文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

接吻:江戸川 乱歩(90-155)/224

尤も「何か御用で」なんて追従は云わない。

However, you can't follow up with something.

ムッツリとしてつったっている。

I'm hooked as a mutsuri.

だが、課長の方では、何も知らないものだからいつもの通りお叱言が始まる。

However, since the section manager doesn't know anything, the protest begins as usual.

「君、この統計は困るね。

“You, this stat is in trouble.

肝心の平均率が出ていないじゃないか。

Isn't the average rate important?

エ、君」

Oh, you "

 見ると成程、こちらの手落ちだ。

It ’s a mistake this time.

平生なら一言もなく引下る所だが、今日はそうは行かない。

If you are a normal student, you can withdraw without a word, but today you don't.

虫の居所が違う。

The insect's whereabouts are different.

返事もしないで、グッと相手を睨みつけている。

I don't reply, I'm staring at the other person.

「君はこの統計を何だと思っているのだ。

“What do you think of this statistic?

ご丁寧に総計を並べたりして、そんなものは入らないのだ。

Carefully arranging the totals, such a thing does not enter.

平均率が必要なんだ。

I need an average rate.

その位のこと解り相なものだね」

That's all about that. "

「そうですかッ」

"Is that so?"

 宗三、いきなりびっくりする様な大声で呶鳴ると、サッと書類を引ったくって、そのまま自席へ戻って来た。

Souzo screamed with a loud voice that suddenly surprised him, and quickly returned to his seat.

これから、みっしり、閑つぶしの御説法を始める積の課長さん、目をぱちくり。

From now on, Mr. Tsuki, the manager of Tsuki, who will begin the preaching of silence, will catch his eyes.

 さて、自席に戻ると、宗三何だか一生懸命書き出した。

Well, when I returned to my seat, I wrote something hard about Sozo.

殊勝にも統計を訂正するのかと見ると決してそうでない。

It is not so when looking at whether the statistics will be corrected especially in the win.

白紙一枚拡げると、筆太に先ず書いたのが、「辞職願」

When I expanded a sheet of blank paper, the first thing I wrote on Penta was “Request for Resignation”.

Five

 面喰った課長の前に、小学生のお清書の様な大文字の辞表を投げつけて、ぐっと溜飲を下げた宗三は、まだ午前十一時というに、大手を振って帰って来た。

宗 Sozo, who threw a letter of capital letters like an elementary school student's letter in front of the section manager who had been devoured, lowered his drunkness, and came back home after a major swing at 10 am.

「お花、一寸ここへお出で」

"Flower, go out here"

 例の長火鉢の前へ、ドッカリと坐ると、さてこれから一談判だ。

】 If you sit down in front of the long brazier, it ’s a conversation.

昨夜のことがあるのでお花はもうビクビクもの。

Since there was last night, the flowers are already buzzing.

「アラ、お帰りなさいまし。

"Ala, please come home.

どっかお加減でも……」

Anyway ... "

「いや、身体は別状ない。

“No, my body is not different.

僕は今日から役所を止す。

I will stop the government office from today.

その積りでいてくれ。

Please pile up that.

それから、役所を止した訳はあの村山と衝突したからだ。

The reason why I stopped the government office was because it collided with Murayama.

だから、今日以後、村山家へ出入りすることはふっつり止めて貰い度い。

That's why it's hard to stop entering the Murayama family after today.

これは断じて守ってくれないと困る」

I'm in trouble if you don't protect me. "

「マア……」

"Mah ..."

 といったが二の句がつげない。

However, the second phrase cannot be connected.

「ア、それから」と何気なく、「お前は村山の写真を持っている筈だね。

“A, then” casually, “You must have a picture of Murayama.

あれを一寸ここへ持ってお出で」

Bring that one inch here. "

 夫の剣幕がひどいので拒む訳にも行かぬ。

“I don't want to refuse because my husband's sword curtain is so bad.

お花は渋々例の写真を持って来る。

Flowers bring a picture of an example.

宗三は、それを、お花の目の前で、さも憎々しく、ズタズタに引きさくと、火鉢の中へくべて了った。

Sozo was so hated in front of the flower, and when he pulled it to the shreds, he went into the brazier.

そして、やっとこれで清々したという顔付だ。

And finally, this is a clean face.

 こうまでされては、お花とて悟らない訳には行かぬ。

Until then, I won't go to a reason why I don't realize it is a flower.

さてはあの一件だなと、どうやら様子が分った。

Well, it seemed like it was one case.

そこで、兎も角も夫の口からそれを聞いた上のことと、こうなると女というものは手管のあるもので、すねて見たり、泣いて見たり、種々様々の手段を尽して、結局|隙見の一件を白状させて了った。

Therefore, both the niece and the horn heard it from the husband's mouth, and then the woman was a hand tube. After all, I finished confessing one of the gaps.

 どうだ、これには一言もあるまい。

I do n’t think there ’s a word for this.

写真をしまった所まで調べ上げてあるのだから、何といってもこっちに手抜りはない筈だ。

I have looked up to the point where I have taken the photo, so no matter how much I say, there should be no oversight.

宗三、勝利者の気組みで、ぐっと落着いて、お花の様子を眺めている。

Sozo is calm and looking at the flowers with the spirit of the winner.

 するとお花、いきなりワッと泣き伏しでもするかと思いきや、どうしてどうして、宗三があっけに取られた事には矢庭にクツクツと笑い出したのである。

Then, I wondered if I could make a crying suddenly, and why I laughed so quickly in Yaniwa that Sozo was taken away.

「マア、何かと思えば、あなた、あんまりですわ。

"Mah, if you think something, you are too much.

村山さんと私と……ホホホ……あなたも随分邪推深い方ね。

Murayama-san and me ... Hohoho ... You're a bit too devious.

あの写真、あれは、あれは、あのう、あなたのお写真でしたのよ」

That picture, that was your picture, that was, yes, that "

 といったかと思うと、お花、いきなり赧くなって、顔を隠すのであった。

When I thought, the flowers suddenly became ugly and concealed their faces.

「僕の写真だって、馬鹿な、うまくごまかそうと思っても、それは駄目だ。

“Even if my photos were stupid and I thought they would be tricky, that wouldn't work.

チャンと納戸へ尾行して、しまう所を睨んで置いたんだからな。

I went to Nato and Chang, and I left the place where I would end up.

あの抽斗には村山の写真の外には、僕の写真はおろか、男のは一枚もありやしないじゃないか」

In addition to Murayama's photo, I don't think there's a man's photo on that drawer.

「ですから、猶変ですわ。

"That's why it's graceful.

そんな沢山写真があったなんて。

There were so many photos.

きっとあなたは寝惚けていらっしったのよ。

I'm sure you've fallen asleep.

あなたのお写真は一枚丈け、大切に抽斗の中の手文庫にしまってあるのですもの。

Your photo is one piece long, and it's important to keep it in the hand library inside the drawer.

一体あなたの御覧なすったという抽斗はどれですの」

`` Which is the drawer that you looked at? ''

「あの正面の箪笥の、上の左の端の小抽斗さ」

“A small drawer on the left end of the frog in the front”

「アラ、正面ですって、まあおかしい。

“Ala, it ’s in front.

私が昨夜あなたのお写真をしまったのは左側の箪笥でしたのよ。

It was on the left side that I took your photo last night.

抽斗は上の左の端のですけれど、まるで箪笥が違いますわ」

The drawer is at the left end of the top, but it looks like it's different. ”

「そんな筈はない。

"There is no such habit.

やっぱりお前はごまかそうと思っているのだ。

After all, you think you're cheating.