文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(113-145)/1770

緑の山々に取囲まれた、静寂なみずうみの景色は、最初の間、どんなに私を楽ませた事でしょう。

How quiet it was during the first time was the quiet scenery of Mizuumi surrounded by the green mountains.

晴た日には、附近の連峰が、湖面にさかしまの影を投げて、その上を、小さな帆かけ船が辷って行く風情、雨の日には山々の頂を隠して、間近に迫った雲間から、銀色の糸が乱れ、湖面に美しい鳥肌を立ている有様、それらの寂しく、すがすがしい風物が、混濁し切った脳髄を洗い清め、一時は、あの様に私を苦しめた神経衰弱も、すっかり忘れてしまう程でありました。

On a clear day, the nearby mountain range casts a shadow of a squirrel on the surface of the lake. From the clouds, the silver thread is disturbed and the beautiful goose bumps are standing on the lake surface. I forgot everything.

 しかし、神経衰弱が少しずつよくなるにつれて、私はやっぱり雑沓の子でありました。

However, as my nervous breakdown gradually improved, I was still a miscellaneous child.

その寂しい山奥の生活に、やがて耐え難くなって来たのです。

The life behind the lonely mountain has finally become unbearable.

湖畔亭は、その名の示す如く、遊覧客の旅館であると同時に、附近の町や村から、日帰りで遊びに来る人々のためには、料亭をも兼ているのでした。

Kobo-tei, as its name suggests, is a tourist inn, and at the same time, it serves as a restaurant for those who come from the nearby towns and villages on a day trip.

そして、客の望みによっては、程近き麓の町から、売女の類を招いて、周囲の風物にふさわしからぬ、馬鹿騒ぎを演じることも出来るのです。

And depending on the wishes of the customers, it is possible to invite a kind of slut from a nearby flea town and play an idiot that is not suitable for the surrounding features.

淋しいままに、私は二三度、そんな遊びもやって見ました。

As I was regretful, I saw that kind of play a few times.

しかし、その様ななまぬるい刺戟が、どうして私を満足させてくれましょう。

But why does such a lukewarm acupuncture satisfy me?

又しても山、又してもみずうみ、多くの日は、ヒッソリと静まり返った旅館の部屋部屋、そして時たま聞えるものは、田舎|芸妓の調子はずれの三味線の音ばかりです。

Once again, the mountains, again and again, many days, the ryokan's room is quiet, and what you can hear from time to time is the sound of the shamisen out of the country / geiko.

しかしながら、そうかといって、都の家に帰ったところで、何の面白い事がある訳でなく、それに、予定の滞在日数は、まだまだ先が長いのでした。

However, when I went back to my home in the city, there was nothing interesting about it, and the planned length of stay was still long.

そこで困じはてた私は、先にも一寸書いた様に、例の覗き眼鏡の遊戯を、ふと思いうかべることになったのです。

I was in trouble, and as I wrote a bit earlier, I suddenly thought about playing the example of peeping glasses.

 私がそれを考えついた、一つの動機は、私の部屋が好都合な位置にあったことでありました。

One motivation I came up with was that my room was in a convenient position.

部屋は二階の隅っこにあって、そこの一方の丸窓を開けると、すぐ目の下に、湖畔亭の立派な湯殿の屋根が見えるのです。

The room is in the corner of the second floor, and when you open one of the round windows, you can see the roof of the magnificent hot water hall of Kohan Tei immediately under your eyes.

私は、これまで覗き眼鏡の仕掛によって、種々様々の場面を覗いて来ましたが、さすがに浴場だけは、まだ知りませんでした。

I have been peeking through a variety of scenes depending on the device of the peeping glasses, but I still didn't know just the bathhouse.

従って、私の好奇心は烈しく動いたのであります。

Therefore, my curiosity moved violently.

といって私は何も裸女|沐浴の図が見たかった訳ではありません。

But I do n’t want to see a naked woman.

そんなものは、少し山奥の温泉場へでも行けば、いや都会の真中でさえも、ある種の場所では、自由に見ることが出来ます。

If you go to a hot spring resort a little deep in the mountains, you can see it freely in some places, even in the middle of the city.

それに、この湖畔亭の湯殿とても、別段男湯女湯の区別など、設けてはなかったのです。

In addition, this lakeside bower's bath hall was not provided with a distinction between a separate hot spring and a female bath.

 私の見たいと思ったのは、周囲に誰もいない時の、鏡の前の裸女でありました。

I wanted to see a nude woman in front of the mirror when no one was around.

或は裸男でありました。

Or he was a naked man.

我々は日常銭湯などで、裸体の人間を見なれておりますが、それはすべて他人のいる前の裸体です。

We are seeing naked humans at public baths, etc., but all of them are naked before others.

彼らは我々の目の前に、一糸も纒わぬ、赤裸々の姿を見せてはいますけれど、まだ羞恥の着物までは、脱ぎすてていないのです。

They are showing a naked figure in front of us, but have not yet taken off the shame kimono.

それは人目を意識した、不自然な姿に過ぎないのです。

It's just an unnatural appearance that is eye-catching.

私はこれまでの覗き眼鏡の経験によって、人間というものは、周囲に他人のいる時と、たった一人切りの時と、どれほど甚だしく、違って見えるものだかということを、熟知していました。

From my previous experience of peeping glasses, I knew exactly how human beings looked different and different when there were others around me and when I was alone.

人前では、さも利口そうに緊張している表情が、一人切りになると、まるで弛緩してしまって、恐しいほど相好の変るものです。

In front of people, a clever and nervous expression will be relaxed if you cut it alone, and the appearance will change tremendously.

ある人は、生きた人間と死人ほどの、甚だしい相違を現します。

Some people show as great a difference as a living person and a dead person.

表情ばかりではありません。

Not just facial expressions.

姿勢にしろ、いろいろな仕草にしろ、すべて変ってしまいます。

Regardless of the posture or various gestures, everything will change.

私は嘗つて、他人の前では非常な楽天家で、寧ろ狂的にまで快活な人が、その実は、彼が一人切りでいる時は、正反対の極端に陰気な、厭世家であったことを目撃しました。

I was a very optimist in front of others, rather crazy and cheerful, but in fact, when he was lonely, he was an opposite, extremely insidious, reigning family I witnessed.

人間には多かれ少かれ、こうした所がある様に思われます。

There seems to be more or less such a place for humans.

我々が見ている一人の人間は、実は彼の正体の反対のものである場合が屡々あるものです。

One person we are looking at is often the opposite of his true identity.

この事実から推して行きますと、裸体の人間を、鏡の前に、たった一人で置いた時、彼が彼自身の裸体を、いかに取扱うかを見るのは、甚だ興味のある事柄ではないでしょうか。

From this fact, when you put a naked human in front of a mirror alone, it would not be a very interesting matter to see how he handles his own naked body. Uka.

 そういう理由から、私は覗き眼鏡の一端を、浴場の中へではなく、その次ぎの間になっている、大きな姿見のある、脱衣場にとりつけようと、決心したものであります。

For that reason, I decided to attach one part of the peeping glasses to the dressing room with a big appearance, not in the bathhouse, but in the next.