文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

人間椅子:江戸川 乱歩(244-308)/308

彼女は、丁度|嬰児が母親の懐に抱かれる時の様な、又は、処女が恋人の抱擁に応じる時の様な、甘い優しさを以て私の椅子に身を沈めます。

She sinks into my chair with sweet tenderness, just like when a baby is held in the mother's pocket or when a virgin responds to a lover's hug.

そして、私の膝の上で、身体を動かす様子までが、さも懐しげに見えるのでございます。

And I can feel nostalgic to see my body move on my knees.

 かようにして、私の情熱は、日々に烈しく燃えて行くのでした。

So my passion was burning intensely every day.

そして、遂には、ああ奥様、遂には、私は、身の程もわきまえぬ、大それた願いを抱く様になったのでございます。

And finally, my wife, finally I came to have a big wish that I couldn't understand.

たった一目、私の恋人の顔を見て、そして、言葉を交すことが出来たなら、其まま死んでもいいとまで、私は、思いつめたのでございます。

At first glance, I thought that if I could look at my lover's face and exchange words, I could just die.

 奥様、あなたは、無論、とっくに御悟りでございましょう。

Mrs. Madam, of course, will be enlightened.

その私の恋人と申しますのは、余りの失礼をお許し下さいませ。

Forgive me for being my lover.

実は、あなたなのでございます。

Actually, you are.

あなたの御主人が、あのY市の道具店で、私の椅子を御買取りになって以来、私はあなたに及ばぬ恋をささげていた、哀れな男でございます。

Since your husband bought my chair at the Y City tool store, I am a pathetic man who has offered love that doesn't reach you.

 奥様、一生の御願いでございます。

My wife, my wish for the rest of my life.

たった一度、私にお逢い下さる訳には行かぬでございましょうか。

Wouldn't you just go to me once?

そして、一言でも、この哀れな醜い男に、慰めのお言葉をおかけ下さる訳には行かぬでございましょうか。

And in a word, why don't you go to the consoling words of this poor, ugly man?

私は決してそれ以上を望むものではありません。

I never want more than that.

そんなことを望むには、余りに醜く、汚れ果てた私でございます。

It is me who is too ugly and dirty to hope for such a thing.

どうぞどうぞ、世にも不幸な男の、切なる願いを御聞き届け下さいませ。

Please listen to the earnest wishes of an unhappy man.

 私は昨夜、この手紙を書く為に、お邸を抜け出しました。

I left the mansion last night to write this letter.

面と向って、奥様にこんなことをお願いするのは、非常に危険でもあり、且つ私には迚も出来ないことでございます。

Asking your wife to do this face-to-face is very dangerous and I can't make it.

 そして、今、あなたがこの手紙をお読みなさる時分には、私は心配の為に青い顔をして、お邸のまわりを、うろつき廻って居ります。

And now, when you read this letter, I wander around the mansion with a blue face to worry.

 若し、この、世にも無躾なお願いをお聞き届け下さいますなら、どうか書斎の窓の撫子の鉢植に、あなたのハンカチをおかけ下さいまし、それを合図に、私は、何気なき一人の訪問者としてお邸の玄関を訪れるでございましょう。

If you would like to hear this unquestionable request, please hang your handkerchief on the coconut potted plant in the study window, and as a signal, I will be a casual visitor. Let's visit the entrance of the mansion.

 そして、このふしぎな手紙は、ある熱烈な祈りの言葉を以て結ばれていた。

And this mysterious letter was tied with some passionate words of prayer.

 佳子は、手紙の半程まで読んだ時、已に恐しい予感の為に、まっ青になって了った。

When Yoshiko read about half of the letter, she ended up turning completely blue because of a terrible premonition.

 そして、無意識に立上ると、気味悪い肘掛椅子の置かれた書斎から逃げ出して、日本建ての居間の方へ来ていた。

And when I got up unconsciously, I escaped from the study room where the creepy armchair was placed and came to the living room built in Japan.

手紙の後の方は、いっそ読まないで、破り棄てて了おうかと思ったけれど、どうやら気懸りなままに、居間の小机の上で、兎も角も、読みつづけた。

After the letter, I thought that I wouldn't read it at all, but let it go.

 彼女の予感はやっぱり当っていた。

】 Her feeling was right after all.

 これはまあ、何という恐ろしい事実であろう。

This is a terrible fact.

彼女が毎日腰かけていた、あの肘掛椅子の中には、見も知らぬ一人の男が、入っていたのであるか。

Was there an unfamiliar man in that armchair that she sat down every day?

