文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

接吻:江戸川 乱歩(1-45)/224

接吻

kiss

江戸川乱歩

Edogawa Rampo

one

 近頃は有頂天の山名宗三であった。

Recently, it was Sozo Yamana Sozo.

何とも云えぬ暖かい、柔かい、薔薇色の、そして薫のいい空気が、彼の身辺を包んでいた。

The warm, soft, rosy, and cool air that surrounds him wrapped around him.

それが、お役所のボロ机に向って、コツコツと仕事をしている時にでも、さては、同じ机の上でアルミの弁当箱から四角い飯を食っている時にでも、四時が来るのを遅しと、役所の門を飛び出して、柳の街路樹の下を、木枯の様にテクついている時にでも、いつも彼の身辺にフワフワと漂っているのであった。

Even when you are working hard at the office desk, or when you are eating square food from an aluminum lunch box on the same desk, the four o'clock will come. Slowly, even when he jumped out of the gate of the government office and under the willow tree, he was always fluffing around him.

 というのは、山名宗三、この一月ばかり前に新妻を迎えたので、しかも、それが彼の恋女房であったので。

This is because Sozo Yamana welcomed his new wife just this month, and it was his love wife.

 さてある日のこと、例の四時を合図に、まるで授業の済んだ小学生の様に帰り急ぎをして、課長の村山が、まだ机の上をゴテゴテ取片づけているのを尻目にかけて、役所を駈け出すと、彼は真一文字に自宅へと急ぐのであった。

One day, with the signal of 4 o'clock as an example, I went back like an elementary school student who had finished class and rushed to see that the section manager Murayama was still messing around on the desk, He rushed to his home in a single letter.

 赤い手絡のお花は、例の茶の間の長火鉢に凭れて、チャンと用意の出来たお膳の前に、クツクツ笑いながら(何てお花はよく笑う女だ)ポッツリと坐っていることであろう。

The red-wounded flower is drowning in a long brazier between the teas of the example, and sitting in front of the prepared rice cake with Zhang, laughing (what a flower is a woman who laughs well) .

玄関の格子が開いたら、兎の様に飛び出す用意をしながら、今か今かと俺の帰りを待っていることであろう。

When the entrance lattice opens, you're ready to jump out like a kite and wait for my return.

テヘヘ、何てまあ可愛い奴だろう。

Tehehe, what a cute guy!

そんな風にはっきり考えた訳ではないが、山名宗三の道々の心持を図解すると、まあこういったものであった。

I didn't think so clearly, but when I illustrated the spirit of Sozo Yamana's roads, it was.

「今日は一つ、奴さん、おどかしてやるかな」

“Today is one guy, I wonder if I ’m going crazy”

 自宅の門前に近づくと、宗三はニヤニヤ独笑いを浮べながら考えた。

When approaching the gate at home, Sozo thought with a grinning smile.

そこで、抜足差足、ソロリソロリと格子戸を開けて、玄関の障子を開けて、靴を脱ぐのも音のせぬ様に注意しながら、いきなり茶の間の前まで忍び込んだ。

So I opened the doors and opened the doors, opened the shoji at the entrance, and suddenly sneaked into the front of the tea room, taking care not to make any noise.

「ここいらで、エヘンと咳ばらいでもするかな。

"I wonder if I'll be here and I'm coughing with opium.

いや待て待て。

Wait wait.

やつ独りでいる時にはどんな恰好をしているか、一寸すき見をしてやれ」

Just take a look at how you look when you're alone. ''

 で、障子の破れから茶の間の中を覗いて見ると、さあ大変、山名宗三、青くなって硬直した。

So when I looked inside the tea room after the paper shovel broke, it was hard, Sozo Yamana, turned blue and stiff.

というのは、そこに、いとも不思議な光景が演じられていたからで。

Because there was a mysterious sight there.

two

 想像通り、お花はチャンと長火鉢の前に坐っている。

As you can imagine, the flower sits in front of Chang and the long brazier.

布巾をかけたお膳も出ている。

Some rice cakes with a towel are also available.

が、肝心のお花は決してクツクツ笑ってはいないのだ。

But the essential flowers are never laughing.

それどころか、世にも真面目な様子で、泣いているのではないかと思う程の緊張ぶりで、一枚の写真を持って、接吻したり、抱きしめたり、それはそれは見ちゃいられないのであった。

On the contrary, it was so serious that it seemed like I was crying, holding a single photo, kissing and cuddling, and I couldn't see it.

 さてはと、山名宗三、ギクリと思い当る所があったので、もう胸は早鐘をつく様だ。

Well, there was a place where I thought of Sozo Yamana and Gikuri, so it seems that my heart is already fast.

ソッと二三畳あと帰りをすると、今度はドシドシと畳ざわりも荒々しく、ガラリと間の障子を引開けて、

When I went home after a few tatami mats, this time, the tatami and the tatami mats were also rough, and I opened the shoji between the galleys,

「オイ、今帰った」

"Oy, I'm back now"

 何故出迎えないのだと云わぬばかりに、そこの長火鉢の向う側へドッカリ坐ったことである。

“I was sitting down to the other side of the long brazier without saying that I was not greeted.

「アラッ」

"Ara"

 一声叫ぶやいなや、手に持っていた写真をいきなり帯の間へ隠すと、お花は、赤くなったり、青くなったり、へどもどしながら、でも、やっと気を沈めて、

As soon as I screamed, I suddenly concealed the photo I had in my hand, and the flower turned red, blue, and back, but finally I was depressed.

「まあ、私、ちっとも存じませんで、ご免なさいまし」

“Well, I do n’t know at all.

 そのいやにしとやかな口の利き方からして、食わせものだ。

It ’s an easy-to-eat way to eat.

宗三、そう思った。

Sozo thought so.

それに、あの写真を隠した所を見ると、テッキリそうと極った。

And when I looked at the place where I hid the photo, I was amazed.

障子を開けるまでは、若しや自分の写真ではあるまいか、と、一方では大いに自惚てもいたのだが、写真を隠して青くなった様子では、無論自分のではない。

Until I opened the shoji paper, I wasn't my own photo, but on the other hand, I was quite self-suspected.

きっと、彼奴の写真に相違ない。

Surely it must be his picture.

あの課長の村山|面の。

That manager, Murayama |

 と、宗三が疑念を抱くには、抱く丈の理由があった。

And there was a reason for the length of Sozo to have doubts.

 新妻のお花は課長村山の遠縁の者で、長らく彼の家に寄寓していたのを、縁あって宗三が貰い受たのだ。

The flower of the new wife was a distant person from the section chief Murayama, and so long after donating to his house, Sozo received a gift.

媒酌はいうまでもなく課長さんである。

Needless to say, the medium is the section manager.

課長さんといっても、年輩は宗三とさして違わぬ年若だし、奥さんはあっても、評判の不緻縹もの、疑い出せば、何が何だか知れたものではないのである。

Even if he is a section manager, his seniors are just as young as Souzo, and his wife, even if there is a wife, cannot know what it is if he suspects that his reputation is unclear.

宗三、体よくお下り頂戴に及んだのか、それも今となっては怪しいものなのである。

Sozo, it ’s a suspicious thing that you ’ve come down to it.

 それに、もう一つおかしいのは、お花の奴、しげしげと村山家を訪れる一件だ。

Another thing that is funny is the visit to the flower guy Shigege and the Murayama family.

まだ一月にしかならぬに、宗三が知っている丈でも、四五へんは行っている。

It is still only in January, but the length that Sozo knows is going.