に対して丈け私は、ただ秘密の愛撫を楽しむのみではあき足らず、どうかして、私の存在を知らせようと、色々苦心したのでも明かでございましょう。

I've never felt that in the proof, but I'm good at the wife. I just don't just enjoy the secret caress. It is clear that I had a lot of trouble.

 私は、出来るならば、夫人の方でも、椅子の中の私を意識して欲しかったのでございます。

I wanted my wife to be conscious of me in the chair if possible.

そして、虫のいい話ですが、私を愛して貰い度く思ったのでございます。

And the good thing about insects is that they loved me and made me ugly.

でも、それをどうして合図致しましょう。

But why not signal it?

若し、そこに人間が隠れているということを、あからさまに知らせたなら、彼女はきっと、驚きの余り、主人や召使達に、その事を告げるに相違ありません。

If she was informed of the fact that a human being was hiding there, she must be surprised and tell the master and the servants.

それでは凡てが駄目になって了うばかりか、私は、恐ろしい罪名を着て、法律上の刑罰をさえ受けなければなりません。

Not only will everything go wrong, I must wear a terrible crime and even be punished by law.

 そこで、私は、せめて夫人に、私の椅子を、この上にも居心地よく感じさせ、それに愛着を起させようと努めました。

So, I tried to make at least my wife feel comfortable on this chair and to attach it to her.

芸術家である彼女は、きっと常人以上の、微妙な感覚を備えているに相違ありません。

As an artist, she must have a subtle sensation, more than ordinary people.

若しも、彼女が、私の椅子に生命を感じて呉れたなら、ただの物質としてではなく、一つの生きものとして愛着を覚えてくれたなら、それ丈けでも、私は十分満足なのでございます。

If she was able to feel life in my chair, if she remembered her attachment as a living creature, not just a substance, I'm happy enough .

 私は、彼女が私の上に身を投げた時には、出来る丈けフーワリと優しく受ける様に心掛けました。

】 When I threw herself on me, I tried to be as gentle as I can.

彼女が私の上で疲れた時分には、分らぬ程にソロソロと膝を動かして、彼女の身体の位置を換える様に致しました。

When she got tired on me, she moved her solo solo and knees to change the position of her body.

そして、彼女が、うとうとと、居眠りを始める様な場合には、私は、極く極く幽に、膝をゆすって、揺籃の役目を勤めたことでございます。

And when she finally started to fall asleep, I was very angry, shook her knees, and served as a cradle.

 その心遣りが報いられたのか、それとも、単に私の気の迷いか、近頃では、夫人は、何となく私の椅子を愛している様に思われます。

It seems that the wife has somehow loved my chair recently, whether it was rewarded or just my wonder.