文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

接吻:江戸川 乱歩(156-224)/224

僕は小さな障子の穴から覗いたのだから、左側の箪笥なぞ、第一見える道理がないのだ。

I looked through a small shoji hole, so there is no reason to see the first one on the left side.

何といっても正面だ。

It ’s the front.

いくらいそいでいたとはいえ、正面と左側と、まるで方向の違うものを、間違える筈はない」

Even though it was so long, there is no mistake in making the front and left sides look like they are in different directions. ''

「おかしいですわねえ」

"It's funny"

「おかしくはない。

“It ’s not weird.

お前はてれ隠しに、そんな出鱈目を云っているのだ。

You ’re telling me that you ’re hidden.

つまらない真似はいい加減に止さないか」

Isn't boring imitation just right? "

「だって……」

"Because ..."

「だってじゃない。

"Not because.

何といっても僕の目に間違いはない」

There is no mistake in my eyes after all. "

 妙な押問答になって来た。

It has become a strange question and answer.

夫は部屋の正面の壁に沿って置かれた箪笥だといい、妻は左側面の壁に沿って置かれたそれだと主張する。

The husband says that it is a spear placed along the wall in front of the room, and the wife claims that it is placed along the wall on the left side.

両人の言い分の間には九十度の差異がある。

There is a 90 degree difference between the two's statements.

Six

「ア、分りましたわ」

"A, I understand"

 突然お花が叫んだ。

Suddenly a flower shouted.

「あなた、まあこちらへ来てごらんなさいまし。

"Well, come here.

分りました、分りました」

I know, I know. "

 無暗に袖を引っぱるので、宗三|仕様事なしについて行くと、それは納戸だ。

宗 Sozo pulls the sleeves darkly, so if you follow without any specs, it ’s Nato.

「これ、これ、あなた、これに違いありませんわ」

"This, this, you must be this"

 そこで、お花がそういって、指さしたのは、一個の新しい洋服箪笥。

So there was a flower and I pointed to a new wardrobe.

去年の暮、臨時手当に据置貯金の利息を足して買い整えた新式洋服箪笥。

Last year, a new-style garment that was purchased with extraordinary allowances plus deferred savings interest.

それが一体どうしたというのであろう。

I wonder what happened.

「お分りになりまして。

“I ’m sorry.

ホラ、この扉についている鏡ですよ。

Hora, this is the mirror attached to this door.

この扉が開いていて、丁度障子の穴の前に来ていたのですよ。

This door was open, just in front of the shoji hole.

ですから、正面の箪笥が隠れて、飛んでもない左側の箪笥が写って、それが丁度正面にある様に見えたのですよ」

So, the front kite was hidden and the left kite that wasn't flying was shown, and it looked just like it was in front. ''

 成程、洋服箪笥の扉の鏡が、障子の穴の前に四十五度の角度で開いていたとすれば、そこへ映った左側のものが真正面に見えた筈だ。

If the door mirror of the wardrobe was open at a forty-five degree angle in front of the shoji hole, the left side of the mirror should be seen directly in front.

二つの箪笥の形もよく似ているので間違うのは無理ではない。

It is not unreasonable to make a mistake because the shapes of the two traps are very similar.

殊に薄暗い電燈の光で、しかも大いそぎで見たのだもの。

Especially, it was seen with a dim electric light and with a big shave.

こいつは俺のしくじりかな。

This is my mess.

宗三あまりの事にがっかりした。

I was disappointed at Sozo's work.

 他人の写真だと早合点したのは飛んだ間違いで、お花が宗三恋しさの余り、彼宗三の写真に接吻したり抱きしめたりしていたのだとすると、こんなひどい間違いはない。

早 It was a mistake that made a quick concordance with another person's photo, and there was no such a terrible mistake if the flower was too much of Sozo's love and kissed or hugged him.

ゾクゾクと嬉しがっているべき場合に、見当違いの癇癪を立てて、取り返しのつかぬ辞表まで書いたとは。

When you should be happy, you wrote a misplaced resignation with a misguided trap.

 さあそこで、主客顛倒である。

So, the main customer is abusive.

一挙にして頽勢を挽回したお花は、今度こそ本当に泣き出した。

The flowers that made up the trend all at once began to really cry.

 お役所を止して明日から何とする積りだ。

】 What to do from tomorrow after stopping the government office.

この不景気に直様口があるではなし、そうかといって、遊んで食える身分でもなし、あなたもあんまり向う見ずだ。

There should be a straight line in this recession, but if you do, you will not be able to play and eat, and you will not go too far.

それに、私が村山家へ出入りするといってお怒りなさるけれど、これもみんなあなたに出世させ度いばっかりじゃありませんか。

Besides, I'm angry that I will go in and out of the Murayama family.

誰があんな家、進んで行き度いことがあるものですか。

Who is such a house and is there something that you are willing to go to?

ひとの気も知らないで。

Don't know people's feelings.

といって恨む。

I'm sorry.

怨じる。

Fool.

歎く。

Ask.

それはそれは。

well well.

 山名宗三、今は一言もない。

Sozo Yamana, there is no word now.

そればかりか、さしずめこれからの身のふり方に困じ果てた。

Not only that, I was in trouble with how to pretend.

「すまじきものは嫉妬だなあ」彼はつくづく嘆じたことである。

“Smajiki is a must,” he mourned.

 だが、読者諸君。

But readers.

男というものは、少々陰険に見えても、性根はあくまでお人好しに出来ているものだ。

Even though a man looks a little sly, the sexuality is just what he likes.

そして、女というものは、表面何も知らないねんねえの様であっても、心の底には生れつき陰険が巣喰っているものだ。

And even though the woman is like a stranger who doesn't know anything about the surface, she is born in the bottom of her heart.

このお花だって、お話の表面に現れた丈けの女だかどうだか、甚だ疑わしいものである。

This flower is very suspicious whether it is a long woman who appeared on the face of the story.

若しも、例の鏡のトリックが、彼女の創作であったとしたらどうだ。

What if the mirror trick of the example was her creation?

そして、彼女が接吻し、抱きしめたのは、やっぱり村山課長の写真であったとしたらどうだ。

And what if she kissed and hugged her was Murayama's photo?

 それは兎も角男である山名宗三には、そこまで邪推をたくましくする陰険さはなかったのである。

That is, Sozo Yamana, who is also a horned man, did not have the stigma to make him feel bad.

底本:「江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者」光文社文庫、光文社

Sokomoto: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 1: Walkers in the Attic" Kobunsha Bunko, Kobunsha

   2004(平成16)年7月20日初版1刷発行

Issued the first edition of the first edition on July 20, 2004

   2012(平成24)年8月15日7刷発行

7th edition issued on August 15, 2012

底本の親本:「江戸川乱歩全集 第十巻」平凡社

Masterpiece of the bottom book: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 10" Heibonsha

   1931(昭和6)年9月

September 1931

初出:「映画と探偵」映画と探偵社

First appearance: “Movie and Detective” Movie and Detective Agency

   1925(大正14)年12月

December 1925 (Taisho 14)

※底本巻末の編者による語注は省略しました。

* Notes by the editor at the end of the bottom volume were omitted.

入力:門田裕志

Input: Yuji Kadota

校正:A.K.

Calibration: A.K.

2016年9月9日作成

Created September 9, 2016

青空文庫作成ファイル:

Blue sky library creation file:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers are responsible for input, proofreading, and production.