文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(210-249)/1770

今湯から上って、顔でもふいているらしい恰好です。

It looks like you're going up from Imayu and wiping your face.

 と、突然、女の背中で何かがキラリと光りました。

Suddenly something flashed on the back of the woman.

ハッとしてよく見ると、実に驚くべきものが、そこにうごめいているではありませんか。

If you look closely at it, what's really amazing is it moving there.

鏡の隅の方から、一本の男のらしい手が延びて、それが短刀を握っているのです。

A man-like hand extends from the corner of the mirror, holding a dagger.

女の丸々とした身体と、その手前に、距離の関係で非常に大きく見える、男の片腕とが鏡面一ぱいに充ちて、それが水族館の水槽の様に、黒ずんで見えるのです。

The woman's lumpy body and the man's one arm that looks very large in relation to the distance are filled with a mirror surface, and it looks dark like an aquarium tank.

一刹那、私は幻を見ているのではないかと疑いました。

Ichina, I suspected that I was seeing a vision.

事実私の神経は、それ程病的に興奮していたのですから。

In fact, my nerves were so pathologically excited.

 ところが、暫く見ていても、一向幻は消えないのです。

However, even if you look at it for a while, the one-way vision will not disappear.

それどころか、ギラギラと異様に光る短刀が、少しずつ少しずつ、女の方へ近づいて行くのです。

On the contrary, the sword that shines in an unusual manner gradually approaches the woman little by little.

男の手は、多分興奮のためにでしょう、気味悪く震えています。

The man's hand is trembling creepy, perhaps due to excitement.

女はそれを知らないのでしょう、じッと落ついて、やッぱり顔を拭いている様です。

The woman doesn't know that, she seems to have fallen and wiped her face.

 も早夢でも幻でもありません。

It is neither an early dream nor an illusion.

疑いもなく、今浴場で殺人罪が犯され様としているのです。

There is no doubt that murder is being committed at the bathhouse.

私は早くそれを止めなければなりません。

I have to stop it early.

しかし、鏡の中の影をどうすることが出来ましょう。

But what can you do with the shadow in the mirror?

早く、早く、早く、私の心臓は破れる様に鼓動します。

My heart beats quickly, quickly and quickly.

そして、何事かを叫ぼうとしますが、舌がこわばってしまって、声さえ出ないのです。

They try to scream something, but their tongues are stiff and they don't even speak out.

 ギラリ、一瞬間鏡の表が電の様に光ったかと思うと、真っ赤なものが、まるで鏡の表面を伝う様に、タラタラと流れました。

Girari, when I thought that the surface of the mirror was shining like an electric moment, the red thing flowed as if it had passed through the surface of the mirror.

 私は今でも、あの時の不思議な感じを忘れることが出来ません。

I still can't forget the mysterious feeling at that time.

一方の部屋では、景気づいた俗曲の合唱が、太鼓や手拍子足拍子で、部屋も破れよと響いています。

In one room, the chorus of the popular folk songs resonates with the drums and the clapping hands.

それと、私の目の前の、闇の中の、ほの白い鏡の表の出来事とが、何とまあ異様な対照をなしていたことでしょう。

It must have been a strange contrast to what happened in front of my eyes, in the darkness, in the face of a white mirror.

そこでは、白い女の体が、背中から真っ赤なドロドロしたものを流しながら、スーッとあるき去る様に鏡の表から消えました。

There, the white woman's body disappeared from the front of the mirror as if she ran away with a red muddy thing flowing from her back.

いうまでもなく、そこへ倒れたのでしょうけれど、鏡には音がないのです。

Needless to say, it fell down there, but there was no sound in the mirror.

あとに残った男の手と短刀とは、暫くじっとしていましたが、やがて、これも又、あとじさりをする様に、鏡から影を消してしまいました。

The man's hand and the short sword that remained after him were still standing for a while, but eventually, the shadow disappeared from the mirror as if it had been left behind.

その男の手の甲に、斜かけに、傷痕らしい黒い筋のあったのが、いつまでも、いつまでも、私の目に残っていました。

There was a black streak on the back of the man's hand, which was left in my eyes forever.

Eight

 暫くは、私は、鏡の中の血腥い影絵を現実の出来事と思わず、私の病的な錯覚か、それとも、覗きからくりの空事をでも見た様に、ボンヤリとそのまま寝ころんでいたことです。

For a while, I didn't think of the bloody shadows in the mirror as a real event, but I fell asleep as if I saw my pathological illusion or the peeping air.

しかし考えて見れば、いかに衰えた私の頭でも、まさかああまでハッキリと幻を見よう道理がありません。

But if you think about it, no matter how weak my head is, there is no reason to see the vision clearly.

これはきっと、人殺しではなくても、何かそれに似通った、恐しい事件が起ったものに相違ないのです。

This is certainly not a murder, but something similar to a terrible incident.

 私は耳をすまして、今にも下の廊下に、ただならぬ跫音や、騒がしい人声が、聞え初めはしないかと待ち構えました。

Listening to me, I listened to the corridor in the lower corridor to hear the roaring noise and the loud human voice.

その間、私は何の気もなく腕の時計を見ていたのですが、その針は丁度十時三十五分近くをさしていました。

In the meantime, I was casually looking at the watch on the arm, but the hand pointed to nearly 15:00.

 ところが、待っても待っても、何の変った物音も聞えては来ません。

However, no matter what you wait, you won't hear anything strange.

隣室の馬鹿騒ぎも、何故かふと鳴りをひそめていましたので、一刹那、家中がシーンと鎮まり返って、私の腕時計のチクタクばかりが、いやに大きく響くのでした。

The foolish noise in the adjacent room was also silently murmured for some reason, so the first moment, the whole house was subdued with the scene, and only my watch's tingling was reverberating.

私は幻を追いでもする様に、もう一度鏡の中を見つめました。

I stared in the mirror once again as if chasing a phantom.

無論そこには、脱衣場の冷い大姿見が、附近の壁や棚などを写して、白々と鈍い光を放っているばかりです。

Of course, there is a cold figure of the dressing room, which is just shining a dull light on the wall and shelves nearby.

あれほどの勢いで短刀をつき立てあれほどの血潮が流れたのですから、被害者は、死なぬまでも、必ず非常な重傷を負ったことでしょう。

Because of that momentum, the blood flowed so much that the victims were sure to be injured, even before they died.

鏡の像に声はなくとも、彼女は恐しい悲鳴を発したことでありましょう。

Even if there is no voice in the mirror image, she must have terrifiedly screamed.

私は甲斐なくも、堅い鏡の表から、その悲鳴の余韻をでも聞き出そうとする様に、じっとそこを見つめていました。

I was staring at it as if I was trying to find out the scream of the scream from a hard mirror.

 それにしても、宿の人達は、どうしてこうも鎮まり返っているのでしょう。

Even so, why are the inn people calming down?

もしかしたら、彼らはあの悲鳴を聞かなかったのかも知れません。

Maybe they didn't hear that scream.