文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

湖畔亭事件:江戸川 乱歩(321-362)/1770

「お早いのでございますね」

"It's early"

 うしろに、冷かす様な女の声がして、そこへ朝のお膳が運ばれました。

In the back, a chilling woman's voice was heard, and the morning rice cake was carried there.

一向食慾などありませんでしたが、兎も角私はお膳につきました。

There was no one-way restaurant, but I got a bowl.

そして、箸を取りながら、ふと、もう一度昨夜のことを確めて見る気になったのです。

Then, while taking chopsticks, I suddenly decided to see what happened last night.

朝のはれやかな空気が、私の口をいくらか快活にしました。

The bright air in the morning made my mouth somewhat cheerful.

「君は知らなかったかい。

"Did you not know?

昨夜湯殿の方で、変な叫声がした様に思ったが、何かあったのじゃないかい」

I thought there was a strange scream at Yudono last night.

 私はさも剽軽な調子で、こんな風に初めました。

I started off like this with a light tone.

そして様々に問い試みたのですが、女中は何事も知らないのです。

And I tried various questions, but the maid doesn't know anything.

客の内には無論|怪我人などなく、附近の村人にも、そんな噂を聞かないというのです。

Of course, there is no injured person, and the villagers in the vicinity do not hear such rumors.

あの手負いが、今まで人に気づかれぬはずはありませんから、その噂が耳ざとい女中達に伝っていないとすると、昨夜の事は、いよいよ一場の悪夢に過ぎなかったのかも知れません。

That trick can't be noticed by people until now, so if the rumors haven't been transmitted to the harsh maids, last night may have been just a nightmare. .

私は更に自分自身の神経を心配しなければなりませんでした。

I also had to worry about my own nerves.

 それから暫くして今更寝る訳にも行かず、部屋に坐ったままうつうつと物思いに耽っていた私の前に、一人の訪問者が現れました。

After a while, I didn't go to bed now, and a visitor appeared in front of me who was sitting in the room and was depressed.

それは先程一寸記した、面識の青年で、やはり同じ宿に泊っている河野という男でしたが、これがこの物語の主人公ともいうべき人物なのですから、ここに少しく彼のことを説明して置かねばなりません。

It was an acquaintance youth who I mentioned a little bit earlier, and it was a man named Kono who stayed in the same inn. not.

 私は彼とは、浴場の中だとか、湖の畔だとかで、二三度あったのに過ぎませんが、彼も又私の様に、どちらかといえば憂鬱な方らしく、いつの時もボンヤリと一つ所を見つめているのを見かけました。

I had only a couple of times with him in the bathhouse or on the shore of the lake, but he also seems like a melancholy person like me. I saw him staring at one place.

ふとしたことから話し合って見たのですが、お互の性格にはどっか似通った所がありました。

I talked about it suddenly, but there was something similar in each other's personality.

人に混ってお喋りするよりは、一人で物思いに沈んでいる、或いは書物などを読み耽っている。

Rather than chatting with people, they are alone in thoughts or read books.

私は彼のそんな所に、何となく好意を感じました。

I felt somehow good at him.

しかし、彼は私の様ないわばニヒリストではなく、人間相互の関係について、何かの理想を抱いている様に見えました。

However, he seemed to have some ideal of human relations, not a so-called nihilist like me.

そしてそれは決してひとりよがりなユートピアを夢みているのではなくて、もっと着実な、(従って社会的には危険な)実行的なものの様に思われました。

And it never seemed a dreamy utopia, but seemed more steady (and therefore socially dangerous) actionable.

兎も角変り者に相違ないのです。

Samurai is no doubt a horny person.

 彼は又、職業や物質の方面でも、私とは大分違っていました。

He was also very different from me in terms of occupation and material.

彼の専門は洋画家で、風采などから考えても決して富裕な階級に属する人ではなく、彼の口ぶりでは、画を売ながら、こうして旅行をしているらしい様子です。

His specialty is a Western painter, and he is not a member of the rich class even from the perspective of the style, but his mouth seems to be traveling in this way while selling paintings.

宿の部屋なども、彼のは廊下の隅っこの一番不便な場所があてがわれてありました。

The room of the inn was also assigned to the most inconvenient place in the corner of the corridor.

何が引つけるのか、彼はこれまで屡々このH山中へやって来たらしく、その辺の事情にはよく通じていました。

What has attracted him, he has often come to H Yamanaka, and was familiar with the circumstances.

今度も麓のY町に暫くいて、私の少し前に湖畔亭に来たということでした。

This time, I was in Y town in Sakai for a while and came to Kohantei a little while ago.

そうして旅をしながら、彼は諸国の人情風俗を調べている様子で、様々の珍しい事柄を知っていました。

While traveling, he knew various unusual things as he looked at the humanities and customs of each country.

旅の暇には、彼は提えている書物に読み耽るらしく、手垢で黒くなった四五冊のむずかしい書物が、いつも彼の座右にあるのでした。

In his free time, he seemed to read the book he was offering, and there were always 45 difficult books blackened in his hand.

 いや、これでは少しお話が堅くなり過ぎた様です。

No, this seems to have made the story a little harder.

河野の紹介はこれ位に止めて、さて彼がその朝私の部屋を訪ねた所へ立ち帰ることに致しましょう。

Kono's introduction will stop here and let's go back to where he visited my room that morning.

 彼は私の部屋へ入って来ると、私の顔をジロジロ眺めて、

When he entered my room, he looked at my face

「どうかしましたか、大変顔色が悪い様ですが」

“What did you do? It looks very bad.”

 と聞くのです。

Ask.

「昨夜眠れなかったものですから」

"I couldn't sleep last night"

 私は去りげなく答えました。

I replied forever.

「不眠症ですか、いけませんね」

"Do you have insomnia?"

 そして、私達は暫く、いつもの様な議論とも、世間話ともつかぬものを取交すのでした。

And, for a while, we exchanged things that we couldn't use as usual discussions and public talks.

が、やがて、私はそんな暢気な会話に耐え切れなくなりました。

Eventually, however, I couldn't stand such a shy conversation.

ともすれば、昨夜の事で頭が一ぱいになって、河野の物しり顔な議論など一向耳に這入らぬのです。

At the end of the day, my head was full last night, and Kono's frightening discussions weren't going to be heard.

そうしていらいらしている内に、私はふと「この男に話して彼の判断を聞いて見たら」と考えました。

In the midst of that, I suddenly thought, “Speak to this guy and listen to his judgment.”

彼なれば相当私を理解もしていて呉るのですから、何となく話し易い気がするのです。

He understands me a lot, so he feels easy to talk to.

そこで、私は昨夜の一伍一什を、すっかり彼に打開けてしまいました。

So, I completely opened up the glimpses of the night before.