文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(250-280)/1770

浴場の入口の厚いドアと、そこから女中達のいる料理場までの距離が、それを遮ったのかも知れません。

The thick door at the entrance of the bathhouse and the distance from it to the restaurant where the housemaids are located may have blocked it.

そうだとすると、この恐しい出来事を知っているものは、広い湖畔亭の中で、私ただ一人のはずです。

If so, I'm the only one who knows this horrible event in a large lakeside bower.

当然私は、この事を彼らに知らせなければなりません。

Of course I must inform them of this.

でも、何といって知らせればいいのでしょう。

But what should I tell you?

それには覗き眼鏡の秘密をあかす外はないのです。

There is no other way to reveal the secret of peeping glasses.

どうしてそんな恥かしいことが出来ましょう。

Why can you be so embarrassed?

恥かしいばかりではありません。

Not just embarrassed.

この常人では判断も出来ない様な、変てこな仕掛が、どうしたことで殺人事件と関聯して考えられないものでもありません。

This strange mechanism that cannot be judged by this ordinary person is not something that cannot be considered in connection with the murder case.

生来臆病で不決断な私には、とてもそんなことは出来ないのです。

I can't do that very much for me who is indecisive with natural mania.

 といって、このままじっとしている訳には行きません。

However, I ca n’t stay still.

私は殆ど五分間の間経験のない焦燥に攻められながら、もじもじしていましたが、やがてたまらなくなって、いきなり立上ると、どうするという当もなく、兎も角も部屋を出て、すぐそばの広い階段をかけおりるのでした。

I was struggling with frustration that I had almost no experience for 5 minutes, but soon I got tired and when I got up suddenly, there was no way I could do anything. I was hanging the wide stairs.

階段の下は廊下がT字形になっていて、一方は湯殿の方へ、一方は玄関の方へ、そして、もう一つは奥の座敷へと続いていましたが、今私が大急ぎで階段をおりたのと、殆ど出あい頭に、奥の座敷へ通じる廊下から、ヒョッコリと人の姿が現れました。

Under the stairs, the corridor has a T-shape, one leading towards the hot spring, one toward the entrance, and the other leading to the back room, but now I am in a hurry Almost in front of me, there was a leopard and a person in the hallway leading to the back room.

 見るとそれは相当の実業家らしい洋服姿で、落ちついた色合の、豊かな春外套を波うたせ、開いた胸からは、太い金鎖がチラついていました。

As you can see, it was like a business-minded garment, with a subdued shade and rich spring coat, and a thick gold chain flickering from the open chest.

そして右手には重そうな大一番のトランク、左手には金の握り太のステッキです。

And the right hand is the biggest trunk that seems to be heavy, and the left hand is a gold gripper walking stick.

しかし夜の十一時近い時分、宿を立つらしいその様子といい、重いトランクを自身手にさげているのも、考えて見れば妙ですが、それよりも一層おかしいのは、出あい頭で、私の方でも少からずびッくりしましたけれど、先方の驚き方といったらないのです。

However, it seems that the hotel seems to be standing at about ten o'clock in the evening, and it is strange to think that it is holding a heavy trunk in your hand, but it is stranger than that. And even though I was a little shy, I wasn't surprised.

彼はハッとした様に、いきなり後へ引返そうとしましたが、やっと思い返して、いかにも不自然なすまし方で、私の前を通り抜け、玄関の方へいそぐのです。

He suddenly tried to return to the back, but at last he thought back and walked in front of me in front of the front door in an unnatural manner.

そして、その後からもう一人、彼の従者とも見える、少し風采の劣った男が、これもやっぱり洋服姿で、手には同じ様なトランクをさげてついて行きました。

After that, a man who looked a little inferior, and could be seen as his servant, was also dressed in clothes, with a similar trunk in his hand.

 私が世にも内気者であることは、これまでも屡々申述べた通りです。

As I have often said that I am a shy person in the world.

従って、宿屋にいても、滅多に部屋の外へ出ることはなく、同宿者達のことも、まるで無智でありました。

Therefore, even in the inn, they rarely went out of the room, and the inhabitants were completely ignorant.

例の華美な都会の少女と、もう一人の青年(彼がどんなに驚嘆すべき男であるかは、お話が進むに従って読者に明かになるでしょう)の外には、私は殆ど無関心だったのです。

Outside of the gorgeous urban girl and another young man (who will be revealed to the reader as the story goes on) he was almost indifferent is.

無論覗き眼鏡を通して、すべての泊り客を、見てはいたはずですけれど、どの人がどの部屋にいてどんな顔つき、風体をしているのやら、とんと記憶してはいませんでした。

Of course, I should have seen all the guests through my peeping glasses, but I didn't really remember who was in any room, what kind of face and appearance.

で、今出あい頭に私を驚かせた紳士とても、一度は見た様にも思うのですけれど別段深い印象もなく、従って彼の変てこな挙動にも、大して興味を感じなかったのです。

And the gentleman who surprised me right now, I think that I saw it once, but there was no deep impression, so I was not interested in his strange behavior.

 その時の私には、時ならぬ出立客など怪しんでいる余裕はなく、ただもうワクワクとして、その廊下をどちらへ行っていいのかさえ、分らない始末でした。

At that time, I couldn't afford to be suspicious of unforeseen visitors, and I was just excited and I didn't even know where to go to that corridor.

が、いくら勇気をふるい起して見ても、あの出来事を宿の人に告げる気にはなれません。

However, no matter how much courage you see, you can't feel like telling that event to the inn.

覗き眼鏡のことがあるものですから、まるで自分自身がとが人ででもある様に、うしろめたい気持なのです。

Because there is something for peeping glasses, I feel like I want to lie down as if I was a person.

Nine

 しかし、そうしていても際限がないので、私は兎も角、浴場を検べて見ることに心をきめました。

However, since there was no limit, I decided to check the corner and see the bathhouse.

 薄暗い廊下をたどって、そこへ行って見ますと、入口の厚い西洋扉はピッシャリととじられてありました。

ど Following the dim corridor and seeing there, the thick western door at the entrance was pinched.

気の弱い私には、それをあけるのが、どんなに薄気味悪かったことでしょう。

To me who is weak, how spooky it was to open it.

でも大分時間もたっていることですし、やっと元気を出して、一|分二分と、少しずつ少しずつ扉を開き、そこに目を当てて覗いて見ましたところ、私は何をまあビクビクしていたのでしょう。

However, it's a lot of time, and finally I'm doing well, and I opened the door little by little, one minute and two minutes. Would have been.

当然、そこにはもう、曲者などいなかったばかりか、もしやと思っていた女の死骸さえ、ないのです。

Of course, there was no longer a composer, and there was not even a dead woman.