「オオ、気味の悪い」

"Oh, creepy"

 彼女は、背中から冷水をあびせられた様な、悪寒を覚えた。

】 She felt chills like cold water was blown from her back.

そして、いつまでたっても、不思議な身震いがやまなかった。

And mysterious tremors did not stop.

 彼女は、あまりのことに、ボンヤリして了って、これをどう処置すべきか、まるで見当がつかぬのであった。

“She was so confused that she had no idea what to do with it.

椅子を調べて見る(?)

Look at the chair (?)

どうしてどうして、そんな気味の悪いことが出来るものか。

Why can you do such a creepy thing?

そこには仮令、もう人間がいなくても、食物その他の、彼に附属した汚いものが、まだ残されているに相違ないのだ。

Even if there are no human beings there anymore, there must still be food and other dirty things attached to him.

「奥様、お手紙でございます」

"My wife, your letter"

 ハッとして、振り向くと、それは、一人の女中が、今届いたらしい封書を持て来たのだった。

As I turned around, it was that a maid brought a sealed letter that seems to have arrived.

 佳子は、無意識にそれを受取って、開封しようとしたが、ふと、その上書を見ると、彼女は、思わずその手紙を取りおとした程も、ひどい驚きに打たれた。

Yoshiko unknowingly received it and tried to open it, but suddenly, when she saw the overwriting, she was amazed at how terribly she took the letter.

そこには、さっきの無気味な手紙と寸分違わぬ筆癖をもって、彼女の名宛が書かれてあったのだ。

There was written on her name with a brush brush that was exactly the same as the eerie letter just before.

 彼女は、長い間、それを開封しようか、しまいかと迷っていた。

】 She had been wondering whether to open it for a long time.

が、とうとう、最後にそれを破って、ビクビクしながら、中身を読んで行った。

But finally, he broke it and read the contents while he was excited.

手紙はごく短いものであったけれど、そこには、彼女を、もう一度ハッとさせた様な、奇妙な文言が記されていた。

The letter was very short, but it was filled with strange words that made her feel relieved.

 突然御手紙を差上げます無躾を、幾重にもお許し下さいまし。

Please forgive the innocence of suddenly sending you a letter.

私は日頃、先生のお作を愛読しているものでございます。

I regularly read my teacher's work.

別封お送り致しましたのは、私の拙い創作でございます。

What I sent to you is my ugly creation.

御一覧の上、御批評が頂けますれば、此上の幸はございません。

If you can critique the list, there will be no happiness above.

ある理由の為に、原稿の方は、この手紙を書きます前に投函致しましたから、已に御覧済みかと拝察致します。

For some reason, the manuscript was mailed before writing this letter, so we will wonder if you have already seen it.

如何でございましたでしょうか。

How was it?

若し、拙作がいくらかでも、先生に感銘を与え得たとしますれば、こんな嬉しいことはないのでございますが。

If you can impress your teacher with any amount of masterpieces, there is nothing like this.

 原稿には、態と省いて置きましたが、表題は「人間椅子」とつけたい考えでございます。

In the manuscript, I put it out of the way, but I would like the title to be “Human Chair”.

 では、失礼を顧みず、お願いまで。

Then, please do not take care of your rudeness.

匆々。

A lot.

底本:「江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者」光文社文庫、光文社

Sokomoto: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 1: Walkers in the Attic" Kobunsha Bunko, Kobunsha

   2004(平成16)年7月20日初版1刷発行

Issued the first edition of the first edition on July 20, 2004

底本の親本:「江戸川乱歩全集 第五巻」平凡社

Master of the bottom: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol.5" Heibonsha

   1931(昭和6)年7月

July 1931

初出:「苦楽」プラトン社

First appearance: “Pleasure” Plato

   1925(大正14)年10月

October 1925 (Taisho 14)

※底本では、親本を「江戸川乱歩全集 第一巻」としていますが、該当書籍を確認の上、「江戸川乱歩全集 第五巻」にあらためました。

* In the bottom book, the main book is “Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 1”, but after confirming the corresponding book, it was renewed to “Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 5”.

※底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

* The bottom of the book is made up of “months” (division number 5-86) used for counting things and place names.

入力:砂場清隆

Input: Kiyotaka Sunaba

校正:湖山ルル

Calibration: Lulu Koyama

2016年1月1日作成

Created on January 1, 2016

2016年11月12日修正

Revised November 12, 2016

青空文庫作成ファイル:

Blue sky library creation file:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers are responsible for input, proofreading, and production.