文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(1-33)/1770

湖畔亭事件

Kohantei Incident

江戸川乱歩

Edogawa Rampo

one

 読者諸君は、先年H山中のA湖のほとりに起った、世にも不思議な殺人事件を、御記憶ではないでしょうか。

Readers may remember the mysterious murder that occurred on the banks of Lake A in the H Mountain last year.

片山里の出来事ながら、それは、都の諸新聞にも報道せられた程、異様な事件でありました。

Despite the events of Katayama-sato, it was a strange event that was reported in various newspapers in the city.

ある新聞は「A湖畔の怪事件」という様な見出しで、又ある新聞は「死体の紛失|云々」という好奇的な見出しで、相当大きくこの事件を書き立てました。

One newspaper wrote the case considerably, with the headline “Mysterious incident on Lake A” and another newspaper with the curious headline “Lost corpse”.

 注意深い読者諸君は御承知かも知れませんが、そのいわゆる「A湖畔の怪事件」は、五年後の今日まで、遂に解決せられないのであります。

注意 You may be aware of the careful readers, but the so-called “A lakeside mysterious incident” cannot be resolved until five years later.

犯人はもちろん、奇怪なことには、被害者さえも、実ははっきりとは分っていないのであります。

Not only the criminal, but also the stranger, even the victims aren't really clear.

警察では、最早や匙を投げています。

The police are no longer throwing spears.

当の湖畔の村の人々すら、あの様に騒ぎ立てた事件を、いつの間にか忘れてしまった様に見えます。

Even the people in the lakeside village seem to have forgotten the incident that made such a noise.

この分では、事件は永久の謎として、いつまでもいつまでも未解決のまま残っていることでありましょう。

In this minute, the incident will be a permanent mystery that will remain unresolved indefinitely.

 ところがここに、広い世界にたった二人だけ、あの事件の真相を知っている者があるのです。

However, there are only two people here who know the truth of the incident.

そして、その一人は、かくいう私自身なのであります。

And one of them is myself.

では、なぜもっと早く、それを発表しなかったのだと、読者諸君は私をお責めになるかも知れません。

So you might blame me for why you didn't announce it sooner.

が、それには深い訳があるのです。

But it has a deep translation.

まず私の打開け話しを、終りまで御聞き取り下さい。

Please listen to my opening talk until the end.

そして、私が今まで、どんなにつらい辛抱をして沈黙を守っていたかを御諒察が願いたいのであります。

And I want you to see how hard I have ever been and to keep silence.

two

 さて本題に入るに先だって、私は一応、私自身の世の常ならぬ性癖について、又私自身「レンズ狂」と呼んでいる所の、一つの道楽について、お話して置かねばなりません。

Now, before I get into the main topic, I have to talk about my unusual habits, and one of the things that I call “Lens Madness”.

読者諸君の常としてその不思議な事件というのは一体全体どんなことだ。

As a reader, what a strange case is all about?

そして、それが結局どう解決したのだと、話の先を急がれますが、この一篇の物語りは先ず、今いった私の不思議な道楽から説き起さないと、あまりに突飛な、信じ難いものになってしまうのですし、それに、私としては、自分の異常な性癖についても、少し詳しく語りたいのです。

And I can't wait to talk about how it was finally resolved, but this story is too outrageous and believable if I don't start with mysterious road music. And I want to talk a little bit more about my unusual sexuality.

どうか暫く、痴人のくり言でも聞くお積りで、私のつまらぬ身の上話をお許しが願いたいのであります。

For a while, I'd like to ask forgiveness of my boring story by listening to the idiots.

 私は子供の時分から、どうしたものか、世にも陰気な、引込思案な男でありました。

Since I was a kid, I had been a reluctant man who was amazed at what happened.

学校へ行っても、面白そうに遊び廻っている同級生達を、隅の方から白い眼で、羨ましげに眺めている、家へ帰れば家へ帰ったで、近所の子供と遊ぶでもなく、自分の部屋にあてがわれた、離れ座敷の四畳半へ、たった一人でとじ籠って、幼い頃は色々なおもちゃを、少し大きくなっては、先にいったレンズを、仲のよい友達かなんぞの様に、唯一の遊び相手にしているといった調子でした。

Even if I go to school, I am watching the classmates who are playing around interestingly with white eyes from the corners, looking homelessly when I go home, not going to play with my neighbors, To the four-and-a-half-quarters of the remote parlor that was assigned to the room of the room, just lonely alone, various toys at an early age, a little larger, the lens mentioned earlier, like a good friend It was like being the only play partner.

 私は何という変な、気味の悪い子供であったのでしょう。

What a strange and creepy kid I was?

それらの無生物の玩具に、まるで生ある物の様に、言葉をかけていることさえありました。

There were even words on those inanimate toys, just like living things.

時によって、その相手は、人形であったり、犬張子であったり、幻燈の中の様々の人物であったり、一様ではないのですが、恋人に話しかけでもする様に、くどくどと相手の言葉をも代弁しながら、話し会っているのでした。

Depending on the situation, the opponent may be a doll, Inuchoko, or various people in the phantom, which is not uniform. I was talking for a while.

ある時、それを母親に聞かれて、ひどく叱られたことも覚えています。

I remember that when I was asked by my mother, I was beaten badly.

その時、どうした訳か、母親の顔が異様に青ざめて、私を叱りながらも、彼女の眼が物おじした様に見開いていたのを、子供心に不思議に思ったことであります。

At that time, somehow, my mother's face turned pale, and while she scolded me, she was wondering at the child's mind that her eyes were wide open.

 それはさて置き、私の興味は、普通の玩具から幻燈へ、幻燈からレンズその物へと、段々移り変って行きました。

Aside from that, my interest gradually changed from ordinary toys to phantoms and from phantoms to lenses themselves.

宇野浩二さんでしたかも何かへ書いていましたが、私がやっぱり、押入れの暗闇の中で幻燈を写す子供でした。

Mr. Koji Uno was writing something, but after all I was a child who shot a phantom in the darkness of a closet.

あのまっ暗な壁の上へ、悪夢の様に濃厚な色彩の、それでいて、太陽の光などとはまるで違った、別世界の光線で、様々な画の現れる気持は、何ともいえず魅力のあるものです。

On top of that dark wall, it has a rich color like a nightmare, yet the feeling that various pictures appear in the light of another world that is completely different from the sun's light etc. is attractive at all. .

私は、食事も何も忘れて、油煙臭い押入れの中で、不思議なせりふを呟きながら、終日幻燈の画に見入っていることさえありました。

I even forgot my meals and wore a mysterious speech in a smoky squeeze, and even looked at the phantom paintings all day.