文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(281-320)/1770

ガランとした脱衣場は、白々とした電燈に照し出されて、墓場の様に静なのです。

Garan's dressing room is shone like a graveyard, lit by a white light.

 やっと安心した私は、すっかりドアを開けて脱衣場に入りました。

I was finally relieved and opened the door completely and entered the dressing room.

あれほどの刃傷沙汰があったのですから、そこの床には夥しい血潮が流れていなければなりません。

There was so much blade damage, so there must be a sigh of blood on the floor.

ところが、見ると、綺麗に艶の出た板張りの床には、それらしい跡もないではありませんか。

However, when you look at it, there is no such trace on the beautifully glossy board floor.

ではもう、浴場との境の擦ガラスの戸を開けて見るまでもありません。

Now, there is no need to open the glass door at the border with the bath.

 あっけに取られた私は、ただボンヤリとそこに立尽くしていました。

I was taken away and I was just standing there.

まるできつねにでもつままれた様な話しなのです。

It ’s a story that ’s always tangled.

「アア、俺の頭はいよいよどうかしてしまったのだ。

“Ah, my head is finally gone.

あんな気味悪いまぼろしを見て、しかもそれを真実の事かなんぞの様に騒ぎ廻るなんて。

To see such a spooky fantasy and make a noise around the truth.

なぜ変な覗き眼鏡なんか作ったのだろう。

I wonder why I made some strange looking glasses.

もしかすると、あれを考案した時から、もう俺は気違いだったのかも知れない」

Maybe I was already mad since I devised it. ''

 さっきのとは違った、もっと根本的な恐れが、私を戦慄させました。

The more fundamental fears that were different from the previous one struck me.

私は夢中で自分の部屋へ帰ると、敷いてあった床の中へもぐり込んで、これらの事が一切夢であってくれればいいと、それを祈りながら目をとじました。

When I went back to my room crazy, I slipped into the floor where I was laying, and I hoped that all of these things would be dreams, and prayed for it.

 一時やんでいた近くの部屋の馬鹿騒ぎが、私の愚かさをあざ笑う様に、又してもドンチャンドンチャンとやかましく響いて来ます。

馬 The foolishness of the nearby room that had been temporarily stopped reverberates like a laugh at my stupidity.

蒲団を被ってもどうしても、その響きがうるさく耳について、寐られたものではないのです。

Even if you wear a band, it is not something that has been beaten about the ears whose sounds are loud.

 すると、いつの間にか又、私は先ほどの幻について考えふけっていました。

Then, I was thinking about the vision just before.

あれが幻であったと極めてしまうのは、とりも直さず、私の頭が狂っていることを承認する様なもので、余りに恐しいことです。

It would be extremely frightening that it would be extremely terrible if it was an illusion, as it wouldn't be fixed, but would approve that my head was crazy.

それに、段々冷静に考えれば考えるほど、私の頭が、或は眼が、それほど狂っていようとは思われません。

And the more you think calmly, the less my head or eyes look crazy.

「ひょっとしたら誰かのいたずらではないかしら」愚にも、私はそんなことまで想像して見るのでした。

“Maybe it ’s someone ’s mischief.” Stupidly, I imagined that.

 しかしあの様な馬鹿馬鹿しいいたずらを、誰が何の為にやるのでしょう。

But who will do such a stupid prank like that?

私を驚かすためにか、そんな懇意な知り合は、この湖畔亭にはいないのです。

There is no such acquaintance to surprise me.

のみならず、私の覗き眼鏡の秘密をすら、まだ何人もさとり得ないではありませんか。

Not only the secret of my peeping glasses, but many people still can't afford it.

あの短刀、あの血潮、あれがどうしていたずらなどでありましょう。

That dagger, that blood, what a mischief.

 では、やっぱりまぼろしなのか。

So, is it still a ghost?

しかし私には、何となくそうも思われないのです。

But I don't think so.

脱衣場に血潮が流れていなかったのは、丁度被害者の足の下に着物か何かがあって、それにしたたったのだとも、又は床に流れる程多量の出血がなかったのだとも、考えられぬことはありません。

There was no blood flowing in the dressing room, just because there was a kimono or something under the victim's feet and it was just that, or there wasn't enough bleeding to flow to the floor, There is nothing to think about.

でもそれにしては、切られた人が、あの深手で、どこへ立去ることが出来たのでしょう。

But for that, where did the person who was cut go away with that profoundness?

叫声は、それは二階の騒ぎに消されて、宿の人も気づかなかったかも知れませんが、あの手負いが誰にも見つからずに、ここを出られよう道理はないのです。

The screams may have been erased by the uprising on the second floor and the inn may not have noticed, but there is no reason to leave here without anyone finding that trick.

第一彼女は、すぐにも医者の必要があったのです。

First she immediately needed a doctor.

 そんなことを、とつおいつ考え続けて、その夜はついにまんじりともしませんでした。

】 I kept thinking about that, and finally I didn't get into that night.

ナニ、宿の者に告げさえすれば気がすむのですけれど、覗き眼鏡の弱味があるものですから、それもならず、つまらぬ苦労をしたことです。

Nani, all you have to do is tell the person at the inn, but you have the weakness of peeping glasses.

Ten

 翌朝、夜があけて、階下が騒がしくなると、私はやっと少しばかり元気づいて、顔でも洗ったら気が変るかも知れないと、タオルを持って階段を下り、洗面所へ行きました。

The next morning, when the night went down and the downstairs became noisy, I finally felt a little better, and if I could wash my face, I would go down the stairs with a towel and go to the bathroom.

それが丁度例の浴場の側にあるので、もう一度朝の光で脱衣場を検べて見ましたが、やっぱり何の変ったこともありません。

It was just on the side of the bathhouse, so I looked at the dressing room again in the morning light, but nothing has changed.

 洗面を済せて部屋に帰ると、私は湖水に面した障子をあけて、腹一ぱいに朝の空気を吸い込みました。

After finishing the wash and returning to the room, I opened the shoji that faced the lake and inhaled the morning air.

何という晴々とした景色でしょう。

What a beautiful scenery.

見渡す限りの湖面には、縮緬の様な小波が立って、山の端を上った日光が、チカチカと白く反射しています。

On the surface of the lake as far as you can see, there is a small wave like a shrimp, and the sunlight rising up the edge of the mountain is reflected in white.

背景には、日蔭の山肌が、壮大な陰影をたたんで、その黒と、湖面の銀と、そして山と湖との境に流れる、一抹の朝霞。

In the background, the mountain surface of the sun shines in a spectacular shade, and the black morning glory, the silver of the lake surface, and the morning glory that flows on the boundary between the mountain and the lake.

長い滞在の間にも、朝寝坊の私は、珍しくそんな景色を見たのでした。

Even during a long stay, I was oversleeping in the morning and saw an unusual scene.

その景色に比べては、私の夜来の恐怖が何とむさくろしく見えたことでありましょう。

Compared to the scenery, it seems that my horror of the night seemed to be awkward.