文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(146-177)/1770

Five

 その日、夜の更けるのを待って、私は不思議な作業にとりかかりました。

That day, I waited for the night to come and I started mysterious work.

先ずトランクの底から覗き眼鏡の道具を取出しますと、入れこになったボール紙の筒を、長くつなぎ合せて、例の丸窓から屋根へ忍びいで、人目につかぬ場所を選んで、それを細い針金で結びつけるのでした。

First of all, when you take out the peeping glasses tool from the bottom of the trunk, connect the cardboard tubes that you inserted into the roof, steal from the round window of the example to the roof, select an invisible place, It was tied with a thin wire.

幸、そこの空地には脊の高い杉の木立があって、その辺の壁を一面に覆い隠していましたので、夜が明けても私の装置が発覚する憂いはありません。

Fortunately, there was a tall cedar grove in the open space, and the wall around it was covered up so that there was no fear that my device would be discovered even after dawn.

のみならず、そこは、家の裏側に当たる場所ですから、滅多に人の来る様なことはないのです。

Not only that, it's a place that hits the back of the house, so people rarely come.

 盗賊の様に、木の枝を伝ったり、浴場の窓から忍び込んだり、私は暗闇の中で、夢中になって働きました。

«Like a bandit, I walked down a tree branch and sneaked through the window of the bathhouse. I worked energetically in the dark.

そして、三時間余りを費して、やっと思う様な装置を施すことが出来たのです。

And after spending more than three hours, I was able to apply the equipment I finally thought.

眼鏡の一端は、丸窓から、床の間の柱の蔭を伝わらせて、そこへ寝転びさえすれば、いつでも覗ける様にして、その柱の所へは、私の合トンビをかけ、女中などに仕かけを見つけられぬ工風をしたものです。

One end of the eyeglasses, from the round window, conveys the wall of the pillar between the floors, and if you lie down there, you can peek at any time. It is a work style that can not find the device.

 さて、その翌日から私は、不思議な鏡の世界に、耽溺し初めました。

Well, the day after that, I began to hesitate in the mysterious mirror world.

壁の隅にとりつけた、鼠色の暗箱の中には、方二寸ほどの小さな鏡が、斜めに装置せられ、上のレンズから来る脱衣場の景色を、まざまざと映し出しています。

In a dark blue box attached to the corner of the wall, a small mirror of about 2 inches is installed at an angle, and the scenery of the dressing room coming from the upper lens is projected in various ways.

光線がたびたび屈折しているので、それは甚だ薄暗い映像ではありましたが、そのために却て、一種夢幻的な感じを添え、もうこの上もなく、私の病的な嗜好を喜ばせるのでした。

Because the rays were often refracted, it was a very dimly lit video, but on the contrary, it added a kind of fantasy, and no more delighted my pathological taste.

 私の部屋は二階ですから、湯殿へ行く人の跫音は、無論聞えず、又、丸窓から覗いたとて、そこには湯殿の屋根が見えるばかりで、内部の様子を伺うことは出来ません。

Since my room is on the second floor, I can't hear the roar of people going to the hot spring, and when I look through the round window, I can only see the roof of the hot spring and I can't see the inside.

それゆえ、いつその脱衣場へ人が来るか、鏡の面を注意している外には、知るべきよすがもないのです。

Therefore, there is no way to know when people are coming to the dressing room, except when paying attention to the mirror surface.

そこで、私は、丁度魚を釣る人が、浮きの動くのを待ち兼ねて、その方ばかり見つめている様に、朝起きるとから、部屋の隅に寝ころんで、小さな鏡を凝視するのでありました。

So I just got up in the morning, just as the fisherman waited for the floating movement and just stared at that person, so I fell asleep in the corner of the room and stared at the small mirror. .

 やがて、待ちに待った人影が、チラリと鏡の上にひらめいた時、私はどんなに胸を躍らせたことでしょう。

Surely, I was very excited when the long-awaited figure flashed on the mirror.

そして、その人が着物を脱ぐ間、湯を出てから身体をふいている間、今にも変ったことが起るか、今にも変ったことが起るかと、どんなに待ち兼ねたことでありましょう。

And while that person took off his kimono, while he was getting out of the hot water and wiping his body, he could have waited for what happened now or what happened.

 ところが、私の予想は、多くの場合裏切られて、そこに現れた男女は、ただそれが、不思議な、薄暗い鏡の表面に、うごめいているという興味の外には、何の変った様子も見せてはくれないのでした。

However, my expectation is often betrayed, and the men and women who appear there are not strange, except that they are moving on the surface of a mysterious, dim mirror. He didn't show me.

それに、先にもいった通り、初夏とはいえ、山の上では、まだ朝夕は寒いほどの時分なので、泊り客も二三組に過ぎず、酒を飲んで騒ぐために来る客とても、三日に一度位の割合にしかないのです。

And as I said earlier, although it was early summer, on the top of the mountain it was still cold in the morning and evening, so there were only a couple of guests staying at the top of the mountain. The ratio is only once.

従って、入浴者も少く、私の鏡の世界は、湖水の景色と同じ様に、なんともさびしいものでありました。

Therefore, there were few bathers and my mirror world was as lonely as the lake landscape.

 その中で、僅に私を慰めてくれたのは、十人に近い宿の女中達の入浴姿でした。

Among them, it was the bathing appearance of the maids of the inn that was close to ten people that comforted me slightly.

 彼等のある者は、二人三人と連立って、脱衣場に現れました。

Someone of them appeared in the dressing room in a row with two people.

………………………………

………………………………

 そして、何をいうのか声は聞えませんが、多分みだらな噂でもしているのでしょう、笑ったりふざけたりしながら着物を脱ぎ、お互の肌を比べ合い、相手の肥え太った腹を叩きなどする様が、手に取る様に眺められるのです。

And I can't hear what you mean, but maybe it's also a rumor, take off kimonos while laughing or joking, compare each other's skin, beat the fat belly of the opponent, etc. You can see it as you take it.

それらが、鏡の表面に、豆写真の様に、可愛い姿で動いているのです。

They are moving in a cute figure on the surface of the mirror, like a bean photograph.

 それから、入浴を済せると、彼女らは長い時間かかって、姿見の前でお化粧を初めます。

Then, after taking a bath, they take a long time and begin to make up in front of the figure.

私は以前から、女のお化粧というものには一種の興味を感じていたのですが、斯様に、裸体の女が、あからさまな態度で、大胆なお化粧をする有様は見たことがありません。

I've always felt a kind of interest in women's makeup, but I've seen a naked woman with an open attitude and bold makeup. There is none.

 そこには、男の知らぬ、ある不可思議な世界がくり拡げられるのでありました。

There was a mysterious world that the man did not know.

…………

…………

 又あるものは、たった一人で、脱衣場に現れます。

Also, there is only one person that appears in the dressing room.

……………………………………………

……………………………………………

 この場合には、一層好奇的な景色に接することが出来ます。

In this case, you can touch more curious scenery.

今のさき、無邪気そうな顔をして、私のお給仕をしていた女が、たった一人で鏡の前にたつと、こんなにも様子が変るものかしら、なるほど女は魔物だなあ。

If the woman who was waiting for me with an innocent face just before standing in front of the mirror could change things like this, the woman is a monster.