文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(34-61)/1770

そして、母親に見つけられて、押入れからひきずり出されますと、何かこう、甘美な夢の世界から、いまわしい現実界へ引戻された様な気がして、いうにいわれぬ不愉快を覚えたものであります。

And when it was found by the mother and dragged out of the closet, I felt like I was pulled back from the world of sweet dreams to the weird real world, and it was an unpleasant experience It is.

 さすがの幻燈気違いも、でも、尋常小学校を卒業する頃には、少し恥しくなったのか、もう押入れへ這入ることをやめ、秘蔵の幻燈器械も、いつとはなしにこわしてしまいました。

As expected, when I graduated from the ordinary school, I was a little embarrassed.

が、器械はこわれてもレンズだけは残っています。

However, even if the instrument is broken, only the lens remains.

私の幻燈器械は、普通玩具屋の店先にあるのよりは、ずっと上等の大型のでしたから、従ってレンズも直径二寸程の、厚味のたっぷりある、重いものだったのですが、それが二つ、文鎮代りになったりして、その後ずっと私の勉強机の上に、置かれてありました。

My phantom instrument was much larger than what I usually have at a toy store, so the lens was about 2 inches in diameter, plenty of thickness, and heavy. Two of them were used as paperweights, and have been placed on my study desk.

 あれは、中学校の一年生の時でしたか、ある日の事、一体|朝寐坊のたちで、そんなことは珍しくもなかったのですが、母親に起されても起されても、ウンウンと空返事ばかりして、暖かい寝床を出ようともせず、到頭登校時間を遅らせ、もう学校へ行くのがいやになってしまって、母親にまで仮病を使って、終日寝床の中で暮したことがありました。

Was that in the first year of junior high school, or one day, one thing? It wasn't uncommon for them to be astonished, but even if they were woken up by their mothers, I didn't want to leave a warm bed, just got back to the sky, delayed my arrival time, became unwilling to go to school, and lived in bed all day with a temporary illness to my mother. There was a thing.

病気だといってしまったものですから、好きでもないお粥をたべさせられる、何かやりたくても寝床を出ることは出来ず、私は、いつもの事ながら、今更学校へ行かなかったことを後悔し初めました。

Because I've been told I'm sick, I can eat a bowl that I don't like, I can't get out of bed even if I want to do something. I started to regret it.

 私はわざと雨戸を締切って、自分の気持にふさわしく部屋の中を暗くして置きましたので、その隙間や節穴から、外の景色が障子の紙に映っています。

I cut the shutters on purpose and darkened the room to suit my feelings, so the outside scenery is reflected on the paper shoji through the gaps and joint holes.

大きいのや小さいのや、はっきりしたのやぼやけたのや、沢山の同じ景色が、皆さかさまに映っているのです。

Big and small, clear and blurred, and many of the same scenery are reflected upside down.

私は寝ながらそれを見て、ふと写真器械の発明者の話などを思い出していました。

I watched it while sleeping and suddenly remembered the story of the inventor of the photographic instrument.

そして、どうかしてあの節穴の映像の様に、写真にも色彩をつけることは出来ないものかなどと、どこの子供も考える様な、夢の様な、しかし自分では一かど科学者ぶったことを空想するのでした。

And, like the video of that knothole, it seems like a child who thinks it can't add color to a photo, it's a dream, but I was just a scientist I was daydreaming about that.

 やがて、見ている内に、障子の影が少しずつ薄くなって行きました。

Soon, as I was watching, the shoji shadow gradually faded away.

そして、遂にはそれが消えてしまうと、今度は真白く見える日光が、同じ節穴や隙間から、まぶしくさし入るのでした。

And when it finally disappeared, the sunlight that looked white now dazzled through the same joint hole or gap.

ゆえもなく学校を休んでいるやましさから、私はもぐらもちの様に日光を恐れました。

Therefore, I was afraid of sunlight like mogumochi because I was absent from school.

私はいうにいわれぬ、いやあな、いやあな心持で、頭から蒲団をかぶると、眼をとじて、眼の前にむらがる、無数の黄色や紫の輪を、甘い様な、いまわしい様な変な感じで眺めたことであります。

I have to say, no, no, no, no mind, wearing a bandage from the head, tearing my eyes and swaying in front of my eyes, countless yellow and purple rings, sweet and weird changes It ’s something I saw.

 読者諸君、私のお話は、余りに殺人事件と縁が遠い様に見えます。

Readers, my story seems too far from the murder case.

しかしそれを叱らないで下さい。

But don't beat it.

こうした話振りは私の癖なのです。

Such a story is my niece.

そして、この様な幼時の思い出とても、その殺人事件に、まるで関係のない事柄ではないのですから。

And this kind of childhood memories are not really irrelevant to the murder case.

 さて、私は又蒲団から首を出しました。

Well, I got my head off from the band again.

見ると、私の顔のすぐ下に、ポッツリと光った個所があります。

As you can see, there is a bright spot just below my face.

それは節穴から這入った日光が、障子の破れを通って、畳の上に丸い影を投げていたのです。

It was because the sunlight that entered the glaze through the knothole threw a round shadow over the tatami mats through the tears in the shoji.

無論、部屋全体が暗いせいでしょうが、私はその丸いものが、余りに白々と、まぶしく見えるのを、ちょっと不思議に思いました。

Of course, it is probably because the whole room is dark, but I was a little wondering that the round objects look too white and dazzling.

そして、何げなく、そこに落ちていた例のレンズを取ると、私はそれを、丸い光の上にあてがって見たことでありますが、そうして、天井に映った、化物のような影を見ると、私はハッとして思わずレンズを取落しました。

And when I took the lens of the example that fell there, I saw it on a round light. When I looked at the shadow, I dropped my lens unintentionally.

そこに映ったものは、それ程私を驚かしたのです。

What was reflected there surprised me so much.

なぜといって、薄ぼんやりではありましたが、その天井には、下の畳の目が、一本の藺の太さが二尺程に拡大されて、小さなごみまでがありありと映っていたからです。

Although it was thin, it was because the lower tatami eyes were reflected on the ceiling, with the thickness of a single ridge expanded to about 2 inches, and a small trash.

私はレンズの不思議な作用に恐怖を感ずると共に、一方では又いい知れぬ魅力を覚えました。

I was terrified by the mysterious action of the lens, and on the other hand, I also got a strange charm.

それからです、私のレンズいじりの初まったのは。

Then, the first time I mess with lenses.

 私は丁度その部屋にあった手鏡を持出すと、それを使って、レンズの影を屈折させ、畳の代りに、色々な絵だとか写真だとかをかたえの壁に映して見ました。

I just took out the hand mirror that was in that room, and used it to refract the shadow of the lens, instead of tatami, I reflected various pictures and photos on the wall. It was.