文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(178-209)/1770

私はしばしばこんな嘆声をもらすのでありました。

I often gave such a cry.

Six

 ところが、間もなく、私の鏡の世界には、平凡な景色に退屈し切っていた私を、驚喜せしめる様な人物が現れました。

Soon, however, a person who surprised me, who was bored by the mediocre scenery, appeared in my mirror world.

(そして、その次ぎには、もっともっと、そんなものよりは幾層倍も驚くべき事件が、鏡の中に起ったのですが)それは、最近宿についた、東京の富裕階級に属するらしい、女づれの一家族の一人で、十八位に見える、非常にけばけばしい身なりをした娘でした。

(And then, there were many more and more amazing incidents in the mirror than that) It seems to belong to the wealthy class of Tokyo that recently stayed in an inn, He was one of the family members of a woman, and she was a very ridiculously-dressed daughter who looked 18th.

彼女がはじめて私の鏡に現れた時、私は何かこう、その薄暗いガラスの中に、真赤なけしの花でも咲いた様な気がしたものです。

When she first appeared in my mirror, I felt that something like this was blooming in the dark glass, even with red-red flowers.

彼女は身なりにふさわしく、世にも美しい容貌の持主でした。

She was worthy of her dress and had a beautiful appearance.

そして、その容貌にもいやまして、彼女の身体は美事でした。

And I was disappointed with her appearance, and her body was beautiful.

西洋人の様に豊かな肉体、桜の花瓣の様に微妙な肌の色、それだけでも十分私を驚かせたのですが、その上彼女には、鏡の前の不思議な癖さえあったのです。

A rich body like a Westerner, a subtle skin color like a cherry blossom bud, surprised me enough, but she even had a mysterious frog in front of the mirror.

………………………………

………………………………

 廊下などであった時の、つつましやかな、とりすました様子に引かえ、たった一人で姿見の前に立つ時には、彼女はまるで別人の様に大胆になりました。

When she was standing alone in front of herself, she became bold like another person.

………………………………

………………………………

 私は初めて、若い女が、自分自身の肉体に見とれる有様を、隙見することが出来ました。

For the first time, I was able to find a chance for a young woman to see her own body.

そして、その余りにも大胆な身のこなしに、一驚を喫しないではいられませんでした。

And I couldn't help but be surprised by that boldness.

 それらの一々を説明することは、この物語りの本筋と関係のないことですから、ここには省略しますけれども、兎も角、私は彼女の出現によって、やっと退屈から救われることが出来ました。

”Since explaining each of them has nothing to do with the main story of this narrative, I will omit it here.

やがて私は、覗き眼鏡の効果を一層強めるために、又もや夜中浴場に忍び込んで、高い通風用の、窓の隙間からのぞかせた、レンズの先に、もう一つ望遠鏡様のレンズ装置を施し、そこの姿見の中央の部分だけが、間近く映る様に作り変えました。

Eventually, in order to further enhance the effect of the peeping glasses, I sneaked into the bathhouse again at night and put another telescope-like lens device on the tip of the lens that was peeped through the window gap for high ventilation. Only the central part of the figure was recreated so that it would be reflected soon.

その結果、私の部屋の方二寸の鏡の中には、脱衣場の姿見に映る人影が、うまく行けば全身、時によっては身体の一部分だけ活動写真の大写しの様にうごめくのです。

As a result, in the two-inch mirror in my room, the figure reflected in the dressing room looks like a close-up of an activity photo.

 それがどんなに異様な感じであるか、そのたった二寸の鏡に映る人間の身体の一部分が、どんなに大きく思われるか、実際私と同様の遊戯をやって見た人でなければ、恐らく想像もつかないでしょう。

If you haven't actually played a game like me, you'll probably imagine how strange it feels, how big the part of the human body that appears in the two-dimensional mirror looks like Will not.

そこには、薄暗い水族館の、ガラス張りの水槽の表に、白々と、思いがけぬ魚の腹が現れる感じで、丁度あの感じで、突然ヌッと、人間の肌が現れるのです。

There is a feeling of an unexpected fish belly appearing on the front of the glass aquarium in the dim aquarium.

それが、どんなに、気味悪く、同時に蠱惑的なものであったでしょう。

How weird it was, but at the same time it was confusing.

…………私はそうして、毎日毎日、飽きもせず眺め暮したことであります。

………… I did it all day and every day without getting bored.

Seven

 そして、ある日のことでありました。

And it was one day.

 毎日欠かさず湯殿に来る娘が、どうしたことか、その日は夜になっても姿を見せないので、見たくもない他の人達の身体を、眺め暮している内に、いつしか夜が更けて、もう浴客も尽き、いつもの例によると、あとは、十二時頃に女中達の入浴するまで、一二時間の間、鏡の表に人影の現れることはないのです。

My daughter who always comes to the hot spring every day does not show up what happened that day at night, so while watching the other people's bodies I do not want to see, the night will soon go The bathers are already exhausted, and according to the usual example, no figure appears in the mirror for 12 hours until the maids bathe around 12 o'clock.

 私はもうあきらめて、最前から敷いてあった床の中にもぐり込みました。

I gave up and went into the floor where I had been laying.

すると、今まで気にもとめなかった、一間置いて向うの部屋の、馬鹿騒ぎが、うるさく耳について、とても眠ることが出来ません。

Then, I couldn't sleep very much about the noisy ears in the room that I hadn't thought about until now.

田舎芸妓のボロ三味線に、野卑な俗曲を、女の甲声と、男の胴間声とが合唱して、そこへ太鼓まで入っているのです。

In the folk shamisen of the folk art geisha, a vulgar folk song is sung by the instep of a woman and the torso of a man.

珍しく大一座と見えて廊下を走る女中の足も忙しそうに響いて来ます。

The leg of the maid who looks unusually a big troupe and runs in the hallway seems to be busy.

 寝られぬままに、私は又もや床を這い出して、鏡の所へ行きました。

Without going to sleep, I once again scooped the floor and went to the mirror.

そして、ひょっとして、あの娘の姿が見られはしないかと、そんなことを願いながら、ふと鏡の表を見ますと、いつの間に来たのか、そこには一人の女の後姿が映っているのです。

And then, when I looked at the front of the mirror suddenly in hopes of seeing that girl's figure, I saw the back of a woman in the time. is.

それが例の娘でないことは一目で分りましたが、しかし、その外の何人であるかは、少しも分りません。

I knew at a glance that it wasn't the daughter of an example, but I don't know how many outside of it.

そこには女のくびから下が、鏡の隅によって、ボンヤリと映っているに過ぎないのです。

The bottom of the woman's neck is just reflected in the corner of the mirror.

からだの肉つきから判断すると、どちらかといえば若い女の様に見えます。

Judging from the flesh of the body, it looks more like a young woman.